Rollei 35

7

This sturdy little vintage camera has a lot to offer. The Rollei 35 is a metal 35mm film camera with a variety of manual settings including film type, shutter speed, lens focusing, film ISO, and aperture setting with an easy-to-read light meter. It also works with a tripod, external flash, and cable release.

source

The Rollei 35 was actually what got me into Lomography. While perusing various articles on the Internet, I somehow stumbled across an article on the Rolleiflex and then I suddenly remembered that I had a Rollei 35 in my room that I had found while I was cleaning — one of the several vintage cameras that my grandpa had owned.

Before this rediscovery of analog photography, I thought digital was the only practical way to go and that only a few hardcore film junkies still used analog and developed it in their darkrooms at school. Once I found the Lomography website, however, I was surprised at the huge amount of people who still use film, and I spent hours just looking at all the different types of effects film could achieve.

But I digress. Once I realized what analog photography can do I bought some film and started experimenting on my own, I found out what a great little camera the Rollei 35 is. I did a little bit of research and learned that this camera was originally made in Germany, then in Singapore, and it was one of the first compact analog viewfinder cameras designed by Carl Zeiss.

The many different settings provided me with a lot of ways to experiment. I can set the type of film I’m using (color negative, color slide indoor, color slide natural light, and black and white negative) and the ISO (25, 50, 100, 200, 400, 800, and 1600) or DIN, whichever you prefer. When I’m ready to take pictures, the lens actually expands out of the camera frame, which prevents accidental photos while it’s not in use. The shutter speed can also be set to my preference (from 1/2 of a second to 1/500 of a second) and even had a B setting for multiple exposure shots.

One feature I thought was really cool, having grown up on disposable cameras, was the handy little light meter at the top of the camera. The light meter and aperture setting on the front of the camera make it easy to get a well-exposed shot; on my first roll of film, I only had one or two badly lit shots.

There are only a few things that I’d improve about the Rollei 35. The lens must be manually focused depending on how far you are from your subject, and unless you have a tape measure with you at all times, you must approximate your distance. It’s not that difficult with practice but it does leave room for error. There’s also a “safety” mechanism that prevents double exposure shots (and blank frames), so that’s one cool effect that can’t be created. As for weight, this metal camera isn’t the lightest camera out there but it’s not horrible. I can easily carry it and its flash around in my bag but I wouldn’t put it in my pocket.

I’ve mostly used my little Rollei 35 for street photography (I hope to do portraits too, but have not yet had a chance) but I’ve found that it’s very good at what it does for a camera of it’s time and size.

2011-03-12 #レビュー maddographer の記事

1 Comment

  1. kribbzor
    kribbzor ·

    lovely cam. i want one! :)

  2. gvelasco
    gvelasco ·

    That is a great looking (and performing) camera, but it definitely has some funkiness to it. The left hand winder and the hot shoe on the bottom?

  3. pangmark
    pangmark ·

    The left hand winder and the hot shoe on the bottom?
    i didn't notice that. That's pretty weird. I like weird ;)

  4. gvelasco
    gvelasco ·

    @pangmark: Yes. Lots of Rollei 35 users take to using them upside down.

  5. glenn
    glenn ·

    excellent

  6. druid
    druid ·

    I "cradle" this camera - just love it weight and feel. The meter jumps becsue I use new batteries otherwise I LOVE this treasure = thanks for sharing this - cheers

  7. druid
    druid ·

    you can get double exposure, I believe if you allow the winding crank to drop down completely and than advance the film lever _ I read this on a forum!!

