Shini Park 、 LOMO LC-A+で撮る

ロンドンのストリートから、パリコレの舞台のオートクチュールまで、彼女の興味はファッションでいっぱい。最新のロモアミーゴはShini Park、LOMO LC-A+で撮る!Shini は、ファッション、実験的なこと、常識を壊すことに楽しみを持つ彼女自身に誇りをもっています。ロックなロモグラファーShiniのインタビューをお楽しみください!

名前: Shini Park
都市: London
国: United Kingdom

あなたについてほんの少し聞かせて下さい。人生を楽しむ為にどんなことをしていますか?それは、生活の為にも当てはまっていますか?
私は、Central Saint Martinsにある、BA Graphic Designを卒業したばかりです。そして、今は仕事を探しています。 仕事探しは趣味ではありません。だからNOですね。これは、私が楽しむ為にしていることとは違うことだと思います。私は、私のブログサイトを運営すること、映画を見ること、ダンス、うるさい仲間とロンドンの道で騒いだり、歩き回ったりすることが好きです。

どのくらいの間ロモグラファーですか? (それとも、これが初めてですか?)
初めてのSMENAをebayで買ってから、恐らく3年位です。私はその時までLomographyというブランドがあることを知りませんでした。ですが一度知り、Diana+カメラを見て、Holgaを持ち歩き始めるようになり、Lomographyが好きになってしまいました。今はまだ、LOMO Lubitel+を手に入れる為に節約中です!

LOMO LC-A を5つの言葉で表現すると?
Fits in smallest of bags = LOVE!

LOMO LC-A+で撮影してみてどうでしたか?人々のこのカメラへのリアクションはどうでしたか?
LOMO LC-A+の最高な所は、FBIバッジの次にさっと取り出すことができること。写真の撮り方は、一度慣れれば簡単です。そして、最高の結果を得ることができます。 多くの人は、ただのトイカメラだとおもっているだろうけど。

どんなファッションやデザインの要素があなたがロモグラフに影響しますか?
ファッションはほとんどが、つくり上げられ、気取ったものになります。でも、ロモグラフィーは、絶好の機会を気楽なスタイルで自然に写し出します。私は、ロモグラフィーのフランクで、本質的な写真が好きです。

今までで最も奇妙だったり、おかしかった、または間違いなく素晴らしい写真的でロモグラフィー的な出来事は何ですか?
一番変わっていこと。以前Seven Sistersで、汚れたかつらが並んだ驚きのショップディスプレイを見つけ、私はLOMO LC-A+を取り出して撮りました。すると店の主人が怒って飛び出してきて、私の手からカメラを取り上げ、写真を削除して!と要求してきました。彼女はこのカメラのことを分かっておらず、「彼女がカメラをロックしたから、削除できない!」と言い続けていました。そして、 警察を呼ぶぞとどなりつけたのです。私は彼女を突き飛ばしました。もう二度とSeven Sistersにはきません!と言って。

誰か一人だけ(存命でも故人でも)写真を撮るとしたら誰を撮りたいですか?
第二次世界大戦の将官の写真を撮りたいです。例えば、パットンや、アイゼンハワーなど。 彼らからにじみ出る、迫力のある振る舞いのセンスや、リーダーシップのような私が感じる感覚の何かを写真という形に変形させてロモグラフィーに内在させたいです。

もしも、今すぐLOMO LC-A+ とカバンいっぱいのフィルムを持って世界中どこに行ってもいいとしたら、どこに出かけますか?そしてその理由は?
クローゼットいっぱいのファンタジーがつまった、Royal Opera Houseのファッションデパートです!

すべてのLomographyカメラの中で、あなたのブログの中で最も紹介したいと思うものはどれですか?そしてそれはなぜですか?
もちろん、LOMO LC-A+ とLOMO Lubitel+。LC-A+ は、簡単に美しい写真が撮影できます。そして、Lubitel+は、有能な中判フォーマットカメラの中では少し安価で、より演出的な写真が撮影できます!

あなたがLOMO LC-A+で撮った写真でお気に入りのものはどんなものですか?そしてそれはなぜですか?
私の彼を、彼の誕生日に撮った写真です。彼が目をこすった時、まるで泣いているように見えました…彼の目の前に並ぶ数本のキャンドルと、哀れな小さなケーキを手に入れ… それはまさにパーフェクトに、どれだけ私たちが「ビック」な休日を送ったかのシチュエーションが集約していました。とても私の個人的なことですが。

もし、今回紹介しているお写真に音楽をつけるとしたら誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。
Walzer fur Niemand – Sophie Hunger
Funny Little Frog – Belle & Sebastian
Paramore – Misguided Ghosts

最初にあなたを写真に夢中にさせたのは何ですか?
私は、高校以来いつでも小さなニコンのオートフォーカスカメラを持ち歩き、何でも写真に撮っていました。私はある意味では「写真」を撮っていたとは言いたくありません。それらの写真は、美しくアーティスティックでしたが、私にとっては、青春時代の記録として、人々に引きつけられるものとして、作用します。

未来のLOMO LC-Aユーザーにアドバイスを!
このカメラを使って、使いまくって。あなたが何をする時でも、どこでも。休日やイベントの時だけに限らず、スーパーマーケットに行く時や、お風呂に入る時でも!

Shiniの ブログを見る

2010-11-26 #people #fashion #lc-a #lomoamigo #shini-park gabysalas の記事
翻訳 kyonn

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

    2017-05-25
  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people lomographysoholondon の記事
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

    2017-09-30
  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

    2017-06-26
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

    2017-02-28
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • New Russar+ Lens で大迫力のストリート写真に挑戦しよう!

    2017-03-29 cheeo の記事
    New Russar+ Lens で大迫力のストリート写真に挑戦しよう!

    街中で撮影していると色々な景色との出会いがあります。建物のラインも歪みなくまっすぐに切り取る、ストリートショットにぴったりな New Russar+ のウルトラワイドアングルレンズからダイナミックな世界を覗いてみませんか?

    2017-03-29
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • 色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    2017-03-11 #gear lomographymagazine の記事
    色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    Arthur Pangは香港の写真家。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だと語ります。今回彼にLomography F²/400 Color Negative Filmでありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!

    2017-03-11
  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20