Liss Winnel 、Diana Miniで撮る

最新のLomoAmigo!: Liss Winnel は熱心なブロガー、アーティストで、全てがすてき!女の子なら、誰もが大好き!かもしれないウェブサイト、「Daydream Lily」を運営しています。

名前: Liss Winnel
ロモホーム: daydreamlily
リンク: http://www.daydreamlily.com/
Twitter: http://twitter.com/DaydreamLily
都市: Melbourne
国: Australia
カメラ: Diana Mini

あなたについてほんの少し聞かせて下さい。あなたの興味のあることはどんなことですか?

私は、Daydream Lilyというブログを運営しています。そこは、私にインスピレーションを与える、全ての写真、アート、デザインをシェアする場所です。
私は斬新で奇抜なことで頭がいっぱいです。カメラを集めることや、見るだけでさえも好きです。それから、2匹の犬と、1匹の猫を飼っています。あとは、映画より本が好きです。

どのくらいの間ロモグラファーですか? (それとも、これが初めてですか?)
ほとんど初めてです。ずっと前からロモグラフィーは知っていて、皆さんの写真を見て楽しんでいましたが、Diana Miniは、私の持った初めてのロモグラフィーカメラです。今6本目のフィルムを撮っています。

では、あなたはロモグラファーの新入り! Diana Miniはどうですか?前より写真を撮るようになりましたか?
すごく気に入っています!冗談ではなく、Diana Miniと私は、恋愛関係のようです。まだ若いころから、一眼レフの写真に夢中でした。しばらくの間、デジタルの方にいっていましたが、一番のお気に入りはいつもアナログ写真でした。こんなに小さなDiana Miniだから、どこにでも首から下げていつでも写真を撮れるようにしています。写真を撮る前にあまり考えません。ただただ撮ってロモのマジックのままにしています。

インド!すばらしい旅行のようですね。一番興味深かったことや、クレイジーだったこと、楽しかったことはありますか?撮影していて、印象的な出来事や、驚いてしまったロモグラフィー的な思い出の瞬間はありましたか?
インドの全てがクレイジーでした!!! 匂い、風景、人々、どこでも。一瞬の休む間もない位です。今はもっと写真を撮っておけばよかったと思います。ビーチの真ん中でただボーっとしている牛を見たことは、本当に面白かったです。こんなのインドだけですよね!

このページでご紹介頂いている写真の中からべストな一枚を選ぶとしたら、どれですか?理由も教えて下さい。
1つだけを選ぶのは難しいですね。でも、ビーチのパラシュートの写真にします。この写真に現れたビネットが気に入っています。

Diana Miniを5つの言葉で表現すると?
petite, tiny, adorable analogue fun 

もし、今回紹介しているお写真に音楽をつけるとしたら誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。

  • Sweet Disposition – The Temper Trap
  • Lost in Time – Whitley
  • Gobbledigook – Sigur Rós

あなたのあなたとあなたのDiana Mini(または他のカメラ?)の次のステップは何ですか?近いうちに旅行や他の何かのような計画はありますか?
そうですね、メルボルンの周りを旅行する予定があります。次の海外旅行にDiana Miniを連れて行きたいです。

未来のDiana Miniユーザーにアドバイスを!
実験すること。色んな設定や、偶然おこったことを見て。おしりの位置から撮ったり、多重露光も試してみて。たくさんの楽しみがあります!

2010-09-30 #people #lomoamigo #interview #liss-winnel #lomo-amigos #diana-mini #daydreamlily cruzron の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tutorials ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • International Women's Day Special: LomoAmigosに登場した女性アーティストの作品

    2016-03-08 #ニュース #people ciscoswank の記事
    International Women's Day Special: LomoAmigosに登場した女性アーティストの作品

    本日、3月8日は国際女性デー。国連は1975年の3月8日以来この日を「国際婦人デー」と定め、「女性の十全かつ平等な社会参加」の環境整備を加盟国に対し呼びかけています。本日は、その国際女性デーにちなんでLomoAmigosに登場した女性アーティストの作品を振り返ってみましょう!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • LomoAmigos: 中村達也、LC-A 120で撮る。

    2015-11-30 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 中村達也、LC-A 120で撮る。

    伝説のロックバンド・Blankey Jet Cityのドラマーとして名を馳せた中村達也さん。斎藤和義とのMANISH BOYS、仲井戸麗市とのthe day、チバユウスケ、イマイアキノブとのThe Golden Wet Fingersなど様々なバンドで活動しながら、1999年からは俳優としても活躍しています。そんなロック番長・中村さんにLC-A 120をお渡しし、今年のGAMA ROCK FESTIVALの様子を撮影していただきました!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

  • LomoAmigo: Selver Yıldırım

    2016-01-14 #people sedaakay の記事
    LomoAmigo: Selver Yıldırım

    Selver Yildirimはトルコ・イスタンブールのアート学生。友人と共同設立したブランドのデザイナーとして活動しています。日常性の中にユニークなアプローチをとりいれたデザイン、絵を生み出します。そんな彼女にLa Sardina DIYカメラをお渡しし、彼女らしさ満点のカメラをデザインしてもらいました。出来上がった作品はカラフルなイラストで埋め尽くされた、彼女の美学がつめこまれた一品に!

  • 『Daydreaming』あの Radioheadがミュージックビデオを35mmフィルムで撮影!

    2016-05-31 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『Daydreaming』あの Radioheadがミュージックビデオを35mmフィルムで撮影!

    Radioheadがフィルムの懐古主義者に?!新しいミュージックビデオ『Daydreaming』は、なんと35mmフィルムで撮影されたものです!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。