Liss Winnel 、Diana Miniで撮る

2010-09-30

最新のLomoAmigo!: Liss Winnel は熱心なブロガー、アーティストで、全てがすてき!女の子なら、誰もが大好き!かもしれないウェブサイト、「Daydream Lily」を運営しています。

名前: Liss Winnel
ロモホーム: daydreamlily
リンク: http://www.daydreamlily.com/
Twitter: http://twitter.com/DaydreamLily
都市: Melbourne
国: Australia
カメラ: Diana Mini

あなたについてほんの少し聞かせて下さい。あなたの興味のあることはどんなことですか?

私は、Daydream Lilyというブログを運営しています。そこは、私にインスピレーションを与える、全ての写真、アート、デザインをシェアする場所です。
私は斬新で奇抜なことで頭がいっぱいです。カメラを集めることや、見るだけでさえも好きです。それから、2匹の犬と、1匹の猫を飼っています。あとは、映画より本が好きです。

どのくらいの間ロモグラファーですか? (それとも、これが初めてですか?)
ほとんど初めてです。ずっと前からロモグラフィーは知っていて、皆さんの写真を見て楽しんでいましたが、Diana Miniは、私の持った初めてのロモグラフィーカメラです。今6本目のフィルムを撮っています。

では、あなたはロモグラファーの新入り! Diana Miniはどうですか?前より写真を撮るようになりましたか?
すごく気に入っています!冗談ではなく、Diana Miniと私は、恋愛関係のようです。まだ若いころから、一眼レフの写真に夢中でした。しばらくの間、デジタルの方にいっていましたが、一番のお気に入りはいつもアナログ写真でした。こんなに小さなDiana Miniだから、どこにでも首から下げていつでも写真を撮れるようにしています。写真を撮る前にあまり考えません。ただただ撮ってロモのマジックのままにしています。

インド!すばらしい旅行のようですね。一番興味深かったことや、クレイジーだったこと、楽しかったことはありますか?撮影していて、印象的な出来事や、驚いてしまったロモグラフィー的な思い出の瞬間はありましたか?
インドの全てがクレイジーでした!!! 匂い、風景、人々、どこでも。一瞬の休む間もない位です。今はもっと写真を撮っておけばよかったと思います。ビーチの真ん中でただボーっとしている牛を見たことは、本当に面白かったです。こんなのインドだけですよね!

このページでご紹介頂いている写真の中からべストな一枚を選ぶとしたら、どれですか?理由も教えて下さい。
1つだけを選ぶのは難しいですね。でも、ビーチのパラシュートの写真にします。この写真に現れたビネットが気に入っています。

Diana Miniを5つの言葉で表現すると?
petite, tiny, adorable analogue fun 

もし、今回紹介しているお写真に音楽をつけるとしたら誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。

  • Sweet Disposition – The Temper Trap
  • Lost in Time – Whitley
  • Gobbledigook – Sigur Rós

あなたのあなたとあなたのDiana Mini(または他のカメラ?)の次のステップは何ですか?近いうちに旅行や他の何かのような計画はありますか?
そうですね、メルボルンの周りを旅行する予定があります。次の海外旅行にDiana Miniを連れて行きたいです。

未来のDiana Miniユーザーにアドバイスを!
実験すること。色んな設定や、偶然おこったことを見て。おしりの位置から撮ったり、多重露光も試してみて。たくさんの楽しみがあります!

2010-09-30 #people #interview #lomo-amigos #diana-mini #lomoamigo #daydreamlily #liss-winnel cruzron の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    2016-11-15 trifivy の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide : まつゆう*

    独自の“可愛いカルチャー” をウェブで発信し、世界でも注目される東京のブロガー・まつゆう*。今回はまつゆう*さんにLomographyのLC-Wideを使って撮影していただきました。沖縄県竹富島での素敵なバカンスの様子と一緒に、何台もフィルムカメラを所有する彼女の写真との出会い、フィルムカメラへの愛情についてのインタビューをお楽しみください!

