Rollei 35

7

This sturdy little vintage camera has a lot to offer. The Rollei 35 is a metal 35mm film camera with a variety of manual settings including film type, shutter speed, lens focusing, film ISO, and aperture setting with an easy-to-read light meter. It also works with a tripod, external flash, and cable release.

source

The Rollei 35 was actually what got me into Lomography. While perusing various articles on the Internet, I somehow stumbled across an article on the Rolleiflex and then I suddenly remembered that I had a Rollei 35 in my room that I had found while I was cleaning — one of the several vintage cameras that my grandpa had owned.

Before this rediscovery of analog photography, I thought digital was the only practical way to go and that only a few hardcore film junkies still used analog and developed it in their darkrooms at school. Once I found the Lomography website, however, I was surprised at the huge amount of people who still use film, and I spent hours just looking at all the different types of effects film could achieve.

But I digress. Once I realized what analog photography can do I bought some film and started experimenting on my own, I found out what a great little camera the Rollei 35 is. I did a little bit of research and learned that this camera was originally made in Germany, then in Singapore, and it was one of the first compact analog viewfinder cameras designed by Carl Zeiss.

The many different settings provided me with a lot of ways to experiment. I can set the type of film I’m using (color negative, color slide indoor, color slide natural light, and black and white negative) and the ISO (25, 50, 100, 200, 400, 800, and 1600) or DIN, whichever you prefer. When I’m ready to take pictures, the lens actually expands out of the camera frame, which prevents accidental photos while it’s not in use. The shutter speed can also be set to my preference (from 1/2 of a second to 1/500 of a second) and even had a B setting for multiple exposure shots.

One feature I thought was really cool, having grown up on disposable cameras, was the handy little light meter at the top of the camera. The light meter and aperture setting on the front of the camera make it easy to get a well-exposed shot; on my first roll of film, I only had one or two badly lit shots.

There are only a few things that I’d improve about the Rollei 35. The lens must be manually focused depending on how far you are from your subject, and unless you have a tape measure with you at all times, you must approximate your distance. It’s not that difficult with practice but it does leave room for error. There’s also a “safety” mechanism that prevents double exposure shots (and blank frames), so that’s one cool effect that can’t be created. As for weight, this metal camera isn’t the lightest camera out there but it’s not horrible. I can easily carry it and its flash around in my bag but I wouldn’t put it in my pocket.

I’ve mostly used my little Rollei 35 for street photography (I hope to do portraits too, but have not yet had a chance) but I’ve found that it’s very good at what it does for a camera of it’s time and size.

2011-03-12 #レビュー #film-camera #lomography #metal-camera #vintage #rollei #tessar-lens #35mm-film #user-review maddographer の記事

1 Comment

  1. kribbzor
    kribbzor ·

    lovely cam. i want one! :)

  2. gvelasco
    gvelasco ·

    That is a great looking (and performing) camera, but it definitely has some funkiness to it. The left hand winder and the hot shoe on the bottom?

  3. pangmark
    pangmark ·

    The left hand winder and the hot shoe on the bottom?
    i didn't notice that. That's pretty weird. I like weird ;)

  4. gvelasco
    gvelasco ·

    @pangmark: Yes. Lots of Rollei 35 users take to using them upside down.

  5. glenn
    glenn ·

    excellent

  6. druid
    druid ·

    I "cradle" this camera - just love it weight and feel. The meter jumps becsue I use new batteries otherwise I LOVE this treasure = thanks for sharing this - cheers

  7. druid
    druid ·

    you can get double exposure, I believe if you allow the winding crank to drop down completely and than advance the film lever _ I read this on a forum!!