他の記事を読む

  • Lomo'Instant LomoAmigo: S.F. Said

    2015-02-26 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    Lomo'Instant LomoAmigo: S.F. Said

    ロンドンベースの児童書作家兼写真家のS.F. Saidは、熱心なロモグラフィーのインスタントカメラファンでもあります。彼の仕事やLomo'Instant体験について、独占インタビューしちゃいました。

  • デジタルの束縛から抜け出すための僕の秘密:Lomo LC-Wide

    2015-02-25 #gear #ライフスタイル nickpage の記事
    デジタルの束縛から抜け出すための僕の秘密:Lomo LC-Wide

    僕はニック・ペイジ。イギリスを拠点にグラフィックデザイナーをやっている。広告業界で20年間働いていたんだけど、5年前にフィルム写真に戻ったんだ。そして気づいたよ。アナログ生活こそが、仕事で毎日処理している「ピクセル単位で完璧な」画像から解放されるのに必要なものだったってね。

  • Petzval LomoAmigo: Naomi Frost

    2015-02-23 #people #Lomoamigos borisb の記事
    Petzval LomoAmigo: Naomi Frost

    Naomi Frostはポートレイト写真を得意とするオーストラリアの写真家。彼女か最近撮影したPetzvalの写真とインタビューをこちらの記事でご紹介します。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LC-Wideで撮影した魅惑的な36枚の写真

    2015-02-22 #gear #ライフスタイル tomas_bates の記事
    LC-Wideで撮影した魅惑的な36枚の写真

    ウルトラワイド、クレイジー、カラフル!あなたの時間を5分だけ使ってLC-Wideで撮影された並外れた美しさの写真のアーカイブをご覧下さい。

  • Petzval Artist: Mance Thompson

    2015-02-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval Artist: Mance Thompson

    ずらりと並べられたPetzvalのボケに包まれた幻想的な東京の夜。 東京の伝統的な炉辺から人々が行きかう忙しい街中まで、Mance ThompsonはPetzvalレンズとその特殊な星形の口径プレートを使って見事にこの街の日常に魔法をかけてくれました。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • CP+ 2015 イベントレポート

    2015-02-16 #world #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    CP+ 2015 イベントレポート

    今年が初出展となったロモグラフィーブースは連日沢山の人で賑わい、様々な方々にお会い出来ました。 その様子を会場内の写真や皆様から寄せられたtwitterのコメントと共にご紹介します!

  • Petzval LomoAmigos: Jörgen Axelvall

    2015-02-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval LomoAmigos: Jörgen Axelvall

    Jorgen Axelvallはスウェーデン出身で現在は東京で活躍するフォトグラファー。 昨年末にLomo'Instantで彼独特の唯一無二の作品を私たちにシェアしてくれたのも記憶に新しい彼ですが、 伝説のポートレイトレンズ『New Petzval Art Lens』では一体どのような傑作を生み出したのでしょうか?彼のインタビューと共にお楽しみください。

  • 【CP+ 2015】1日目の様子をご紹介します!

    2015-02-12 #people #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2015】1日目の様子をご紹介します!

    2/12(木)、パシフィコ横浜にて日本最大のカメラの祭典CP+ 2015が遂に始まりました!今年初出展となるロモグラフィーブースの様子をいち早くご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!

  • CP+ 2015にロモグラフィーが出展します!

    2015-02-05 #world #ニュース ciscoswank の記事
    CP+ 2015にロモグラフィーが出展します!

    2月12日(木)~15日(日)に開催される日本最大級のカメラと写真の総合展示会CP+2015に、Lomography Japanが初出展する運びとなりました。Lomographyの新商品Petzval Art LensやRussar+、LC-A120や定番商品もズラリと並び、皆様にLomographyの魅力をたっぷりとお伝えします!

  • 【CP+】ロモグラフィーブースでLC-A+が当たるキャンペーンを実施します!

    2015-02-05 #world #イベント ciscoswank の記事
    【CP+】ロモグラフィーブースでLC-A+が当たるキャンペーンを実施します!

    2月12日(木)~15日(日)に、パシフィコ横浜で行われるカメラの祭典CP+。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方限定のキャンペーンを実施します!なんと、あのロモグラフィーのレジェンドLomo LC-A+を抽選でプレゼントします!こんなチャンスはめったにないので、皆様ぜひ遊びにきてくださいね!