Spinner 360°と他のカメラで多重露光

2011-04-28

Spinner 360で多重露光写真をつくり上げることは簡単で楽しいことです!

私のお気に入りのロモグラフィック写真は多重露光です。それは、ロモグラフィーの10ゴールデンルールを具現化している、 美しさと、ハッピーなアクシデントをもつ結果になります。だから私は、Lomography Spinner 360°での多重露光をやめられません。私のLomography Spinner 360°の多重露光の初めての1本は、 LOMO LC-A+ で撮影した写真に重ねて撮ったものでした。
このテクニックは、とても簡単です。なぜなら、カメラを改造する必要がなく、道具も何も必要ないからです。

必要なもの
1. Lomography Spinner 360° 1台 : 驚くべきことにこれだけ。
2. 他のカメラ(Spinner以外の)
3. 1本の35mmフィルム

まず、あなたがするのは、 Lomography Spinner 360° でない他のカメラでフィルム1本分撮影すること。
私は、 LOMO LC-A+ カメラと、感度200のフィルムを使い、LOMO LC-A+の設定を感度400にしました。被写体にできるだけ近寄るようにし、花、友人、他人、彫刻を撮りました。また、テクスチャーや派手な色の写真も撮るようにしました。初めの写真は、被写体から腕の長さ位で撮る方がいいです。

1本分撮り終わったら、止まるまでフィルムを巻き戻します。でも、キャニスタ―(フィルムケース)の中に全て入らないようにして下さい。きっとあなたはフィルムの先端を必ず固定しておきたくなるでしょう。どういう意味かは、聞こえるより簡単です。

それから、 Lomography Spinner 360° にもう一度その同じフィルムを装填し、曇り設定にセットします。同じフィルムを2回露光すると、少しオーバー露光になってしまうかもしれませんが、これでうまくいきます。

大きく広がる空や、グレーや、白のコンクリートを撮ると、下層のイメージを消し去ってしまう傾向があります。これはこのテクニックとしてあなたが求めていないことでしょう。とはいえ、 Lomography Spinner 360° は大きな空が大好きです。

ゴールはとにかく考えすぎないこと。カメラと話しながら、手に入れることができるかもしれないクールな予想できない結果を探しましょう。このページの1つの写真にある、花や、友達のリンダや、ブロンズの幽霊のようなLAのダウンタウンあたりにあるジェームス・ディーンのように。

2011-04-28 #gear #tutorials #quickie-tipster #lc-a #doubles #tipster #camera #double-exposure #spinner-360 cheeso の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    2016-07-16 #gear hodachrome の記事
    生誕30年記念を迎えた「写ルンです」で多重露光にトライしてみた

    今月は富士フィルムの使い切りカメラ「写ルンです」がこの世に生まれて30周年となります。この長年愛されてきた名機の生誕を祝い、いろんなイベントが予定されていますが、今回私はhodachromeらしく多重露光にフィーチャーした写ルンですワールドを紹介したいと思います。この魅力的な使い切りカメラを使った多重露光についての説明を画像とともにごらんください♪

    2016-07-16
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • あなたの写真のお祭り気分を盛り上げる!5つの方法

    2015-12-04 #tutorials lomographymagazine の記事
    あなたの写真のお祭り気分を盛り上げる!5つの方法

    クリスマスや年末年始といったイベントシーズンで盛り上がる場の雰囲気。そんなお祭り気分の楽しさを写真に落とし込むにはどうしたらよいのでしょう?すぐに試せる5つの簡単な方法をリストアップしました!

    2015-12-04
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    2016-03-24 #people #tutorials bartolomo の記事
    テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    人の創作意欲に限界はない!新しいものを取り入れ、新しいものを創り出すことは私たちのライフワークです。アナログ写真を愛するロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるilcontrariodimeは、フィルムに何か思いついたものを描く「フォト・スクラッチ」というテクニックを作り上げました!

  • LomoMission: Better Together

    2016-02-03 #ニュース lomography の記事
    LomoMission: Better Together

    撮影済みフィルムを友達と交換してその上から多重露光をするフィルムスワップ。2人のフォトグラファーによるコラボレーション作品ができるだけではなく、クレイジーな写真を生み出します。今回のロモミッションはそのフィルムスワップです!

    2016-02-03
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Awesome Albums: 『Progetto Double Exposure』 by emmesalvezza

    2015-12-19 lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Progetto Double Exposure』 by emmesalvezza

    人物のシルエットに模様をつける多重露光のテクニック。このテクニックは時代遅れになることはありません!

    2015-12-19
  • LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    2016-02-18 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: ミュージックフォトグラファー 植村英里奈

    アメリカと日本をまたにかけミュージックフェスやコンサート写真を撮影しているフォトグラファーの植村英里奈さん。数々の大物アーティストの撮影実績があり、Coachellaフェスなどの世界中のビッグなロックフェスティバルでの撮影経験も豊富。そんな植村さんに、昨年11月に開催されたHostess Club Weekender 出演アーティストのポートレイト撮影をロモグラフィーのカメラやレンズで挑戦していただきました。このイベントは日本のレーベルHostessが開催する、インディーロックファンにたまらないラインナップで良質な音楽を楽しめるイベントです。その舞台裏で、植村さんがLomo'Instant WideとPetzval 85 Art Lensで収めた貴重な写真を、彼女の写真家としての活動に迫るインタビューと共にお楽しみください!

    2016-02-18
  • ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    2016-09-05 #culture lomographymagazine の記事
    ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    世の中には、私たちの目には速すぎてみることのできないものも沢山あります。ですが、カメラを使えば速さや視力に関係なく、その瞬間を写真に美しく写し出すことができます!ここに紹介するハイスピードな写真たちは、目では決して見ることのできない、素晴らしい瞬間を描き出しています。

    2016-09-05
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    2016-08-02 #people #ビデオ ciaoannacotta の記事
    [展示] Glastonbury Festival Photo Exhibition "i feel awesome" - by Taio Konishi

    国内外のフェスを撮影されているフォトグラファーでありロモグラファーの小西泰央さん。昨年に引き続き、今年もGlastonbury Festivalで撮影された作品の個展『 i feel awesome』を開催されます!今年はNighttimeとDaytimeに分けた展示となり、Nighttimeをアート関連に強い古書店nostos booksさんにて、DaytimeをLomography+にて開催します。一般チケットもすぐ完売するほど人気で世界最大級の音楽フェスティバルをロモグラフィーレンズやカメラで写し撮った写真は、まさに貴重。ぜひ両展示へ足をお運びください。

    2016-08-02
  • [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    2016-08-13 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    Petzval85で撮影されたBonnarooフェスティバルもぐるぐるとパワフルでしたが、LC-Wideで撮られたフィルム写真はまた別の味があります。粒子一つ一つから音が聴こえてきそうな、なめらかで人のぬくもり感じる写真をお楽しみください。

    2016-08-13
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11