他の記事を読む

  • 【結果発表】Film Photography Day Japan Competition

    2015-04-17 #world #ニュース #コンペティション ciscoswank の記事
    【結果発表】Film Photography Day Japan Competition

    4/12(日)のFilm Photography Day(フィルム写真の日)を記念して、アナログ写真のコミュニティーを盛り上げるべくして開催されたFilm Photography Day Japan Competition。結果を発表します!!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Lomo LC-A 120とAleksey Zozulya

    2015-07-06 #people #Lomoamigos givesmehell の記事
    Lomo LC-A 120とAleksey Zozulya

    Lexi Zozulyaは才能あるニューヨークの写真愛好家。常に実験的なプロセスで素晴らしい作品を作り出しています。ネット上では'ch3m1st'として活動中です。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Awesome Albums:『MARRAKECH』by valeryhache

    2015-07-06 #world #ライフスタイル Julien Matabuena の記事
    Awesome Albums:『MARRAKECH』by valeryhache

    今回ご紹介するのは活気溢れるエキゾチックなマラケシュのアルバムです!それでは行ってみよう!

  • 見ることのできなかった映画初期の色

    2015-07-04 #world #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    見ることのできなかった映画初期の色

    テクニカラー(彩色技術)がフィルムに到来する前は、映像作家がフィルムネガに手作業で着色していました。 Amsterdam University Pressの新しい書籍で、この300の強烈なスペクトル・ファンタジーの偏好が露にされています。

  • TOP5: 夕焼け空

    2015-07-03 #world #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    TOP5: 夕焼け空

    素早く変わるサイレンのように、夕焼けには人を惹き付ける演出力があります。それは明るい黄色の一日のコスチュームで訪れたかと思うと、大胆にキャンバスを次の色へと塗ります。その光景は様々で、コミュニティ中から最も大きい喝采を受けていた5つをご紹介します。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    2015-07-02 #gear #ライフスタイル candilsw の記事
    Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    Pixelstickは、まさにマスト・ハブ・アクセサリー。多彩なカラーと模様が、強烈なライトペインティングを生み出す。大きさは1.8メートル、高再現度を誇る200色のフルカラーLEDを搭載!長時間露光機能付のカメラと三脚を手にすれば、あとはただ、暗闇のなかでPixelstickを振り動かすだけで、夢みたいな写真が何ダースでも思いのままに。まずは、我らが盟友、ロモグラフィー香港のみんながこのPixelstickで撮影した写真を見てみてくれ!

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: 支援者募集は7月6日 00:00まで!

    2015-07-02 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: 支援者募集は7月6日 00:00まで!

    6月初頭から始まったPetzval 58 Bokeh Control開発プロジェクトも支援者募集はついに今週末一杯となりました!今までにご支援いただいた皆様、誠に有難うございます!当プロジェクトは7月5(日)24:00(7月6日(月)00:00)まで支援者を募集しています。最新の活動状況をこの記事でチェックしましょう!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 牧野智晃

    2015-07-02 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 4×5 SHI NO GO 牧野智晃

    写真家グループ「4x5 SHI NO GO」の一角を担う牧野智晃。中年の女性を生活感溢れる空間で奇妙なポージングをさせドキュメントするプロジェクトを長年行っています。今回は、Petzval 58 Bokeh Controlレンズで自分の生活圏にいる娘と息子を撮影していただきました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Petzval 58 Bokeh Control: Emily Sotoのファインアート

    2015-06-30 #people #ライフスタイル Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: Emily Sotoのファインアート

    Emily Sotoの写真は、とてもロマンチックで芸術的手腕であふれています。彼女はハイファッション・ポートレイトやで知られており、各誌面での経験で培われた彼女の作品は、正しいコンセプトと適切なアートディレクションの基でファインアートとして結びつきます。今回のエモーショナルなファッションポートレイトシリーズはPetzval 58 Bokeh Control Lensを使って撮影されました。

  • 2015年6月のトレンド写真

    2015-06-30 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年6月のトレンド写真

    今月トレンドとなった素晴らしいロモグラフに驚嘆しましょう。

  • 写真のなかの物語:『Rainy Day in Arles』by neja

    2015-06-29 #world #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    写真のなかの物語:『Rainy Day in Arles』by neja

    少し肌寒い中、カマルグジプシーたちがフランス・アルルの街の中心部で結婚式を挙げていました。その場面に遭遇したイギリス人ロモグラファーnejaは、彼らの謎深さと型にはまらない精神を一枚のスナップショットに写し込もうと挑戦しました。