ミュージシャンBibio、DianaF+で撮る

イギリスのミュージシャン「Bibio」。常に変化し続ける彼の楽曲は多くの人々を魅了しています。彼はカメラのボケ効果をこよなく愛しており、最新のアルバムには「Mind Bokeh」という名前まで付けています。ここでは彼が刺激されるものについて少しだけ語ってくれました。

本名 スティーヴン.ウィルキンソン(Stephen James Wilkinson)
年齢 32歳
出身地 ウォルヴァー.ハンプトン(Wolverhampton)

簡単な自己紹介をお願いします。

こんにちは、Bibioと言います。以前はMushレコードからCDを出していましたが、現在はWrapレコードという会社から出しています。僕は色々な楽器を演奏するマルチプレイヤーであり、プロデューサー、写真家でもあり、料理好きのアマチュアコックでもあります。

あなたの音楽について、教えて下さい

僕の音楽はかなり変化に富んだスタイルだと思っています。ですが、体で感じることを大切にしているので、サンプルの音などに頼らず自分自身で演奏するようにしています。僕は大抵、自分を刺激してくれる音楽に夢中になっています。そういう音楽は僕を、そしてきっとあなたもどこかへ飛び立たせてくれると思います。とにかく動きだしたくなるような音楽が好きなんです。そのため、自分の曲にもそういう衝動のようなモノを詰め込もうとしています。私はアナログなものが好きです。特にタイプライターが一番好きですね。

どうして最新のアルバムのタイトルを「Mind Bokeh」と名付けたのですか?

私は元々写真が好きで、写真の友人を通してボケという言葉を知りました。この単語はどこか普通ではなく、私の心を惹きつけるんです。背景がボケるというこの発想は、どこか心理学や精神の知覚というものに似ていて、写真そのものよりもボケのほうが気になってしまうんです。私は考えるということが好きなので、精神や知覚の分野にとても興味があるんです。

どうしてボケという効果がこんなにも魅力的なのだと思いますか?

おそらく、実際の目では見ることが出来ないからではないでしょうか?ある程度は自分の目でもピントをボケさせたりできますが、ボケというのはカメラという道具を通してだけ見られる魔法のようなものだと思うんです。なのでボケの効果を見るたびにいつもワクワクします。それは例えるならば映画のTaxi Driverのイントロを見ているような気分ですね。そして昔の野生動物のドキュメンタリーなどで、太陽を映した時にできる六角形のレンズフレアにもよく似ていると思います。そういう美しさ達は、いわゆる文明の利器によって生み出された人工的な美しさだと思います。けれど私はそれらは本当に美しいものだと素直に思います。 道具などを通さずに見える、そういう美しさに最も近いものは、晴れた日の木の下で見られる木漏れ日だと思います。木の葉や枝からこぼれる光の線や、光の形が見えるあの現象は神秘的で美しく、とても好きなんです。

ロモグラファー歴はどのくらいですか?

私は LC-A+ を持っていて数年間使っています。私はフィルムが好きで、やはり特にボケの効果が好きです。 Holga 120CN も好きで、お気に入りの何枚かはこのカメラで撮られています。Rolleiflex TLRも好きで、去年は白黒の自家現像にも挑戦してみました。私は何でも自分でやることが好きなので、フルマニュアルのカメラの操作感、自分で撮った写真を自分で現像することはとても嬉しい気持ちになりますね。現代はデジタルカメラが主流で、一瞬で全てをこなしてしまう便利さがあります。しかし便利さの裏で、より良い写真を撮ろうとする努力と取れた時の満足感、そして手間暇をかけて一枚の写真をとる喜びというものを少し薄れさてしまったかなと思います。

お気に入りの写真を見せてください

これです。この写真には僕がどれだけ音楽とサウンドを求めているかが表れていると思います!Mind Bokehを聞いているときに浮かぶイメージとぴったり合うんです。

もし、あなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。(タイトルとアーティスト名をお願いします)

1. Riversong-Malcolm Cecil and Robert Margouleff
2. Kodomotachi-ススム・ヨコタ3.エチュード
3. 作品10 第5番-ショパン

これからはどんなBibioワールドをお見せしていただける予定ですか?

もっと音楽を、もっと映像を、そしてもっとライブのエレクトロニックセットを・・・そしてショートビデオやショートムービー、写真集などを作れたらいいなと思っています。

現在五人のロモグラファーにBibioのグッズが当たるコンペティションを開催中です詳しい情報はこちらへ Bibio x Lomography Rumble

そしてBibioと学ぶ ボケテクニック

Bibioの最新アルバムはまず3月28日にアメリカで発売され、4月4日に全世界で発売されます。

こちら から一曲のみ無料でダウンロードか可能です。

こちら から ビデオクリップや楽曲の視聴が可能です。

最後に、 こちら からプレオーダーが可能です。

2011-04-07 #people #bokeh #london #uk #lgs #lomoamigo #bibio # littlemisslove の記事
翻訳 peach0303

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • 【中判カメラの魅力】Kid RichardsがLC-A 120を初体験!

    2017-05-05 #people breaking_the_skys の記事
    【中判カメラの魅力】Kid RichardsがLC-A 120を初体験!

    お気に入りのミュージシャンをトリビュートした "Kid Richards" という名前で知られるBruno Cantanhedeはファッションと音楽に情熱を燃やしています。ここでは、彼がLC-A120を通して覗いた世界を共有してくれました!

    2017-05-05
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people lomographymagazine の記事
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

    2017-05-09
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    2017-05-06 #ニュース lomographysoholondon の記事
    Tristan Aitchison × LC-Wide:North Coast 500を横断する旅の記録

    Tristan Aitchisonはイギリスを拠点とする映画監督、写真家です。今回、彼はスコットランド高地の最北を横断する500マイルの旅をLC-Wideで記録してくれました!この美しい場所で彼が出会った丘やビーチ、風景を写真を通じて一緒に発見しましょう!

    2017-05-06
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

    2017-06-03 #gear #ニュース #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

    Camera Hannahとして知られているHannah Millardはイギリスを拠点に活躍するウェディングフォトグラファーで、ダービーシャー州に住んでいます。今回、彼女はNeptune Convertible Art Lens Systemを使ってキラキラ煌めく美しい作品を撮影してくれました!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear lomographysoholondon の記事
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

    2017-06-22
  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

    2017-02-28
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlie_cat の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

    2017-02-27