DIY カラーネガフィルムのコーヒー現像

もしあなたがコーヒーで自家現像したいのならば、これがよいテクニックです!

これは私が実験を続けているとってもクールな現像方法です。この方法だと青写真と似た特徴を持った写真に仕上がります。使うフィルムの種類によってフィルム乳剤面の薬品の違いから、さまざまな色の偏りが出るようです。 これは期限切れのコダック・ゴールド100とロングス・アドバンテージ200を使った実験結果です。もう1つこの方法がクールな点はモノクロのネガとしてスキャンすることでも素晴らしい結果が得られること。一粒で二度おいしいってところでしょうか。

まだコーヒー現像を試したことがないのなら、最初のうちは安いフィルムを使うことをお薦めします。でも、一般的なモノクロフィルム用現像薬を使うのなら、どんなフィルムでもかまわないでしょう。それからもう1つ、ISO感度100か200のフィルムを使うことをお薦めします。それよりも感度の高いフィルムを使う場合には現像処理時間が違うからです。

やり方:

  • インスタント・コーヒー 小さじ6杯 (私はネスカフェを使います) 注:コーヒー豆を挽いたレギュラー・コーヒーでは上手く行きません!
  • 炭酸ナトリウム 小さじ3杯 (私は Arm & Hammer社製のWashing Sodaを使います。)
  • 砕いたビタミンCのチュアブル錠剤 1コ (粉末状のビタミンC 小さじ1/4杯なら更によい ) 注:これが原因なのかはっきりとはわからないのだけれど、粉末だと現像時間を短縮できるようなので、使っています。
  • 12オンス(約360cc)の水に上記のすべてを溶かし、5分から10分間放置して水泡を飛ばします。 注:液温が20度になるようにし、常にその温度を保つようにしましょう。
  • 現像時間は20分間です。最初の一分間、攪拌を続けます。その後は毎分ごとに3回ゆっくりと攪拌します。 攪拌した後は毎回テーブルか床などの上でコツンと叩いて水泡を抜いてやりましょう。
  • 360ccの水で3回濯ぎます。(毎回、5回か6回攪拌しましょう。)
  • 360ccの定着液で10分間定着させます。毎分3回攪拌し、水泡を抜きます。
  • 定着液は再利用できるのでメスカップに戻しましょう。それから流水で数分間すすぎます。
  • 干す前に360ccの水に1/2カップの消毒用アルコールを加えたもので濯ぎましょう。 注:この方法だと水のキレがよく速く乾燥します。
  • ホコリがない場所で吊るして干しましょう。乾いたらスキャンにかけます。 注:コーヒーを小さじ4杯、炭酸ナトリウムを小さじ2杯、水を8オンス(240cc)に調節しても出来ます。

もしコーヒーで現像しようと決めているなら、撮影の際、明るさの条件に合わせて1段か2段露出オーバーに撮るようにして下さい。コーヒーで現像する場合、撮ったフィルムが減感される傾向があるからです。これを解決するのが難しい点だと思いました。一般的なモノクロフィルム用現像薬でも同じく現像処理出来ますのでお好みで。

質問があったら メッセージを下さい
それからあなたの結果を忘れずに見せて下さいね。

コーヒー現像については mattcharnock と  hanspan が以前、記事を書いてたと大声で言っておかなきゃ。その記事は ここで読めます

2012-01-02 #gear #tutorials #coffee #diy #tipster #darkroom #cyanotype #x-pro lomosexual_manboy の記事
翻訳 tukuchan

他の記事を読む

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1