Lomography Diana+ - スタッフレビュー

2011-03-08

60年代に生産されていた同じ名前のアイコン的カメラDianaの、忠実な復刻版。Diana+は、その最高の仕様をキープしながら、新しい機能も兼ねそろえています。
1960年代、このDianaと呼ばれるプラスチックカメラは、香港でブームを引き起こしました。Dianaは、Great Wall Plastics factory製の軽量な中判フォーマットカメラです。それは安価で、簡単に使用でき、アナログファンが夢中になるような、ドリーミーで、ソフトフォーカスなイメージを生み出すことができます。 Diana は、ライバル会社の想像をかき立て、コピー商品や、この象徴的カメラの複製を創り出すような、大ヒット商品でした。

Diana+のショップページへ

1970年代中期より、より手軽な35㎜インスタントカメラがこのスポットライトを奪いました。そして、Dianaとそのクローンモデルは、ノベルティーや中古カメラ屋の主要商品にすぎなくなりました。こうして、アジアでの人気は、徐々に薄れていったのです。

しかし、西洋のアーティストや写真家の一部が、Dianaが当たり前に生み出すことができるそのクリエイティブなポテンシャルに気付き始めました。あなたは、この安価なプラスチックカメラから何を予想することができますか?予想できない光漏れ、ぼけ、そしてビネット。このカメラが創り出す「失敗」は、人の心を惹きつけます。このカメラの需要は飛躍的に上昇し、同様に価格も高騰しました。- このレアなプラスチックカメラは、中古カメラ屋で1ドルから、100ドル以上を越える価値になったのです!

ウィーンのロモグラフィー本社ではどうだったのでしょう。そう、誰もがDianaに夢中になりました。クラシックな美しさに加えて、そのカメラが撮ることができる写真のクオリティー。光漏れしやすく、ぼやけがあり、そのイメージは、夢の中のスチール写真のよう!当然、ロモグラファーやアナログファンも、夢中になりました。そしてその時から、ロモグラフィーの挑戦が始まりました。それは、コミュニティーの皆さまが大金を支払うことなく、このレアな逸品を安定して手に入れられるようにすること。幸いなことに、私たちは、プラスチックカメラのデザインと製造によく精通していました。その為、部品を分解し、初めから組み立て直すことができます。私たちは、Dianaの全ての素晴らしい仕様を保持することに賛同し、更に機能強化を投入しました。こうして、Diana+が誕生しました。

「+(プラス)」は、オリジナルのDianaと同じ、中国で製造されています。オリジナル型の複製で成型し、やわらかい青色にペイントされ、レンズは、予測できない、ローファイなイメージが生まれるようデザインされました。 Diana+は完璧にオリジナルの生き写しです。もちろん、「+」という名前は、追加された仕様である、ピンホール機能、パノラマイメージを撮影可能な能力などを語らずには呼ぶことはできません。

ピンホール機能の可能性はどうでしょうか?単純にレンズを回し外し、あなたのDiana+を手にすれば、ピンホールの準備は完了です。オリジナルのように、それは120フォーマットのフィルムを使用し、12枚または16枚撮影の選択肢があります。そして、「+」は、エンドレスパノラマフォーマット撮影も可能にします。また、このカメラには、二つのシャッタースピードがあります。 – ‘N’ は日中用に。 ‘B’ は夜間や長時間露光に。あなたはまた、フィルムを巻き上げるかどうかで多重露光も撮影することができます。選択はあなたにあります。

自慢のクラシックで素敵な見た目と、クリエイティブな可能性を探求する為の機能を兼ねそろえたカメラ。 – それがあなたがDiana+で得られること!

Diana+を購入する
Diana+のマイクロサイトへ
Diana+の魅力やリンクはこちらへ
Diana+とHolgaの違いは?
Diana+サンプル写真をたくさん見たい!

2011-03-08 #gear #120 #review #staff #mf #lomography #diana shhquiet の記事
翻訳 kyonn

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

    2017-06-04
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture lomographymagazine の記事
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!

    2017-04-11
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    2017-01-02 #culture #people breaking_the_skys の記事
    ある種の魔法としての人生(写真):Rita Cordeiro

    SNSと密接に結びついたデザイン芸術、織物、そして写真をすべて融合させたら何が起こるでしょう?それは魔法のような出来事です。少なくとも、Rita Cordeiroはそう呼びます。今日は彼女のInstagramから、個人的もしくはブランドのために撮影された美しい写真たちをご紹介いたします!

    2017-01-02
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    2017-03-07 #people lomographysoholondon の記事
    David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    熱心なフォトグラファーでありアナログ愛好家であるDavid Scardは、プリピチャ、チェルノブイリへの旅行にDiana F+を連れていきました。Davidは悲惨な歴史によって有名な街を、美しくも忘れがたい風景に収めました。その貴重な体験について伺ったインタビューとともにご覧ください!

    2017-03-07