ミュージシャンBibio、DianaF+で撮る

2011-04-07

イギリスのミュージシャン「Bibio」。常に変化し続ける彼の楽曲は多くの人々を魅了しています。彼はカメラのボケ効果をこよなく愛しており、最新のアルバムには「Mind Bokeh」という名前まで付けています。ここでは彼が刺激されるものについて少しだけ語ってくれました。

本名 スティーヴン.ウィルキンソン(Stephen James Wilkinson)
年齢 32歳
出身地 ウォルヴァー.ハンプトン(Wolverhampton)

簡単な自己紹介をお願いします。

こんにちは、Bibioと言います。以前はMushレコードからCDを出していましたが、現在はWrapレコードという会社から出しています。僕は色々な楽器を演奏するマルチプレイヤーであり、プロデューサー、写真家でもあり、料理好きのアマチュアコックでもあります。

あなたの音楽について、教えて下さい

僕の音楽はかなり変化に富んだスタイルだと思っています。ですが、体で感じることを大切にしているので、サンプルの音などに頼らず自分自身で演奏するようにしています。僕は大抵、自分を刺激してくれる音楽に夢中になっています。そういう音楽は僕を、そしてきっとあなたもどこかへ飛び立たせてくれると思います。とにかく動きだしたくなるような音楽が好きなんです。そのため、自分の曲にもそういう衝動のようなモノを詰め込もうとしています。私はアナログなものが好きです。特にタイプライターが一番好きですね。

どうして最新のアルバムのタイトルを「Mind Bokeh」と名付けたのですか?

私は元々写真が好きで、写真の友人を通してボケという言葉を知りました。この単語はどこか普通ではなく、私の心を惹きつけるんです。背景がボケるというこの発想は、どこか心理学や精神の知覚というものに似ていて、写真そのものよりもボケのほうが気になってしまうんです。私は考えるということが好きなので、精神や知覚の分野にとても興味があるんです。

どうしてボケという効果がこんなにも魅力的なのだと思いますか?

おそらく、実際の目では見ることが出来ないからではないでしょうか?ある程度は自分の目でもピントをボケさせたりできますが、ボケというのはカメラという道具を通してだけ見られる魔法のようなものだと思うんです。なのでボケの効果を見るたびにいつもワクワクします。それは例えるならば映画のTaxi Driverのイントロを見ているような気分ですね。そして昔の野生動物のドキュメンタリーなどで、太陽を映した時にできる六角形のレンズフレアにもよく似ていると思います。そういう美しさ達は、いわゆる文明の利器によって生み出された人工的な美しさだと思います。けれど私はそれらは本当に美しいものだと素直に思います。 道具などを通さずに見える、そういう美しさに最も近いものは、晴れた日の木の下で見られる木漏れ日だと思います。木の葉や枝からこぼれる光の線や、光の形が見えるあの現象は神秘的で美しく、とても好きなんです。

ロモグラファー歴はどのくらいですか?

私は LC-A+ を持っていて数年間使っています。私はフィルムが好きで、やはり特にボケの効果が好きです。 Holga 120CN も好きで、お気に入りの何枚かはこのカメラで撮られています。Rolleiflex TLRも好きで、去年は白黒の自家現像にも挑戦してみました。私は何でも自分でやることが好きなので、フルマニュアルのカメラの操作感、自分で撮った写真を自分で現像することはとても嬉しい気持ちになりますね。現代はデジタルカメラが主流で、一瞬で全てをこなしてしまう便利さがあります。しかし便利さの裏で、より良い写真を撮ろうとする努力と取れた時の満足感、そして手間暇をかけて一枚の写真をとる喜びというものを少し薄れさてしまったかなと思います。

お気に入りの写真を見せてください

これです。この写真には僕がどれだけ音楽とサウンドを求めているかが表れていると思います!Mind Bokehを聞いているときに浮かぶイメージとぴったり合うんです。

もし、あなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。(タイトルとアーティスト名をお願いします)

1. Riversong-Malcolm Cecil and Robert Margouleff
2. Kodomotachi-ススム・ヨコタ3.エチュード
3. 作品10 第5番-ショパン

これからはどんなBibioワールドをお見せしていただける予定ですか?

