Lomography Diana+ - スタッフレビュー

60年代に生産されていた同じ名前のアイコン的カメラDianaの、忠実な復刻版。Diana+は、その最高の仕様をキープしながら、新しい機能も兼ねそろえています。 1960年代、このDianaと呼ばれるプラスチックカメラは、香港でブームを引き起こしました。Dianaは、Great Wall Plastics factory製の軽量な中判フォーマットカメラです。それは安価で、簡単に使用でき、アナログファンが夢中になるような、ドリーミーで、ソフトフォーカスなイメージを生み出すことができます。 Diana は、ライバル会社の想像をかき立て、コピー商品や、この象徴的カメラの複製を創り出すような、大ヒット商品でした。

Diana+のショップページへ

1970年代中期より、より手軽な35㎜インスタントカメラがこのスポットライトを奪いました。そして、Dianaとそのクローンモデルは、ノベルティーや中古カメラ屋の主要商品にすぎなくなりました。こうして、アジアでの人気は、徐々に薄れていったのです。

しかし、西洋のアーティストや写真家の一部が、Dianaが当たり前に生み出すことができるそのクリエイティブなポテンシャルに気付き始めました。あなたは、この安価なプラスチックカメラから何を予想することができますか?予想できない光漏れ、ぼけ、そしてビネット。このカメラが創り出す「失敗」は、人の心を惹きつけます。このカメラの需要は飛躍的に上昇し、同様に価格も高騰しました。- このレアなプラスチックカメラは、中古カメラ屋で1ドルから、100ドル以上を越える価値になったのです!

ウィーンのロモグラフィー本社ではどうだったのでしょう。そう、誰もがDianaに夢中になりました。クラシックな美しさに加えて、そのカメラが撮ることができる写真のクオリティー。光漏れしやすく、ぼやけがあり、そのイメージは、夢の中のスチール写真のよう!当然、ロモグラファーやアナログファンも、夢中になりました。そしてその時から、ロモグラフィーの挑戦が始まりました。それは、コミュニティーの皆さまが大金を支払うことなく、このレアな逸品を安定して手に入れられるようにすること。幸いなことに、私たちは、プラスチックカメラのデザインと製造によく精通していました。その為、部品を分解し、初めから組み立て直すことができます。私たちは、Dianaの全ての素晴らしい仕様を保持することに賛同し、更に機能強化を投入しました。こうして、Diana+が誕生しました。

「+(プラス)」は、オリジナルのDianaと同じ、中国で製造されています。オリジナル型の複製で成型し、やわらかい青色にペイントされ、レンズは、予測できない、ローファイなイメージが生まれるようデザインされました。 Diana+は完璧にオリジナルの生き写しです。もちろん、「+」という名前は、追加された仕様である、ピンホール機能、パノラマイメージを撮影可能な能力などを語らずには呼ぶことはできません。

ピンホール機能の可能性はどうでしょうか?単純にレンズを回し外し、あなたのDiana+を手にすれば、ピンホールの準備は完了です。オリジナルのように、それは120フォーマットのフィルムを使用し、12枚または16枚撮影の選択肢があります。そして、「+」は、エンドレスパノラマフォーマット撮影も可能にします。また、このカメラには、二つのシャッタースピードがあります。 – ‘N’ は日中用に。 ‘B’ は夜間や長時間露光に。あなたはまた、フィルムを巻き上げるかどうかで多重露光も撮影することができます。選択はあなたにあります。

自慢のクラシックで素敵な見た目と、クリエイティブな可能性を探求する為の機能を兼ねそろえたカメラ。 – それがあなたがDiana+で得られること!

Diana+を購入する
Diana+のマイクロサイトへ
Diana+の魅力やリンクはこちらへ
Diana+とHolgaの違いは?
Diana+サンプル写真をたくさん見たい!

2011-03-08 #レビュー #120 #mf #review #lomography #staff #diana shhquiet の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • Lomo Lubitel the Love Spy

    2015-07-31 #gear #ライフスタイル K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel the Love Spy

    マニュアルフィルムカメラで誰かを写すということは、その人物が細部まで写されるに値するということです。Lomo Lubitelはたくさんのバラ色の恋愛シーンを写し出してきました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    2015-03-20 #gear #ニュース #ビデオ shhquiet の記事
    新登場:Pixelstick — 未来のライトペインティングツール

    今まで、自分の手からサイコウェーブを放出してみたいと思ったことはありませんか?ついに、そんな夢が敵う時代になりました!Pixelstick は200色のフルカラーLEDを搭載した全長1.8mのライトペインティングツールです。このスティックを使えば、今までの常識を覆す近未来的で超ハイレベルなライトペインティング体験ができます!

  • ミステリープロダクト:発表は本日18:00!

    2015-04-30 #gear #ニュース shhquiet の記事
    ミステリープロダクト:発表は本日18:00!

    火曜日の重大発表を見逃した方の為にもう一度言います。ロモグラフィーの新しい商品が発売されます!そして発表は日本時間で本日18時!そしてこの記事でも新商品のヒントとして、30枚のアナログストリートスナップ写真を集めました。さあ、ヒントはこれだけです。新商品の正体を想像してみてください!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • *募集終了*【GOLDEN WEEKスペシャルワークショップ】『LC-A120×LomoChrome Turqouise』開催決定!

    2015-04-27 #world #ニュース #イベント lomographyplus の記事
    *募集終了*【GOLDEN WEEKスペシャルワークショップ】『LC-A120×LomoChrome Turqouise』開催決定!

    今年のゴールデンウィークもLomographyのカメラ達と楽しんじゃいましょう!Lomography+ではこのGWにぴったりなワークショップを開催します!今回のワークショップではLC-A 120とLomoChrome Turquoiseフィルムを使っていただきます。発売したばかりの両商品、気になっていて試したかったという方も多いのでは?そんな方は是非このワークショップで両方いっぺんにお楽しみください!

  • 冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    2015-10-30 #gear #ニュース shhquiet の記事
    冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    今年もクリスマスシーズンが近づいてきました!これからは家族、友人、恋人との大切な思い出がたくさん増える季節です。お休みの日にスキーに出かけたり、雪降る景色を窓から眺めながらホットココアを飲んで温まったり、友達とクリスマスパーティーではしゃいだり…想像するだけでワクワクしてきますよね。そんなクリスマス気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場しました!

  • 動物達の表情をフレームいっぱいに撮影したいなら、DIana F +のtelephoto lensを使ってみて!

    2015-03-05 #gear #レビュー masaka の記事
    動物達の表情をフレームいっぱいに撮影したいなら、DIana F +のtelephoto lensを使ってみて!

    動物園に行く時にカメラを持っていかないロモグラファーなんていないよね? でも動物達との距離が遠すぎて歯がゆい思いをした人も多いはず。 そんな人はぜひDIana F +とtelephoto lensを手に入れて!