オーストラリアチームGo!  Photokina 2010のロモウォール写真大募集

オーストラリアはどんな所が特別でしょう?息をのむようなサーフスポーツですか?豊富な熱帯雨林ですか?リラックスした雰囲気ですか?このPhotokinaのスペシャルコンテストでオーストラリアの名所や、シーン、音をあなたのロモグラフィー写真を通してご紹介ください!この最大級の写真見本市は、2010年9月21日~26日の間、ドイツのケルンにて開催されます。あなたもこの一部に参加しませんか?

Photo by: hewzay

あなたもオーストラリアチームの一人に!

冒険が大好きですか?オーストラリアはがっかりさせません!奥地に迷い込むことが気にならないのならば、
太陽の下海に添ってと砂浜をはしゃぎまわり、あなたのパーフェクトマッチを見つけましょう。こんなのオーストラリアのエキサイティングなことのたった一部。そう、あなたにとってのスペシャルなオーストラリアを教えて下さい!

このスペシャルコンテストで、誇りを持ってオーストラリアが世界にもたらす興奮と魅惑をお見せください。優勝者は、オンラインショップでご利用頂けるピギーポイントゲットのチャンスの他、威厳ある Photokina の会場に写真が展示されます!ご存知の通り、Photokinaは、写真と世界をリードするイメージングに関する驚くべき見本市です。アナログ写真のすばらしさの展示の場であるこの壮大なショーを輝かせましょう!

優勝のチャンスを増やすために、地図タグ機能を使って地図上にピンで刺し示して下さい。また、その写真は、ぜひ ロモロケーション にもご投稿下さい!

どうやって参加するの?
まずは下記の5つのカテゴリーの選択肢からあなたの写真に当てはまるものをお選びください。

  • 自然や動物 ・・・ 「nature」
  • 都市や建築物 ・・・ 「city」
  • 人々 ・・・ 「people」
  • 料理 ・・・ 「food」
  • 家や生活 ・・・ 「home」

アップロードしたあなたの写真にカテゴリーに添った括弧内のタグを付けて下さい。例えば、シドニーの街の写真ならは 「city」のタグを付けます。

*ご注意ください。このコンペは、オーストラリアで撮影された写真に制限されている訳ではありません!コアラのお土産コレクションなどでもご応募頂くことができます。オーストラリアで撮影されていないお写真でも構いません。必ず、キーポイントとなるタグを適切に入力して下さい。そして、地図タグの機能を使って、あなたのショットをマップ上の正確な位置にタグ付けして下さい!

  • カテゴリーごとの賞品:
    優勝 – 50 ピギー
    2位 – 25 ピギー
    3位 – 25 ピギー

入賞者の写真は、Photokinaの展示会場で展示されるチャンスがあります!

もし、Photokinaコンテストにご応募頂いたあなたの写真のどちらかが今年のPhotokinaに展示されるすばらしいウォールの一部となった時には、1枚につき、5ピギー(重複なし) がゲットできます。ぜひあなたのべストショットをご応募ください。私たちは何百枚もの応募写真から選び出します!

また、入賞者はロモホームの Award にバッヂがつきます!

応募要項

  • フィルム/カメラの種類:どんなアナログ写真でも可。正し、デジタル加工や操作がされていない写真に限ります。
  • 応募枚数制限:なし
  • 写真サイズ: 最低でも 768 px × 1200 px を超える大きさの写真をご応募ください。
  • メタデータ(タグなど)は必ず完全にご入力下さい。( カメラ、フィルム、ロケーション、3つ以上のタグ)
    *タグは英語でご入力下さい。(もちろん、日本語を追加して頂いても大丈夫です)

優勝者発表に気を留めておいて下さい!恐らくいつもより時間がかかるでしょう。

Photokinaの詳細はこちらからどうぞ!

このコンテストにご応募頂いたあなたの写真は、宣伝目的で使用させて頂くことがあります。予めご了承ください。
[ ご利用規約を読む ]

2010-08-05 #ニュース # #rumble #culture #continent #australia # #competition #photokina # # shhquiet の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #ニュース #gear shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tutorials ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アナログ写真の実験的なテクニック 10のリスト

    2016-04-23 #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログ写真の実験的なテクニック 10のリスト

    フィルムスープからEBSまで、アナログ写真は実験的なテクニックがたくさん。マッドサイエンティストになった気分でこのリストで紹介するテクニックを是非お試しあれ!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!