ミュージシャンBibio、DianaF+で撮る

イギリスのミュージシャン「Bibio」。常に変化し続ける彼の楽曲は多くの人々を魅了しています。彼はカメラのボケ効果をこよなく愛しており、最新のアルバムには「Mind Bokeh」という名前まで付けています。ここでは彼が刺激されるものについて少しだけ語ってくれました。

本名 スティーヴン.ウィルキンソン(Stephen James Wilkinson)
年齢 32歳
出身地 ウォルヴァー.ハンプトン(Wolverhampton)

簡単な自己紹介をお願いします。

こんにちは、Bibioと言います。以前はMushレコードからCDを出していましたが、現在はWrapレコードという会社から出しています。僕は色々な楽器を演奏するマルチプレイヤーであり、プロデューサー、写真家でもあり、料理好きのアマチュアコックでもあります。

あなたの音楽について、教えて下さい

僕の音楽はかなり変化に富んだスタイルだと思っています。ですが、体で感じることを大切にしているので、サンプルの音などに頼らず自分自身で演奏するようにしています。僕は大抵、自分を刺激してくれる音楽に夢中になっています。そういう音楽は僕を、そしてきっとあなたもどこかへ飛び立たせてくれると思います。とにかく動きだしたくなるような音楽が好きなんです。そのため、自分の曲にもそういう衝動のようなモノを詰め込もうとしています。私はアナログなものが好きです。特にタイプライターが一番好きですね。

どうして最新のアルバムのタイトルを「Mind Bokeh」と名付けたのですか?

私は元々写真が好きで、写真の友人を通してボケという言葉を知りました。この単語はどこか普通ではなく、私の心を惹きつけるんです。背景がボケるというこの発想は、どこか心理学や精神の知覚というものに似ていて、写真そのものよりもボケのほうが気になってしまうんです。私は考えるということが好きなので、精神や知覚の分野にとても興味があるんです。

どうしてボケという効果がこんなにも魅力的なのだと思いますか?

おそらく、実際の目では見ることが出来ないからではないでしょうか?ある程度は自分の目でもピントをボケさせたりできますが、ボケというのはカメラという道具を通してだけ見られる魔法のようなものだと思うんです。なのでボケの効果を見るたびにいつもワクワクします。それは例えるならば映画のTaxi Driverのイントロを見ているような気分ですね。そして昔の野生動物のドキュメンタリーなどで、太陽を映した時にできる六角形のレンズフレアにもよく似ていると思います。そういう美しさ達は、いわゆる文明の利器によって生み出された人工的な美しさだと思います。けれど私はそれらは本当に美しいものだと素直に思います。 道具などを通さずに見える、そういう美しさに最も近いものは、晴れた日の木の下で見られる木漏れ日だと思います。木の葉や枝からこぼれる光の線や、光の形が見えるあの現象は神秘的で美しく、とても好きなんです。

ロモグラファー歴はどのくらいですか?

私は LC-A+ を持っていて数年間使っています。私はフィルムが好きで、やはり特にボケの効果が好きです。 Holga 120CN も好きで、お気に入りの何枚かはこのカメラで撮られています。Rolleiflex TLRも好きで、去年は白黒の自家現像にも挑戦してみました。私は何でも自分でやることが好きなので、フルマニュアルのカメラの操作感、自分で撮った写真を自分で現像することはとても嬉しい気持ちになりますね。現代はデジタルカメラが主流で、一瞬で全てをこなしてしまう便利さがあります。しかし便利さの裏で、より良い写真を撮ろうとする努力と取れた時の満足感、そして手間暇をかけて一枚の写真をとる喜びというものを少し薄れさてしまったかなと思います。

お気に入りの写真を見せてください

これです。この写真には僕がどれだけ音楽とサウンドを求めているかが表れていると思います!Mind Bokehを聞いているときに浮かぶイメージとぴったり合うんです。

もし、あなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。(タイトルとアーティスト名をお願いします)

1. Riversong-Malcolm Cecil and Robert Margouleff
2. Kodomotachi-ススム・ヨコタ3.エチュード
3. 作品10 第5番-ショパン

これからはどんなBibioワールドをお見せしていただける予定ですか?

もっと音楽を、もっと映像を、そしてもっとライブのエレクトロニックセットを・・・そしてショートビデオやショートムービー、写真集などを作れたらいいなと思っています。

現在五人のロモグラファーにBibioのグッズが当たるコンペティションを開催中です詳しい情報はこちらへ Bibio x Lomography Rumble

そしてBibioと学ぶ ボケテクニック

Bibioの最新アルバムはまず3月28日にアメリカで発売され、4月4日に全世界で発売されます。

こちら から一曲のみ無料でダウンロードか可能です。

こちら から ビデオクリップや楽曲の視聴が可能です。

最後に、 こちら からプレオーダーが可能です。

2011-04-07 #people #bokeh #london #uk #lgs #lomoamigo #bibio # littlemisslove の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    2017-11-17 #ニュース #people #ビデオ florinegarcin の記事
    "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    フランスのフォトグラファー、そして映像作家でもある Diane Sagnier。彼女は過去6年以上にわたり、ロモグラフィーのレンズやカメラを使って撮影を続けています。今回彼女が撮影したのは、Jackie Moontanのミュージックビデオ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

    2017-09-29 #ビデオ refallinsasaki の記事
    Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

    Father John Misty こと Josh Tillman は米メリーランド出身のシンガーソングライター。今年7月、FUJI ROCK FESTIVAL 2017 で来日した彼に、アルバム『Pure Comedy』について、アナログブームについて、そして写真について、たくさん語っていただきました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    2018-01-24 refallinsasaki の記事
    2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!