「写真と人」中村美鶴、LOMO LC-A+で撮る

2006年より5年間に渡り、フリーペーパー「写真と人」をたった一人で、企画・編集・撮影・デザイン・発行し、多くのバンドマンの方々へインタビューを行ってきた中村美鶴
現在、浅草のギャラリーPIPPOにて、写真展&ライブイベントも開催されています。素晴らしい行動力を持つ彼女のインタビュー及び、LOMO LC-A+写真をご紹介いたします。

photo by umiQ(へきれき)with LOMO LC-A+

中村美鶴氏制作の「写真と人」は、写真を本業にしていない人(主にバンドマン)にカメラを渡して好きな写真を撮ってきてもらおう、というコンセプトの100%手折りの手作りフリーペーパー。 2006年4月より創刊され、以来発行部数、配布場所共に伸び続けています。現在(2011年春)、創刊5周年を記念して写真展&ライブイベントを開催中。フリーペーパー制作に伴い、多くのバンドマンの皆さんにアグレッシブにインタビューや写真撮影の協力依頼などの編集にも全て携わっている彼女。今回は逆に彼女自身についてご本人が撮影されたLOMO LC-A+写真と共にインタビューさせて頂きました。

お名前: 中村美鶴
都市: 東京
国: 日本

簡単な自己紹介をお願いします。
写真家です。2006年の4月から「写真と人」というフリーペーパーを作っています。ポートレートを撮るのが好きです。

いつ頃からロモグラフィーのカメラを使っていますか?また、LOMO LC-A+はいつ頃、どんな出会いで使い始めましたか?
2010年の12月に、ロモさんからいただき、使い始めました。以前からロモのことは知っていましたが、わたしにとってはこれが初のロモ、初のLC-A+です。

LOMO LC-A+で撮影していて、印象的な出来事や、驚いてしまった思い出があればお聞かせください。
トイカメラを使うのが初めてだったので、いわゆるトイカメラで撮ったような写真を撮らなくては、と少し構えていたのですが、他のロモグラファーさんの写真を拝見して、普通にきれいな写真も撮れるのだと知ってからは素直に撮りたいものを撮ることができました。今回選んだ写真は普通の写真が多いですが、撮ってみて、無理にそれらしさを出そうとしなくても普通に撮るだけでもロモらしさは出るのだな、とわかりました。仕上がりの予想がつかないので、撮るときも仕上がりを見るときもドキドキわくわくしています。

LOMO LC-A+を一言で表すと?
Simple is the best. 操作性もシンプルだし、シンプルに撮りたいものを撮るのにぴったりだなぁと思います。撮り方次第でいろんな写真が撮れるのも魅力的だと思います。

写真をとる際に気を付けていることはありますか?
被写体を見つめること。あと、素直な気持ちで撮りたいと思っています。なるべく嘘がないように。

『写真と人』を制作しようと思ったきっかけは?なぜウェブサイト等ではなく紙というアナログな媒体を選んだのですか?
もともと紙媒体が好きで、フリーペーパーで写真が撮りたい、フリーペーパーを作りたい、というだけで作り始めました。なのでwebという選択肢はなかったです。

このフリーペーパー制作に関してなにか印象的なエピソードがありましたら教えてください。
撮影で行ったことのない場所に行けることが多くて、毎回楽しいのですが、特に江ノ島での撮影の帰りにタイミングよく花火が見れたのはラッキーでした。

『写真と人』五周年ということで、写真と人を始めた当初と現在で、何か変わったこと、変わらなかったことは何ですか?
変化は、とにかく人との出会いがたくさんあったことです。ロモグラフィーの皆さんと繋がることができたのも、そのひとつです。写真も、人も、もっと好きになりました。変わらないことは、相変わらず人見知りだということ(笑)。カメラがあると少し平気です。

沢山の方に写真を通してインタビューをされていますがインタビューする際にいつも心がけていることはありますか?
その人自身を少しでも知ることができるようなインタビューにしたいと思っています。

もし、ここ(LomoAmigosインタビュー掲載ページ)に紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。
1 冷たい頬/スピッツ
2 春風/くるり
3 ジンジャーエール/へきれき
歌詞云々じゃなく、単純に写真に合う音楽を選んでみました。

国内でも海外でも、架空の場所でも好きなところへ行けるとしたら、どこにLOMO LC-A+を持って撮影に行きたいですか?イメージされている詳しいシチュエーションもあれば是非。
北海道か沖縄。北海道なら広い空と草原、沖縄は青い空と海を撮りたいです。ただの風景じゃなくて誰かがいると更によし。

生死を問わず、誰か一人撮影出来るとしたら、誰を撮ってみたいですか?
スピッツの草野マサムネさん。

もしおすすめやお気に入りのフィルムがあれば教えてください。
フジフイルムのNATURA1600はおすすめ。X-TRA400もよく使います。

ロモグラフィーのカメラやフィルムで、これからチャレンジしてみたいものはありますか?また、これからLOMO LC-A+で写真を撮り始める人たちにアドバイスやおすすめのポイントがあれば教えてください!
Spinner360°やHorizonなどのパノラマカメラ、あと昔二眼を持っていたこともありLubitel 166+が気になっています。
ロモだからと言って無理に面白い写真を撮ろうとせず、何でも好きに撮ればいいと思います!わたしもどんどん撮って、これから仲良くなろうと思っています。

中村美鶴 写真展「写真と人」 
浅草のギャラリー “PIPPO”にて開催中!

期間:2011年3月11日(金)~4月27日(水)

本インタビューでも話題に多く出てきた、「写真と人」のバックナンバーも配布中とのこと。東北地方太平洋沖地震により、時間の変更もあるようですので、ご来場の方はぜひウェブサイトをチェックしてからお願いいたします。

写真と人ウェブサイト
写真と人制作日記
ギャラリーPIPPOウェブサイト
写真と人 創刊5周年記念 写真展&イベント開催 (ロモグラフィーサイトイベントページ)

2011-03-24 #people #lc-a #lomoamigo # # # kyonn の記事

他の記事を読む

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • nao ashidachi × Lomography『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパー配付中

    2018-03-20 refallinsasaki の記事
    nao ashidachi × Lomography『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパー配付中

    東京の街と人物を日々撮り続けるフォトグラファーの あしだち なおさん。今回、コラボ企画として『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパーを作りました。 その中身を少しだけご紹介します!さらにフリーペーパーには収まりきらなかった写真も大公開。

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Kodak Aerochromeフィルムで撮影したドロマイト山

    2017-12-28
    Kodak Aerochromeフィルムで撮影したドロマイト山

    その昔カルト的な人気を誇った Kodak Aerochromeフィルム。今回はその希少なフィルムで、Francescoと Andrea Padovaniが撮影したドルマイト(白雲岩)山の写真をご紹介。この美しいトーンとドロマイト山の不思議な風景に吸い込まれそうになりますね。

  • 【イベントレポート】写真で振り返る CP+ 2018

    2018-03-26 refallinsasaki の記事
    【イベントレポート】写真で振り返る CP+ 2018

    パシフィコ横浜で4日間にわたり行われた「CP+(シーピープラス) 2018」が今年も無事に終了しました!今日は撮影した写真と一緒にイベントの様子を振り返ってみましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!