LOMO LC-A+で多重露光をする方法

何人かの人にとっては、多重露光という機能がまだなぞなままかもしれません。
どうやって、このテクニックを使うかをお話します!

LOMO LC-A+ で多重する際に、混乱しないために、私のやり方を教えましょう。

  • LC-A+のフィルム感度設定ダイアルを400に合わせます。小さなダイアルを回して小窓に400の文字が見えるようにして下さい。
  • LC-A+にはISO感度100のフィルムを装填して下さい。フィルムの外箱を見るとISO感度が書いてあります。フィルムにはそれぞれ違ったフィルム感度があります。私は多重撮影する時、リバーサルフィルムを使うのが好きですが、あなたの好みのフィルムを使って下さい。手に入るフィルムを使って実験してみましょう。
  • 明るい場所で撮影するのが多重撮影でコントラストを出すコツです。
  • 私は、普段、まず撮影距離を0.8メートルの近距離に合わせてレイヤー部分から撮り始めます。落書きや壁面の質感などイイ感じになります。看板や標識など基本的には0.8mの近距離で見てカッコいいモノなら何でも大丈夫。(そういえば、0.8mって平均的な人間の腕の長さとだいたい同じぐらいなんですよ。)ピッタリにする必要はありませんよ!定規なんか使わないでね。メチャクチャ怪しい人に見えちゃいますから。
  • さて、多重撮影を始める前に一つ決めなくてはいけません。どちらにするか考えて下さいね。多重撮影には2つの方法があります。(1)近距離でレイヤー部分だけをとり終えた後、LC-A+の中のフィルムを最初まで巻き上げて2番目のレイヤーを撮影する方法。あるいは(2)LC-A+のMXレバーを使い、1コマ撮ったらその上に2番目のレイヤーを重ねて撮って行く方法です。私自身は巻き上げたフィルムの上から2番目のレイヤーを撮影する方が好みですが。
  • 気づいたのですが、2番目のレイヤーを撮影する際、0.8mよりも遠くを撮ると多重撮影に違った見え方が加わります。それに奥行き感も出るんです。ですから色々とずっと遠くまで撮ったりして実験してください。

人によって私とは全然違う方法で撮る人もいます。ですから他のやり方ではダメという訳ではないんです。いつも実験して試してみて下さい。あなたにピッタリのやり方が見つかればどんな方法だって一番なんですから!

あなたの多重撮影はどんな方法でやりましたか?違うカメラを2台使った?それとも誰かとフィルムを交換した?どうやったのか、ぜひ教えてください!
どんな方法でもあなたが知っていることなら何でも今すぐ! ここに 投稿して教えてくださいね!

2010-08-13 #gear #tutorials #lc-a #scootiepye # #doubles-technique #lc-a # # #mx #splitzer # # #tipster scootiepye の記事
翻訳 tukuchan

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    2015-09-01 #people ciscoswank の記事
    WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    9/19 (土) より、世界的に活躍する日本のロモグラファー gocchinさん、写真家として活躍しているRainy Wongさんの2名による二人展「WONDER X WONDER」が開催されます。Splitzerや多重露光を駆使し幻想的な世界を生み出すgocchinさんと、艶やかで時に毒々しい作風が魅力的なRainy Wongさん。お二人の写真世界を存分にお楽しみいただける展示となっておりますので、中目黒散策も兼ねて是非行ってみてください。

    1
  • 【レポート】hodachrome × Photolabo hibi 多重露光ワークショップ

    2015-12-28 #ニュース hodachrome の記事
    【レポート】hodachrome × Photolabo hibi 多重露光ワークショップ

    11月15日に、京都市で多重露光をテーマにしたワークショップを開催しました。コンパクトフィルムカメラを使って気軽に多重露光を楽しんでもらおうというものだったのですが、そのワークショップの様子をまとめましたので報告させていただきます♪

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • ロモロケーション: フランスの豪華絢爛な城

    2016-03-08 #places lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: フランスの豪華絢爛な城

    城は王族や貴族などの強力な支配者の家として用いられました。フランスの城の多くは、血なまぐさい歴史とドラマを有しており、それが城というものをより一層興味深いものにします。自由、平等、友愛のもとに革命を迎え、強力な君主制は倒された現在、城は観光名所として旅行者の目を楽しませる役割を果たしています。そんな城をフランスのロモグラファーや旅行好きのロモグラファーがたくさん撮影しています。美しく荘厳な城の写真を、どうぞご覧ください。

  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【レポート】hodachrome 春の多重露光ワークショップ in名古屋

    2016-05-03 #ニュース #tutorials #people hodachrome の記事
    【レポート】hodachrome 春の多重露光ワークショップ in名古屋

    4月9日(土)に、名古屋市で多重露光をテーマにしたワークショップを開催しました。主にLC-A+を使って、春の爽やかな気候のもと多重露光を楽しんでもらったのですが、そのワークショップの様子をレポート記事にまとめましたのでご覧ください♪

  • Lomography Diana F+で撮影されたカラー・ポートレイト

    2015-07-18 #gear K. Aquino の記事
    Lomography Diana F+で撮影されたカラー・ポートレイト

    Diana F+には野生の子のようなところがあり、多重露光や並外れた色合いから、不思議なルックスを生み出します。しかし、正しい120フィルムを入れれば、抑制された色合いのメロウな雰囲気を写し出す側面を見せてくれます。

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #ニュース #gear ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。