Tipster of the Week: 露出を計算するのはホントに楽しい

1

これが、「サニー 16 ルール」と呼ばれている、f/16とフィルム感度から、数値をプラスマイナスして説明する適正露出を得るための基準です!

光度計がない時のための露出のキホン by herbert-4

露出を計算するのは簡単なのです。晴天での絞り値が f/16 の時シャッタースピードはフィルムの ISO と同じです。つまり絞り値 f/16 に対し ISO 100 = 1/100 となります。これが日中基本露出 (BDE)、または「サニー 16 ルール」と呼ばれているものです。

もう黄ばんでしまっているけれど、これが 40 年以上前に写真学校で配られたガリ版の推奨露出表です。露出は全て BDE からプラス、またはマイナスというように表記されています。もし持っているカメラの絞り値がここまで行かないようならばシャッタースピードを変更すれば大丈夫。
では、一覧を見てみますか。

  1. 晴天で太陽の下の通常の被写体 = BDE
  2. 晴天でドラマチック、またはシルエット効果。太陽に向かっての撮影 = BDE マイナス 絞り値 2
  3. 晴天で雪または白砂の上 = BDE マイナス絞り値 1
  4. 晴天で逆光の被写体、影を撮るための露出 = BDE プラス絞り値 2
  5. 曇天でぼんやりした光、柔らかな影 = BDE プラス絞り値 1
  6. 曇天で明るい光、影はなし = BDE プラス絞り値 2
  7. かなりの曇天、または日陰 = BDE プラス絞り値 3
  8. 月の撮影 = 満月は BDE、2/3 の月は BDE プラス絞り値 1/3、半月は BDE プラス絞り値 1/2、1/3 の月は BDE プラス絞り値 2/3、1/4 の月は BDE プラス絞り値 1
  9. 遠方からの夜景 (スカイライン) = BDE プラス絞り値 13
  10. 夜のネオン、または明かりのある看板 = BDE プラス絞り値 5
  11. 明るい光の下のステージショー = BDE プラス絞り値 5
  12. 通常の光の下のステージショー = BDE プラス絞り値 7
  13. 照明の下のアイスショー = BDE プラス絞り値 6
  14. 照明の下のサーカス = BDE プラス絞り値 7
  15. 明るい夜景 (例: ラスベガス) = BDE プラス絞り値 6
  16. 地面の上の花火 = BDE プラス絞り値 6
  17. 照明の下の建物、噴水、モニュメント = BDE プラス絞り値 11
  18. 夜のクリスマス照明 (屋内・屋外) = BDE プラス絞り値 11
  19. 白熱灯の下の教会 = BDE プラス絞り値 9
  20. 学校の講堂でのステージショー = BDE プラス絞り値 9
  21. 夜のショーウィンドー = BDE プラス絞り値 6
  22. ろうそくの明かりの下のポートレート、またはクロースアップ = BDE プラス絞り値 10 1/2
  23. 夜の明るく照らされた家のインテリア = BDE プラス絞り値 9 1/2
  24. 夜の普通に照らされた家のインテリア = BDE プラス絞り値 11
  25. 夜の白熱灯の下の屋内プール = BDE プラス絞り値 8
  26. 夜の明るい照明のフェアやアミューズメントパーク = BDE プラス絞り値 7
  27. 夜の明るい照明の屋内のスポーツイベントやコンサート = BDE プラス絞り値 7
  28. 夜の明るい照明の屋外のスポーツイベントやコンサート = BDE プラス絞り値 6

いつでもフィルムをたくさん持ち歩いて露出をプラスやマイナスに少しずつずらして撮りましょう。この表を明日のために覚えることです。後でクイズを出しますから :)

これは役に立ちますよ!

