On Our Way to THE Bridge

サンフランシスコにいったことがある人は皆、この場所がつくりだした何百万枚の写真を見て、証拠としてこの橋を見に行きます。 しかし、だれも実際はそこに行くまでの道で何が見えるのか見せていません。カメラを持って、フィルムを持って、目を見開いて、心を開いて、そこに行って下さい!

私たちが西海岸を周遊している時、私たちは基本的に心に1つのことを決めていました。高速道路を忘れよう、長い道を選ぼう。 だから私たちはカリフォルニア州のRoute 1を使いました。サンディエゴからそこに着く間は何日かかかります。この旅は、サンフランシスコへの旅のパーフェクトな前振りの役割をしてくれるでしょう。
私たちが着くとすぐに、子供が病気になってしまい、2日間ホテルの窓から街を見ることしかできませんでした。前置きには長すぎ :-/ 3日目、私たちは子供を車に乗せ、ついにその橋に行きました。

橋の近くには、たくさんの興味深い場所がありました。私たちはドッグビーチを借りることに決めました。そこからはアルカトラズも見ることができます。

わたしは、Pouva Startとレッドスケールフィルムを入れた LOMO LC-A を持っていきました。わたしは新しい街に行く時、いつもいくつかのレッドスケールフィルムを持っていきます。それは私に違う景色で街を見させてくれます。一方で、Pouvaは、 Holga に似ているドイツ製の古い中判フォーマットカメラです。これは旅を記録するのにとても良いカメラです。

あいにくまだ病気な子どもとホテルに戻り、私たちはPresidioとその周りの素晴らしい緑地を訪れました。サンフランシスコのダウンタウンは、チャイナタウンや私たちが時間がなくて見つけられなかった他の楽しい場所を見つけることができる場所です。でも、皆さんが訪れたときは、皆さんも私の為にいくつかの写真を撮ってきてくれると信じています。

2011-01-18 #world #ロケーション #san-francisco #lomo-lca #personal-story #red-scale #golden-gate-bridge petranovskaja の記事
translated by kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 多重露光の星雲:空は無限大!

    2014-10-24 #gear #tipster abecd の記事
    多重露光の星雲:空は無限大!

    重ねて撮るのが大好きじゃない人っているんでしょうか?何度か重ね、多重露光した写真を撮ったり、その写真がどんな風に仕上がるのか見ることは、すごく楽しくって満足感があります。このシンプルな裏ワザで、どうやって次のレベルへ進むか教えましょう!

  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Horizonへのフィルム装填をすごく簡単に!

    2015-01-16 #gear #tipster alienmeatsack の記事
    Horizonへのフィルム装填をすごく簡単に!

    Horizonパノラマカメラで写真を撮るのは大好きだけど、フィルムを入れていると頭がおかしくなってしまいそう?この方法を使えば、お気に入りのHorizonやスイングレンズのカメラにフィルムを入れて撮るのが楽しくなると思うよ。試してみてね。

    1
  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • LC-A 120 Photo Discovery – Dopicによる日本のスナップ写真

    2014-10-17 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120 Photo Discovery – Dopicによる日本のスナップ写真

    LC-A 120のプロトタイプで撮影された初期のフィルムネガを見返していたら、ドキュメンタリー映画『Finding Vivan Maier』のように、まだスポットライトが当たったことのない素晴らしい作品に巡り会いました。これらの写真はロモグラファーdopicが、日本に旅行に来た時に撮影されたものです。彼の写真はとっても素敵で皆さんに共有したい気持ちでいてもたってもいられなくなりました!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • LomoAmigo : Alison Scarpullaが LC-Wideで撮影

    2014-08-19 #people #Lomoamigos tomas_bates の記事
    LomoAmigo : Alison Scarpullaが LC-Wideで撮影

    アメリカ人の才能ある写真家Alison Scarpullaは、多重露光やフィルムを浸したりする、シュールで感情に訴える様な、実験的な写真を撮る。最近Lomographyマガジンで彼女の作品がいくつか取り上げられていて、俺たちは彼女の作品の虜になり、LC-Wideで新しい作品を撮って欲しいと頼んでみたら、了承してくれたんだ。ここでしか読めない彼女のインタビューと、素晴らしい写真を見て行ってよ!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • LomoAmigo:Jorgen Axelvall × Lomo'Instant

    2014-11-19 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigo:Jorgen Axelvall × Lomo'Instant

    例え同じものを見ていたとしても、人が見る世界人それぞれ違います。近視、遠視、乱視、老視、そしてその人の性格や感情、生まれ育った環境でさえ、人が目で見る世界を変えます。スウェーデン出身で現在日本で活躍している写真家Jorgen Axelvallは、彼の目で見るからこそ見ることが出来る世界を写真に写します。クレジットカードサイズの小さなインスタント写真にさえ、彼独特の世界をつくりあげます。彼の着眼点に富んだアーティスティックでダークな世界をインタビューと共にお楽しみください。

    1
  • エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    2015-03-22 #gear #tipster daxxfbondoc の記事
    エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    僕は、普段から目にするような日常的なものの写真を撮るのが好きなんだ。接写写真を撮ると、そういったものがもっとおもしろく見える気がするね。スプーン一杯のお菓子とか、小さなネックレスとか、間近で撮るとよりおもしろくて楽しいんじゃないかな。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。