ミュージシャンBibio、DianaF+で撮る

イギリスのミュージシャン「Bibio」。常に変化し続ける彼の楽曲は多くの人々を魅了しています。彼はカメラのボケ効果をこよなく愛しており、最新のアルバムには「Mind Bokeh」という名前まで付けています。ここでは彼が刺激されるものについて少しだけ語ってくれました。

本名 スティーヴン.ウィルキンソン(Stephen James Wilkinson)
年齢 32歳
出身地 ウォルヴァー.ハンプトン(Wolverhampton)

簡単な自己紹介をお願いします。

こんにちは、Bibioと言います。以前はMushレコードからCDを出していましたが、現在はWrapレコードという会社から出しています。僕は色々な楽器を演奏するマルチプレイヤーであり、プロデューサー、写真家でもあり、料理好きのアマチュアコックでもあります。

あなたの音楽について、教えて下さい

僕の音楽はかなり変化に富んだスタイルだと思っています。ですが、体で感じることを大切にしているので、サンプルの音などに頼らず自分自身で演奏するようにしています。僕は大抵、自分を刺激してくれる音楽に夢中になっています。そういう音楽は僕を、そしてきっとあなたもどこかへ飛び立たせてくれると思います。とにかく動きだしたくなるような音楽が好きなんです。そのため、自分の曲にもそういう衝動のようなモノを詰め込もうとしています。私はアナログなものが好きです。特にタイプライターが一番好きですね。

どうして最新のアルバムのタイトルを「Mind Bokeh」と名付けたのですか?

私は元々写真が好きで、写真の友人を通してボケという言葉を知りました。この単語はどこか普通ではなく、私の心を惹きつけるんです。背景がボケるというこの発想は、どこか心理学や精神の知覚というものに似ていて、写真そのものよりもボケのほうが気になってしまうんです。私は考えるということが好きなので、精神や知覚の分野にとても興味があるんです。

どうしてボケという効果がこんなにも魅力的なのだと思いますか?

おそらく、実際の目では見ることが出来ないからではないでしょうか?ある程度は自分の目でもピントをボケさせたりできますが、ボケというのはカメラという道具を通してだけ見られる魔法のようなものだと思うんです。なのでボケの効果を見るたびにいつもワクワクします。それは例えるならば映画のTaxi Driverのイントロを見ているような気分ですね。そして昔の野生動物のドキュメンタリーなどで、太陽を映した時にできる六角形のレンズフレアにもよく似ていると思います。そういう美しさ達は、いわゆる文明の利器によって生み出された人工的な美しさだと思います。けれど私はそれらは本当に美しいものだと素直に思います。 道具などを通さずに見える、そういう美しさに最も近いものは、晴れた日の木の下で見られる木漏れ日だと思います。木の葉や枝からこぼれる光の線や、光の形が見えるあの現象は神秘的で美しく、とても好きなんです。

ロモグラファー歴はどのくらいですか?

私は LC-A+ を持っていて数年間使っています。私はフィルムが好きで、やはり特にボケの効果が好きです。 Holga 120CN も好きで、お気に入りの何枚かはこのカメラで撮られています。Rolleiflex TLRも好きで、去年は白黒の自家現像にも挑戦してみました。私は何でも自分でやることが好きなので、フルマニュアルのカメラの操作感、自分で撮った写真を自分で現像することはとても嬉しい気持ちになりますね。現代はデジタルカメラが主流で、一瞬で全てをこなしてしまう便利さがあります。しかし便利さの裏で、より良い写真を撮ろうとする努力と取れた時の満足感、そして手間暇をかけて一枚の写真をとる喜びというものを少し薄れさてしまったかなと思います。

お気に入りの写真を見せてください

これです。この写真には僕がどれだけ音楽とサウンドを求めているかが表れていると思います!Mind Bokehを聞いているときに浮かぶイメージとぴったり合うんです。

もし、あなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。(タイトルとアーティスト名をお願いします)

1. Riversong-Malcolm Cecil and Robert Margouleff
2. Kodomotachi-ススム・ヨコタ3.エチュード
3. 作品10 第5番-ショパン

これからはどんなBibioワールドをお見せしていただける予定ですか?

もっと音楽を、もっと映像を、そしてもっとライブのエレクトロニックセットを・・・そしてショートビデオやショートムービー、写真集などを作れたらいいなと思っています。

現在五人のロモグラファーにBibioのグッズが当たるコンペティションを開催中です詳しい情報はこちらへ Bibio x Lomography Rumble

そしてBibioと学ぶ ボケテクニック

Bibioの最新アルバムはまず3月28日にアメリカで発売され、4月4日に全世界で発売されます。

こちら から一曲のみ無料でダウンロードか可能です。

こちら から ビデオクリップや楽曲の視聴が可能です。

最後に、 こちら からプレオーダーが可能です。

2011-04-07 #people #Lomoamigos #uk #lgs # #london #bibio #bokeh littlemisslove の記事
translated by peach0303

他の記事を読む

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • マーカス・キーフ: めまいとムーディーなシュールレアリズムのマスター

    2014-08-07 #ライフスタイル impaktor の記事
    マーカス・キーフ: めまいとムーディーなシュールレアリズムのマスター

    マーカスキーフは、70年代のヘヴィー/アンダーグラウンド・ロックで最も象徴的なアルバムの裏に隠れる驚異的な写真家だった。 彼はブラック·サバス、ロッド·スチュワート、コロシアム、マンフレッド·マン、デヴィッド·ボウイ、ユーライア·ヒープ、そしていくつかのアルバム・カバーをデザインした。ここでは、彼の写真を紹介して行きましょう。

  • New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: CAMPFIRE史上最も支援総額を集めたプロジェクトになりました!

    2015-06-22 #gear #ニュース Kwyn Kenaz Aquino の記事
    New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: CAMPFIRE史上最も支援総額を集めたプロジェクトになりました!

    クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて支援を募集中の『伝説のポートレイトレンズ・Petzvalをボケ調節機能を備えた58mmレンズに!』プロジェクト。なんと、今までCAMPFIRE上て行われたプロジェクトの中で最も支援金額を集めたプロジェクトになりました!ご支援いただいた皆様、誠にありがとうございます!引き続き7/6(日) 00:00まで支援を受け付けているので、チェックし忘れていた方はこの記事でささっと現在のプロジェクト進捗状況を確認しましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • Nishe:写真を通して感情を探る

    2015-03-16 #people #ライフスタイル Julien Matabuena の記事
    Nishe:写真を通して感情を探る

    Nisheのポートレートには悲哀が漂っている。たいてい彼女の画題である顔は、部分的に、もしくは完全に隠れているのです。悲しいけれど、不可避の美しさがあるのです。鬱、純潔を失う事、成長する事への苦悩が彼女の作品のテーマで、それをとても優雅に表現しているのです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • TOP5: 夕焼け空

    2015-07-03 #world #ライフスタイル Kwyn Kenaz Aquino の記事
    TOP5: 夕焼け空

    素早く変わるサイレンのように、夕焼けには人を惹き付ける演出力があります。それは明るい黄色の一日のコスチュームで訪れたかと思うと、大胆にキャンバスを次の色へと塗ります。その光景は様々で、コミュニティ中から最も大きい喝采を受けていた5つをご紹介します。

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • Awesome Albums:『Little Ballerinas』by abhoan

    2015-06-27 #world #ライフスタイル Julien Matabuena の記事
    Awesome Albums:『Little Ballerinas』by abhoan

    本日スポットライトを当てるアルバムは、バレー公演のバックステージで何が起こっているのかを優美に写し出しています。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。