35mm フィルムを好きな35の理由

2011-03-02

フィルムはフォトグラファーの真のべストフレンド。 – そしてそれをどんなフィルムの種類でも証明する、35㎜フィルムを好きな35の理由。

(1) 続くもの – はるか昔に撮影された、おばあちゃんの写真を探してみて。フィルムの永続性のゆるぎない証拠です。

(2) 自然発生すること – ロモグラフィーのゴールデンルールの6番は、‘Don’t Think (William Firebrace’) :考えるな、とにかく撮れ(ウィリアム・ファビアン)自然に素敵な写真が生まれていきます。

(3) 信頼に足るべきもの。

(4) 上品 – 気取らないクールさのある白黒フィルム写真に勝るものはありません。

(5) 伝統的– アナログは始まりの場所であり、アナログは現在です。

(6) 簡単 – オートフォーカスからでもアナログを始められます!

(7) 触れられるもの。 – その手でプリントされた写真を感じて、つかんで、触って。それはあなたが創り出した写真です。

(8) 本物、純粋なもの。

(9) アナログ写真は、感情を表現します。

(10) 35mm フィルムは鮮やかな色を与えます。

(11) 35mm フィルムはよりよい色を与えます。

(12) フィルム写真はアーティスティック。

(13) フィルム写真はセクシー。

(14) フィルム写真は安全。– 最新機能のデジカメよりも、あなたが手につかんだFisheyeは、道端で襲われる可能性は高くありません。

(15) 精密度 – デジタルは補正する(推測)。フィルムは知っている。

(16) シャープなピント

(17) 自然な色 (もしあなたが望むなら!)

(18) 一度写真を撮ったなら、あなたは進歩する。次の写真へゴー!

(19) うまくいった時、奇跡が起こる。うまくいかなかったときでも、なんらかの形でうまくいく。ぼやけた写真でも、冷蔵庫に貼りつけられる。だってそれも個性を持っているから!

(20) 液晶ディスプレーなんてありません。リラックスしない人生なんて考えられない!

(21) あなたがアナログ写真を撮る時、あなたはその瞬間にいます。

(22) デジタルへの全ての利益 (もしあなたが望むなら!)

(23) 素敵なアクシデントはプライスレス。

(24) ゆっくりなことはよいこと。 – アナログ写真ができあがるまでには時間がかかるでしょう。でもそれは、とっておきで価値のあることを創造する時間。

(25) 愛すべき粒子感 – フィルム写真は粒子を見せます。デジタル写真には決して粒子を見ることができません。なぜなら粒子を持つフィルムではないから。

(26) デジタルは忘れられてしまうもの。 – あなたのコンピューターにある「マイピクチャ」の写真が消えてしまったら、もう二度と見ることはできません。

(27) ダイナミック・レンジ。フィルムは、小さな細部まで保存します。

(28) フィルムはコンピューターウィルスに感染することはありません!

(29) コントロール – フィルムを選び、絞りを選び、シャッタースピードを選ぼう。

(30) 現像されたフィルムを受け取る時に、あなたが得る期待の感覚。

(31) 物理的結合 – あなたの写真は0や1でつくられたものではなく、フィルムに当たった光から作られます。

(32) 学ぶ過程 – ある人はフィルム写真は難しいと言います。でも違います。それはあなたにより多くのことを教えるだけ。

(33) パーフォレーション穴!– デジタル写真にはアナログ写真の特長であるこれを見ることはできません。

(34) フィルムは長~~~~時間露光に有利。

(35) 利益

Lomography 35mm filmで全てのラインナップを探検しよう!

なぜフィルムがすばらしいのか、 ロモグラフィーの10の予言 のマイクロサイトでより詳しい情報をどうぞ。

豪華な賞が当たる、 Shoot your Prophecy Rumble

Credits: rater

2011-03-02 #lifestyle #film #analogue #love #future # #reasons # tomas_bates の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • 【ビギナーズ必見】ロモグラファーのフィルムガイド!

    2017-03-01 #gear #ニュース #ビデオ Lomography の記事
    【ビギナーズ必見】ロモグラファーのフィルムガイド!

    アナログカメラビギナーでも、プロのフォトグラファーでも、映画監督でも、ロモグラファーはあらゆる方の創造力を後押しするべく、豊富なフィルムをご用意しています!ここでは35㎜、120、110、16mmのフォーマットまで、ロモグラフィーのフィルムをすべてご紹介致します。

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • Lomographyのインスタントカメラを一挙ご紹介!

    2017-03-09 #gear #ビデオ Ivana Džamić の記事
    Lomographyのインスタントカメラを一挙ご紹介!

    撮った瞬間に写真をシェアできる、そんなインスタントカメラ好きな方は必見!今日はロモグラフィーのLomo’Instantシリーズの種類や機能について一挙ご紹介致します。あなたにぴったりのインスタントカメラを見つけましょう!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

    2017-05-08
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Color Negative F²/400 Watermark Edition が超数量限定で登場!

    2017-05-10 #gear #ニュース pan_dre の記事
    Color Negative F²/400 Watermark Edition が超数量限定で登場!

    販売開始後、世界中で即売り切れとなってしまった 35mmフィルム Lomography Color Negative F²/400。その美しいブルートーンの発色はすべてのフィルム愛好者を魅了し、再販を希望する声も多く寄せられました。そして今回、F²/400フィルムの新エディションが超数量限定で登場!

    2017-05-10
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18
  • BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    2017-02-05 #people shanti929 の記事
    BlackDog Wu: Lomo'Instant Wideでのポートレート撮影

    台湾を拠点とする写真家・BlackDog Wuはフルタイムのフォトグラファーでしたが、いまはコーヒーショップのオーナーをしています。いまでも写真を撮るのが大好きな彼は、Lomo'Instant Wideで台湾のストリートショットやポートレートを撮影してくれました!

    2017-02-05
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomography F²/400 film の第一印象:Ryan Razon

    2017-03-06 #people Lomography NYC の記事
    Lomography F²/400 film の第一印象:Ryan Razon

    Lomography NYCで働くフォトグラファーのスタッフが、早速新しいフィルムを試してみました。大人気のフィルム、果たしてどんな写真が撮れるのでしょうか?

    2017-03-06
  • 《★学生歓迎》Lomography+ ストアスタッフ募集中

    2017-07-14 refallinsasaki の記事
    《★学生歓迎》Lomography+ ストアスタッフ募集中

    直営店 Lomography+で働いてくれるスタッフを募集しています。販売からワークショップ、展示など、色んなアイデアを考えて行動できるかた大歓迎です。写真が好き、フィルムが好きな方はぜひご応募ください!

    2017-07-14
  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17