Shini Park 、 LOMO LC-A+で撮る

2010-11-26

ロンドンのストリートから、パリコレの舞台のオートクチュールまで、彼女の興味はファッションでいっぱい。最新のロモアミーゴはShini Park、LOMO LC-A+で撮る!Shini は、ファッション、実験的なこと、常識を壊すことに楽しみを持つ彼女自身に誇りをもっています。ロックなロモグラファーShiniのインタビューをお楽しみください!

名前: Shini Park
都市: London
国: United Kingdom

あなたについてほんの少し聞かせて下さい。人生を楽しむ為にどんなことをしていますか?それは、生活の為にも当てはまっていますか?
私は、Central Saint Martinsにある、BA Graphic Designを卒業したばかりです。そして、今は仕事を探しています。 仕事探しは趣味ではありません。だからNOですね。これは、私が楽しむ為にしていることとは違うことだと思います。私は、私のブログサイトを運営すること、映画を見ること、ダンス、うるさい仲間とロンドンの道で騒いだり、歩き回ったりすることが好きです。

どのくらいの間ロモグラファーですか? (それとも、これが初めてですか?)
初めてのSMENAをebayで買ってから、恐らく3年位です。私はその時までLomographyというブランドがあることを知りませんでした。ですが一度知り、Diana+カメラを見て、Holgaを持ち歩き始めるようになり、Lomographyが好きになってしまいました。今はまだ、LOMO Lubitel+を手に入れる為に節約中です!

LOMO LC-A を5つの言葉で表現すると?
Fits in smallest of bags = LOVE!

LOMO LC-A+で撮影してみてどうでしたか?人々のこのカメラへのリアクションはどうでしたか?
LOMO LC-A+の最高な所は、FBIバッジの次にさっと取り出すことができること。写真の撮り方は、一度慣れれば簡単です。そして、最高の結果を得ることができます。 多くの人は、ただのトイカメラだとおもっているだろうけど。

どんなファッションやデザインの要素があなたがロモグラフに影響しますか?
ファッションはほとんどが、つくり上げられ、気取ったものになります。でも、ロモグラフィーは、絶好の機会を気楽なスタイルで自然に写し出します。私は、ロモグラフィーのフランクで、本質的な写真が好きです。

今までで最も奇妙だったり、おかしかった、または間違いなく素晴らしい写真的でロモグラフィー的な出来事は何ですか?
一番変わっていこと。以前Seven Sistersで、汚れたかつらが並んだ驚きのショップディスプレイを見つけ、私はLOMO LC-A+を取り出して撮りました。すると店の主人が怒って飛び出してきて、私の手からカメラを取り上げ、写真を削除して!と要求してきました。彼女はこのカメラのことを分かっておらず、「彼女がカメラをロックしたから、削除できない!」と言い続けていました。そして、 警察を呼ぶぞとどなりつけたのです。私は彼女を突き飛ばしました。もう二度とSeven Sistersにはきません!と言って。

誰か一人だけ(存命でも故人でも)写真を撮るとしたら誰を撮りたいですか?
第二次世界大戦の将官の写真を撮りたいです。例えば、パットンや、アイゼンハワーなど。 彼らからにじみ出る、迫力のある振る舞いのセンスや、リーダーシップのような私が感じる感覚の何かを写真という形に変形させてロモグラフィーに内在させたいです。

もしも、今すぐLOMO LC-A+ とカバンいっぱいのフィルムを持って世界中どこに行ってもいいとしたら、どこに出かけますか?そしてその理由は?
クローゼットいっぱいのファンタジーがつまった、Royal Opera Houseのファッションデパートです!

すべてのLomographyカメラの中で、あなたのブログの中で最も紹介したいと思うものはどれですか?そしてそれはなぜですか?
もちろん、LOMO LC-A+ とLOMO Lubitel+。LC-A+ は、簡単に美しい写真が撮影できます。そして、Lubitel+は、有能な中判フォーマットカメラの中では少し安価で、より演出的な写真が撮影できます!

あなたがLOMO LC-A+で撮った写真でお気に入りのものはどんなものですか?そしてそれはなぜですか?
私の彼を、彼の誕生日に撮った写真です。彼が目をこすった時、まるで泣いているように見えました…彼の目の前に並ぶ数本のキャンドルと、哀れな小さなケーキを手に入れ… それはまさにパーフェクトに、どれだけ私たちが「ビック」な休日を送ったかのシチュエーションが集約していました。とても私の個人的なことですが。

もし、今回紹介しているお写真に音楽をつけるとしたら誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。
Walzer fur Niemand – Sophie Hunger
Funny Little Frog – Belle & Sebastian
Paramore – Misguided Ghosts

最初にあなたを写真に夢中にさせたのは何ですか?
私は、高校以来いつでも小さなニコンのオートフォーカスカメラを持ち歩き、何でも写真に撮っていました。私はある意味では「写真」を撮っていたとは言いたくありません。それらの写真は、美しくアーティスティックでしたが、私にとっては、青春時代の記録として、人々に引きつけられるものとして、作用します。

未来のLOMO LC-Aユーザーにアドバイスを!
このカメラを使って、使いまくって。あなたが何をする時でも、どこでも。休日やイベントの時だけに限らず、スーパーマーケットに行く時や、お風呂に入る時でも!

Shiniの ブログを見る

2010-11-26 #people #lc-a #shini-park #lomoamigo #fashion gabysalas の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    2015-10-27 #gear jillytanrad の記事
    Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    ロモグラフィーコミュニティー内ではdopとして活動しているDiana。彼女はLomo'Instant Wideのプロトタイプをテストするレアな機会に恵まれました。彼女のLomo'Instant Wide体験を伺ったインタビューをこの記事でお楽しみください!

    2015-10-27
  • New Russar+: Markus Hartelのニューヨーク ストリート写真

    2015-09-28 #people zonderbar の記事
    New Russar+: Markus Hartelのニューヨーク ストリート写真

    Markus Hartelはニューヨークで活躍するグラフィックデザイナー。ストリート・フォトグラフィーに情熱を捧げています。彼は今回、ニューヨークのせわしない街角をNew Russar+レンズで切り出しました。 New Russar+での撮影について、そしてニューヨークのストリート・フォトグラファーとしての在り方を伺ったインタビューをお楽しみください。

    2015-09-28
  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

    2015-12-26
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

    2015-10-29
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-05
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18
  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

    2015-09-04
  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31