35mm フィルムを好きな35の理由

フィルムはフォトグラファーの真のべストフレンド。 – そしてそれをどんなフィルムの種類でも証明する、35㎜フィルムを好きな35の理由。

(1) 続くもの – はるか昔に撮影された、おばあちゃんの写真を探してみて。フィルムの永続性のゆるぎない証拠です。

(2) 自然発生すること – ロモグラフィーのゴールデンルールの6番は、‘Don’t Think (William Firebrace’) :考えるな、とにかく撮れ(ウィリアム・ファビアン)自然に素敵な写真が生まれていきます。

(3) 信頼に足るべきもの。

(4) 上品 – 気取らないクールさのある白黒フィルム写真に勝るものはありません。

(5) 伝統的– アナログは始まりの場所であり、アナログは現在です。

(6) 簡単 – オートフォーカスからでもアナログを始められます!

(7) 触れられるもの。 – その手でプリントされた写真を感じて、つかんで、触って。それはあなたが創り出した写真です。

(8) 本物、純粋なもの。

(9) アナログ写真は、感情を表現します。

(10) 35mm フィルムは鮮やかな色を与えます。

(11) 35mm フィルムはよりよい色を与えます。

(12) フィルム写真はアーティスティック。

(13) フィルム写真はセクシー。

(14) フィルム写真は安全。– 最新機能のデジカメよりも、あなたが手につかんだFisheyeは、道端で襲われる可能性は高くありません。

(15) 精密度 – デジタルは補正する(推測)。フィルムは知っている。

(16) シャープなピント

(17) 自然な色 (もしあなたが望むなら!)

(18) 一度写真を撮ったなら、あなたは進歩する。次の写真へゴー!

(19) うまくいった時、奇跡が起こる。うまくいかなかったときでも、なんらかの形でうまくいく。ぼやけた写真でも、冷蔵庫に貼りつけられる。だってそれも個性を持っているから!

(20) 液晶ディスプレーなんてありません。リラックスしない人生なんて考えられない!

(21) あなたがアナログ写真を撮る時、あなたはその瞬間にいます。

(22) デジタルへの全ての利益 (もしあなたが望むなら!)

(23) 素敵なアクシデントはプライスレス。

(24) ゆっくりなことはよいこと。 – アナログ写真ができあがるまでには時間がかかるでしょう。でもそれは、とっておきで価値のあることを創造する時間。

(25) 愛すべき粒子感 – フィルム写真は粒子を見せます。デジタル写真には決して粒子を見ることができません。なぜなら粒子を持つフィルムではないから。

(26) デジタルは忘れられてしまうもの。 – あなたのコンピューターにある「マイピクチャ」の写真が消えてしまったら、もう二度と見ることはできません。

(27) ダイナミック・レンジ。フィルムは、小さな細部まで保存します。

(28) フィルムはコンピューターウィルスに感染することはありません!

(29) コントロール – フィルムを選び、絞りを選び、シャッタースピードを選ぼう。

(30) 現像されたフィルムを受け取る時に、あなたが得る期待の感覚。

(31) 物理的結合 – あなたの写真は0や1でつくられたものではなく、フィルムに当たった光から作られます。

(32) 学ぶ過程 – ある人はフィルム写真は難しいと言います。でも違います。それはあなたにより多くのことを教えるだけ。

(33) パーフォレーション穴!– デジタル写真にはアナログ写真の特長であるこれを見ることはできません。

(34) フィルムは長~~~~時間露光に有利。

(35) 利益

Lomography 35mm filmで全てのラインナップを探検しよう!

なぜフィルムがすばらしいのか、 ロモグラフィーの10の予言 のマイクロサイトでより詳しい情報をどうぞ。

豪華な賞が当たる、 Shoot your Prophecy Rumble

Credits: rater

2011-03-02 #lifestyle #film #analogue #love #future # #reasons # tomas_bates の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【直営店Lomography+】期限切れフィルムフェア開催中!

    2018-02-21 olderndaze の記事
    【直営店Lomography+】期限切れフィルムフェア開催中!

    直営店Lomography+にて期限切れフィルム各種を限定販売中!Lomographyフィルムや他社製の生産終了品を大放出。なんと、期限切れ品はすべて定価の30%OFFで販売いたします!もしかしたらレアなフィルムが見つかるかも?

  • 《★学生歓迎》Lomography+ ストアスタッフ募集中

    2017-07-14 refallinsasaki の記事
    《★学生歓迎》Lomography+ ストアスタッフ募集中

    直営店 Lomography+で働いてくれるスタッフを募集しています。販売からワークショップ、展示など、色んなアイデアを考えて行動できるかた大歓迎です。写真が好き、フィルムが好きな方はぜひご応募ください!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1