On Our Way to THE Bridge

2011-01-18

サンフランシスコにいったことがある人は皆、この場所がつくりだした何百万枚の写真を見て、証拠としてこの橋を見に行きます。 しかし、だれも実際はそこに行くまでの道で何が見えるのか見せていません。カメラを持って、フィルムを持って、目を見開いて、心を開いて、そこに行って下さい!

私たちが西海岸を周遊している時、私たちは基本的に心に1つのことを決めていました。高速道路を忘れよう、長い道を選ぼう。 だから私たちはカリフォルニア州のRoute 1を使いました。サンディエゴからそこに着く間は何日かかかります。この旅は、サンフランシスコへの旅のパーフェクトな前振りの役割をしてくれるでしょう。
私たちが着くとすぐに、子供が病気になってしまい、2日間ホテルの窓から街を見ることしかできませんでした。前置きには長すぎ :-/ 3日目、私たちは子供を車に乗せ、ついにその橋に行きました。

橋の近くには、たくさんの興味深い場所がありました。私たちはドッグビーチを借りることに決めました。そこからはアルカトラズも見ることができます。

わたしは、Pouva Startとレッドスケールフィルムを入れた LOMO LC-A を持っていきました。わたしは新しい街に行く時、いつもいくつかのレッドスケールフィルムを持っていきます。それは私に違う景色で街を見させてくれます。一方で、Pouvaは、 Holga に似ているドイツ製の古い中判フォーマットカメラです。これは旅を記録するのにとても良いカメラです。

あいにくまだ病気な子どもとホテルに戻り、私たちはPresidioとその周りの素晴らしい緑地を訪れました。サンフランシスコのダウンタウンは、チャイナタウンや私たちが時間がなくて見つけられなかった他の楽しい場所を見つけることができる場所です。でも、皆さんが訪れたときは、皆さんも私の為にいくつかの写真を撮ってきてくれると信じています。

2011-01-18 #places #san-francisco #red-scale #location #lomo-lca #personal-story #golden-gate-bridge petranovskaja の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • 10/26(水)までオンラインストア限定★秋のフィルムまとめ買いキャンペーン!

    2016-10-21 trifivy の記事
    10/26(水)までオンラインストア限定★秋のフィルムまとめ買いキャンペーン!

    ※2016年10月26日(水)まで※オンラインストアでLomography製の同じフィルムを5本ご購入時に、ディスカウントコードを入力していただくと1本分無料になるキャンペーンを実施中です!行楽シーズンはフィルムが何本あっても足りない!そんなロモグラファーの皆さま、どうぞこの機会をお見逃しなく!!(※詳細は記事をご確認ください)

    2016-10-21
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

    2017-08-21
  • Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

    2017-01-22 #people Ivana Džamić の記事
    Guillaume Gaubert:女性の美しさを捉えたポートレート (NSFW)

    フランス人の写真家Guillaume Gaubertの得意なことは、美しいものを見つけること。数年前に写真撮影に興味を持つようになり、その後本格的に写真の世界へ入ることを決めました。現在は主に女性のポートレートを撮影していて、それが彼にとっての永遠のインスピレーションの源だと語ります。

    2017-01-22
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo'Instant Automatを持って大自然へ

    2017-01-05 #people phyllistc の記事
    Lomo'Instant Automatを持って大自然へ

    Wangs Lokは自然とハイキングを愛するフォトグラファー。嫌なことがあってもハイキングをすれば全部忘れられるんだとか。今回彼はLomo'Instant Automatを持って香港の山へとハイキングに出かけました。

    2017-01-05
  • あなたは知ってる?世界の冬のお祭り7選!

    2016-12-25 #culture lomographymagazine の記事
    あなたは知ってる?世界の冬のお祭り7選!

    クリスマスにお正月などイベント盛りだくさんの冬ですが、世界にはもっとたくさん冬のお祝いがあることをご存知ですか?ロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた写真とともに世界のお祭りをご紹介します!

    2016-12-25
  • いつでもロモグラフィックな発色を楽しもう!:Lomography Color Negative ISO800のススメ

    2016-10-20 #gear kikifrenger の記事
    いつでもロモグラフィックな発色を楽しもう!:Lomography Color Negative ISO800のススメ

    みなさんはもうLomographyのColor Negative 800 ISOを試してみましたか?感度が高いと画像が粗くなってしまうのでは…と不安に思うかもしれませんが、このLomographyフィルムはISO800なのにとっても滑らか!いつでも個性的でロモグラフィックな発色を楽しめる、オススメの1本です。

    2016-10-20