Diana+ Splitzer = Instant Fun

2011-03-03

Diana+とInstant back、ケーブルレリーズ、Splitzer、そしてWide/CloseUp レンズの組み合わせは、どうってことないかもしれませんが、テクニック好きにはたまらないべストなセットです。この組み合わせは私に、何時間にも及ぶエンターテイメントを生み出してくれました…そしてそのイメージをSplitする実験の可能性は、まさにエンドレスです。

Lomography Diana+ カメラについて私が好きなことの1つは、このカメラの為に作られたレンズと小物の多さ。とてもたくさんの選択肢のバリエーションがあり、Diana+に退屈になることは不可能に近いのではないかと、私はかなり安心しています。

Instant Back+ が届くとすぐに、私は走り、私のロンドンで行われたロモワールドコングレスでベールを脱いだ初めてのDiana+から1つづつ増えていった私のアクセサリーボックスをつかみました。 これらのアクセサリーができることを試すと、インスタントに結果を見ることができます。全ての可能性を私の頭の中であれこれめぐらせました。

私は、 Wide-Angle & Close-Up lense に恋に落ちています。私はいつも超クローズアップ写真を撮ることが好きです。このレンズの出現と、どれだけクリスタルのようにクリアなイメージが撮影できるかが分かった時、それは私の興奮を越えるものでした。このレンズは、とても簡単に使うことができます。CloseUpレンズは、55mmのワイドレンズに、レンズキャップのように重ね合わせます。これは、とても簡単にクローズアップ写真とワイドアングル写真のスワップを創り出します。

Splitzer は、私がLOMO LC-Aだけで遊んだことがあるアクセサリーでした。にもかかわらず、私のアクセサリーボックスの中には1つあり、まだ私は取り出して使ったことがありませんでした。

Diana Cable Release Adapter+ はDiana+好きにはマストアイテムです。これは素晴らしくデザインされていて、使い方もシンプルです。カメラのピンホール機能や夜間撮影の全てにこれ以上ないような能力でシャッターを開放します。

このギャラリーでご紹介しているのショットの為に、私は、Diana+を三脚に置き、ケーブルレリーズを被せて取り付け、クローズアップレンズを取り付け、レンズの前に Diana F+ Splitzer をホールドしました。マスキングテープはCloseUp lensに、外部直径が同じのSplitzerを付ける為にうまく作用します。

それから、レンズの前に座ります。これらの写真の顔の部分はB(バルブ)設定で、素早くシャッターを押して放しています。あなたの光源により、どれだけのシャッタースピードが必要か少しの実験をするべきでしょう。または、B設定よりN設定を使う必要さえあるかもしれません。黄色のトーンのショットは、100Wのスイングアームランプを光源として使いました。

私はそれから Splitzer を回転させて、トップの写真の下が面白いものになるかもしれないと思ったものを、見つけることができたものの中で撮りました。私は今日、このテクニックをビルや、顔から育つ木や、途中出会った人で試す為にでかけます。

[ Diana F+カメラを購入する ]
Diana アクセサリー
[ Splitzer ]
[ Instant Back+ ]
[ Diana+ 55mm Wide-Angle & Close-Up lenses ]
[ Diana Cable Release Adapter+ ]

2011-03-03 #gear #splitzer #cable-release #review #55mm #closeup #accessories #diana #tri-pod tracyvmoore の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

    2016-06-19
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01
  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    2016-11-09 1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

    2016-12-13
  • 映画『キャロル』の"視線"ショット

    2016-08-16 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『キャロル』の"視線"ショット

    許されぬ恋は熱く燃え上がるもの。映画『キャロル』で頻繁に使用されていた主人公のまなざしを思わす”視線”ショットの数々。2015年の代表的な愛の映画から抜粋された美しいシーンを観ながら、見つめること、を見つめてみましょう。

    2016-08-16
  • Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    2016-12-20 #people michellymatias の記事
    Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    ブラジルのアーティストであるMisha AssisはロモグラフィーのPetzval 85 Art Lensのエキスパートです。それは彼のロモホームを覗いてみればすぐにわかるでしょう。こちらではMishaにPetzval 85 Art Lensへの想いを熱く語っていただきました!

    2016-12-20