もっと音楽を、もっと映像を、そしてもっとライブのエレクトロニックセットを・・・そしてショートビデオやショートムービー、写真集などを作れたらいいなと思っています。

現在五人のロモグラファーにBibioのグッズが当たるコンペティションを開催中です詳しい情報はこちらへ Bibio x Lomography Rumble

そしてBibioと学ぶ ボケテクニック

Bibioの最新アルバムはまず3月28日にアメリカで発売され、4月4日に全世界で発売されます。

こちら から一曲のみ無料でダウンロードか可能です。

こちら から ビデオクリップや楽曲の視聴が可能です。

最後に、 こちら からプレオーダーが可能です。

2011-04-07 #people #lomoamigo #uk #lgs #bokeh #london #bibio # littlemisslove の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

    2016-03-01
  • Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    2015-10-27 #gear jillytanrad の記事
    Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    ロモグラフィーコミュニティー内ではdopとして活動しているDiana。彼女はLomo'Instant Wideのプロトタイプをテストするレアな機会に恵まれました。彼女のLomo'Instant Wide体験を伺ったインタビューをこの記事でお楽しみください!

    2015-10-27
  • 経験収集家:井口佳亮

    2016-06-02 #people Eunice Abique の記事
    経験収集家:井口佳亮

    井口佳亮さんは写真家としてでも旅行者としてでもない方法で世界を記録し続けています。彼は経験を収集している、経験収集家です。彼がもうじき出版する写真集『Politics is for Losers,』は10年間にわたる長旅の中で、美しく力強い魂を捉えてきた一冊です。

    2016-06-02
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • タイ語で「カメラ」を意味する言葉を名にする男がDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影

    2016-05-15 #gear #ニュース #people Lomography の記事
    タイ語で「カメラ」を意味する言葉を名にする男がDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影

    彼の名はGongtairoop。Gongはタイ語で「カメラ」を意味します。そしてこの名は彼にとって宿命といえるでしょう。炸裂する若い才能と19世紀から甦ったレンズの化学反応をご覧ください。

    2016-05-15
  • Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    2016-08-04 #gear #people pan_dre の記事
    Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    オーストラリア・メルボルンを拠点に活動しているフォトグラファー、Joe Nigel Coleman。彼はポラロイド社がインスタントフィルムの生産を終了してからというもの、インスタント写真を撮ることを辞めていました。しかし、彼のインスタント写真欲を再度刺激することができたのです。それは幸運にもLomo'Instantによってでした。

    2016-08-04
  • 夏色に染まるフィルム

    2016-07-02 #culture lomographymagazine の記事
    夏色に染まるフィルム

    「夏」と聞くだけで、フィルムカメラを持って外に出掛けたくなるのははぜでしょうか。それはこの夏独特の「色」にあると思っています。

    2016-07-02
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • 2016年9月のトレンドアルバム

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月のトレンドアルバム

    イベントや撮影場所でアルバムを管理する人は多いですが、なかにはフィルムや撮影方法で分類したがる人や、ベストショットだけを集めたアルバムを作る人もいます。 今回は2016年9月の投稿のなかでベストに選ばれたアルバムたちから、写真を通して自分の想いを表現するヒントをもらいましょう!

    2016-09-30
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

    2016-04-04
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    2015-11-14 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    DisclosureはHoward LawrenceとGuy Lawrenceの兄弟ユニット。音楽一家に生まれ、ガレージでエレクトロミュージックを演奏しながら育ってきた彼らの夢は、あの有名なニューヨークのマディソンスクエアガーデンでプレイすること!そしてその夢はついに先月実現したのです。この記事ではPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで捉えたDisclosure初のマディソンスクエアガーデンでのライブの様子をお届けします。

    2015-11-14