フィルムの塩漬け

2011-03-13

あなたの写真に塩を少々。とても簡単な実験ですが、あなたに苦い思いはさせません!

*必ず注意事項をお読み頂き、全てご了承頂いた上で、フィルムの可能性をお楽しみください。

注意事項:フィルムを使ったテクニック記事について

あなたの飲んでいるスープに塩が足りない?それでは、そのフィルムには?

必要なもの:ボール、現像済みのネガ、水、塩、スキャナー

1. 塩と水をボールの中で混ぜる。(比率は、塩1:水3。1:5または1:10でも構いません。あなたの勇気と度胸次第です)
2. 塩水の中にネガを投入。
3. 少しの間、漬けておきましょう。最低でも数分!
4. 取り出して、乾かしましょう。
5. 最後にスキャンです。もし成功ならば、あなたの写真には塩の結晶が現れているでしょう!

2011-03-13 #gear #tutorials # #tipster # # # mandi の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18
  • LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    2016-06-29 ciaoannacotta の記事
    LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    「フィルム写真、何で好きなの?」に対して「●●だから!」とすぐ答えられる人もいれば、「なんとなく(なんだよなぁ)」と少し悩む方もいらっしゃると思います。ここロモグラフィーはフィルム愛で溢れています。中でもLC-A+やLC-Wideを愛用している方は日常的にフィルムで写真を撮っている方がほとんど。いままでロモグラフィージャパンが出会ったLC-Aラヴァ―の方を、今日は一挙にご紹介!またあなたが街で見かけたLC-A話があれば、ぜひコメント欄に投稿してください♪

    2016-06-29
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • 花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    2016-06-30 #gear #tutorials easilydistracted の記事
    花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    花火の撮影をフィルムでするのは少し勇気がいることだったりしますが、ISO感度の高いLomography CN ISO800とバルブモードのあるカメラがあるとほら、こんなにクッキリと写ります!またバルブモードのないLC-A+をバルブモードに変身させるコツもお教えします!

    2016-06-30
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

    2016-05-02
  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

    2016-07-14
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    2016-09-14 Ciel Hernandez の記事
    モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    モノクロ写真のいいところは、ただクラシックでかっこよく見えるだけではありません!実はモノクロ写真は、撮影技術にもいい影響を与えてくれるって知っていましたか?

    2016-09-14
  • Taking Back Tipsters: 写真にテクスチャーを

    2016-01-18 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Taking Back Tipsters: 写真にテクスチャーを

    フィルム写真はシャープにクリアに写すことだけが全てではありません。霧がかかったようなフォギーでダークな写真も楽しみましょう。

    2016-01-18
  • First Impressions of the New Jupiter 3+ Art Lens: Morgane

    2016-02-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of the New Jupiter 3+ Art Lens: Morgane

    ロマンチックな街角に、スウィートなカフェタイム。クローズアップでボケ効果を出せば、更に素敵な思い出に。パリジェンヌMorganeのNew Jupiter 3+体験を、彼女が撮影した写真と共にお楽しみください!

    2016-02-10