    2016-11-15
  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    2016-07-20 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    花を撮るフォトグラファー、北村佑介さん。「全ての写真を大切な誰かに送るラブレターとして、何時間も何時間もかけて丁寧に作り上げています。」とHPにあるように、北村さんが写す花はどれも優しく、しかし力強くまっすぐ咲いている花ばかり。写真を見ると安らぎと共に心に迫るものがあります。さて、この度はひょんなところから繋がった北村さんに、現在プレオーダー中のDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って頂きました。もちろん写されたのは「花」です。

    2016-07-20
  • LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

    2017-01-14 #gear #people morlice の記事
    LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

    とびきりキュートな歌声と楽しいウクレレのメロディー、そしてフレンドリーでピュアなキャラクターで私たちを魅了するNilipek.。今回は彼女にLa Sardina DIYを渡して、LomoAmigoとしてオリジナルのLaSardinaと実際にこのカメラを使って撮影した写真を紹介していただきました!

    2017-01-14
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    2016-08-13 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    Petzval85で撮影されたBonnarooフェスティバルもぐるぐるとパワフルでしたが、LC-Wideで撮られたフィルム写真はまた別の味があります。粒子一つ一つから音が聴こえてきそうな、なめらかで人のぬくもり感じる写真をお楽しみください。

    2016-08-13
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    【4月中旬発送予定の特典付きプレオーダー受付開始】ロモグラフィー初 ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellan が新登場!今ならプレオーダー特典として追加のカラーフィルターとカメラストラップをプレゼント!

  • [レビュー] 和紙の「Film Washi W」使ってみました!+重大ニュース

    2016-12-17 lomographyplus の記事
    [レビュー] 和紙の「Film Washi W」使ってみました!+重大ニュース

    あの話題のFilm Washiを直営店スタッフが使ってみました!全てが驚きのFilm Washi!おっかなびっくり使ってみましたのでどうぞご覧ください!2016年12月現在の商品取扱い情報も詳しく掲載しているので、気になる方は要チェックです!

    2016-12-17
  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Haruka Yamamoto

    2016-08-09 #gear #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Haruka Yamamoto

    フォトグラファーの山本春花さんはフィルムカメラで女性ポートレートを中心に撮影されており、毎月更新されるブログではポートレートシリーズ「乙女グラフィー」を発表されています。今回は前回に引き続き、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影して頂きましたが、使用する絞りプレートを変えて撮って頂きました。その絞りプレートは発売予定の「ハート型、星型、雪の結晶型、ダイヤ型」の4種類のスペシャル絞りプレート。東京の街中で撮影されたシルキーな写真の中でふわりと輝く雪の結晶やハートは、夢か現実か分からなくなるような儚さと美しさを兼ね備えています。

    2016-08-09
  • 『Daydreaming』あの Radioheadがミュージックビデオを35mmフィルムで撮影!

    2016-05-31 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『Daydreaming』あの Radioheadがミュージックビデオを35mmフィルムで撮影!

    Radioheadがフィルムの懐古主義者に?!新しいミュージックビデオ『Daydreaming』は、なんと35mmフィルムで撮影されたものです!

    2016-05-31
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Bonnaroo Music and Arts Festival × Petzval 85 Art Lens by Erina Uemura

    2016-08-06 #ビデオ ciaoannacotta の記事
    Bonnaroo Music and Arts Festival × Petzval 85 Art Lens by Erina Uemura

    ミュージックフォトグラファーの植村英里奈さんが前回のHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影に続き、今度はアメリカで開催されたフェスの様子をPetzval85で撮影されました!今年も各国のフェスに参加される彼女の第一弾をご覧ください!

    2016-08-06
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    2016-09-16 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「いつでもかわいい」

    2016-09-16
  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

    2016-05-02