2011-01-27 #gear #テクニック #bde #tipster-of-the-week # #tipster #basic-daylight-exposure #without-a-light-meter #sunny-16-rule #exposure-guide # scapegoat の記事
翻訳 pokoma

1 Comment

  1. herbert-4
    herbert-4 ·

    Thank you, pokoma, for adding a potential 1,300,000,000 readers for my article!! Herb

他の記事を読む

  • Lomo Lubitel the Love Spy

    2015-07-31 #gear #ライフスタイル K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel the Love Spy

    マニュアルフィルムカメラで誰かを写すということは、その人物が細部まで写されるに値するということです。Lomo Lubitelはたくさんのバラ色の恋愛シーンを写し出してきました。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる使い方ガイド

    2015-04-16 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる使い方ガイド

    LOMO'INSTANTに多重露光をクレイジーに楽しむことができるSplitzerが登場しました!これさえあれば多重露光の可能性が無限に広がりますよ。ここではそのSplitzer の使い方を紹介しますね。使い方はとっても簡単だけど、少しだけコツがあるから是非参考にしてください。

  • Petzval LomoAmigos: Jörgen Axelvall

    2015-02-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval LomoAmigos: Jörgen Axelvall

    Jorgen Axelvallはスウェーデン出身で現在は東京で活躍するフォトグラファー。 昨年末にLomo'Instantで彼独特の唯一無二の作品を私たちにシェアしてくれたのも記憶に新しい彼ですが、 伝説のポートレイトレンズ『New Petzval Art Lens』では一体どのような傑作を生み出したのでしょうか?彼のインタビューと共にお楽しみください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: ウルトラワイドアングルレンズ

    2015-10-20 #gear #ニュース Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: ウルトラワイドアングルレンズ

    Lomo'Instant Wideに標準搭載されているレンズは90mmレンズ(35mm換算で35mm)。それだけでもかなり広角ですが、ウルトラワイドアングルレンズをつければ超広角の写りを楽しめます!

  • Lomo Lubitel 166+で捉えたクラシックシーン

    2015-07-10 #gear #ライフスタイル K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel 166+で捉えたクラシックシーン

    Lomo Lubitel 166+は美しいクラシカルなモノクロ写真の撮影に適したカメラです。信頼出来る露出設定のおかげで、都市の人々の生活も、永続的な自然も、光と闇を適切な量で写し出します。ガラスレンズはシャープな写りをし、色から喚起するイメージを得るのを助けます。これらのコミュニティーの写真がとても良い例となるでしょう。

  • LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    2015-06-10 #gear #レビュー austex の記事
    LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    もうすでに考えられるアングルでは撮り尽くされた景色に、新しい風を起こすにはどうすれぼ良いのだろうか?答えはもちろん、新しいフィルムを使うことだ!このことを念頭に置いて、Nikon 35TiにLomoChrome Turquoise XRフィルムを入れてユタ州南部とアリゾナ州北部へのよくある旅に出かけたんだ。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    2015-09-01 #people ciscoswank の記事
    WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    9/19 (土) より、世界的に活躍する日本のロモグラファー gocchinさん、写真家として活躍しているRainy Wongさんの2名による二人展「WONDER X WONDER」が開催されます。Splitzerや多重露光を駆使し幻想的な世界を生み出すgocchinさんと、艶やかで時に毒々しい作風が魅力的なRainy Wongさん。お二人の写真世界を存分にお楽しみいただける展示となっておりますので、中目黒散策も兼ねて是非行ってみてください。

    1
  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • FIlm Photography Day 2015:トイカメラ。でプレゼント企画が始動!

    2015-04-06 #people #ニュース ciscoswank の記事
    FIlm Photography Day 2015:トイカメラ。でプレゼント企画が始動!

    使っていて楽しい、俗にいう「トイカメラ」という種類のカメラをアナログ、デジタル問わず深いレビューと共に紹介したり、新商品の情報などをいち早く配信しているポータルサイト、トイカメラ。フィルム写真の日を記念して、ロモグラフィー製品のプレゼント企画を実施します!

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    2015-03-19 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌

    代々木公園けやき並木で月一回、週末の朝に開催している東京朝市アースデイマーケット。東京の都心開催ながら本格的なファーマーズマーケットは、食と農のつながりを軸としたライフスタイル発信の場となっています。Lomography+のある3331で偶然知り合ったことがきっかけとなり、アースデイマーケットとロモグラフィー、双方がオルタナティブなライフスタイルを提供していることに共感し、事務局の田中 利昌さんにカメラをお貸出しすることになりました。マーケットの皆様のほっこりする笑顔と、なんだか温かみを感じる野菜や出品物の数々....LC-Wideで撮影された写真を、インタビューと共にお楽しみください!