Diana Multi Pinhole Operator: 多重イメージの狂乱!

4月24日は、World Pinhole Day。ピンホールデイにはピンホールカメラ を使いたいですよね!実験的な写真が撮れる、Diana Multi Pinhole Operatorが一番お勧めです!穴が3つ開いている不思議なピンホール写真が撮影できるこのカメラのユーザーレビューをご覧ください。

私はピンホールカメラが好きでたまりません。その為、 Diana Multi Pinhole Operatorをロモグラフィーのお店で見た時、私はこれは持つべきものだと感じました。このカメラは、 私が願っていたもの以上のでした。お馴染のDianaのボディに、黄色いトップが付いていて、レンズのない不完全なレンズバレルがあります。そして、通常の絞りスイッチの代わりに、シングルピンホール(1つ穴)、ダブルピンホール(2つ穴)、そして、トリプルピンホール(3つ穴)まであるスイッチがあります。すごくないですか?

そのカメラは、クールなグラフィックと、色の組み合わせで名高いLSIの、美しく、よくデザインされたパッケージでやってきました。でも、中にある目標物を急いで手にする時に、あることに予め注意が必要です。必ず、パッケージを捨てないということ。なぜなら、重要なカメラのエレメントが蓋のグラフィックの一部として変装して隠れているからです。そこには、6つの小さなマルチカラーのフィルターがあります。:3つは2色のもの。他の3つは3色のもの。これらのフィルターの能力こそが、この素晴らしいカメラの特別な所です。

単純に前面のレンズ部品をひねり、(通常のDianaからレンズを外すのと似ています)それを外すと、フィルターを入れる部分が現れます。穴のツメの位置を調整して、カメラの前面に再び装着します。こんなに簡単に、このフィルターは取り付けることができます。

それぞれのピンホール写真は、違う色のフィルターを通して撮影しています。前の写真は、暖かい色のマゼンタと、オレンジのフィルターを使って撮影しました。私はこの効果が本当に好きです。

他の面白いコンビネーションは、赤・緑・ブルーのフィルター。恐らくあなたも知っているように、加法混色の原色です。( これらのフィルターのそれぞれを通して、多重露光撮影することは、通常の色のスペクトルのイメージが集合した結果になるでしょう。) 理論的には、 Multi Pinhole でこのフィルターを使うことは、正しく記録された3つのイメージが自然な色となって現れた結果です。下の写真は、そのフィルターで撮影されました。そして、スペクトルは前の写真に比べて、「普通」の範囲の中の傾向があります。

Diana Multi Pinhole Operator の他の強みは、 35mm BackInstant Back+Diana Flash+ などの、多くのDianaF+アクセサリーを使うことができること。また、あなたのイメージの構成や、比率を推測しなくてはいけないほとんどのピンホールのようではなく、このカメラにはよい比率でとらえる為に有用なビューファインダーを持っています。
他の魅力ある仕様は、三脚穴や、シャッターレリーズ。シャッターレバーを押して下げると、シャッターが開き、レバーを上げるとシャッターが閉じます。ケーブルレリーズソケットはなく、 Diana Cable release adapter はこのカメラでは機能しません。しかしながら、シャッターレリーズは、マルチプルレンズのイメージのとても自然に正しく円滑に機能します。カメラを振っているわけではありません。

本音では、ピンホール写真は白黒がべストです。カラーフィルターは、白黒フィルムでは、明らかにより限定された効果になるでしょう。その為、私はテストフィルムで試しました。下の写真は、3つのレンズの組み合わせ全てを使った、私のお気に入りの木の写真です。

シングルピンホールは、少しソフトです。でも、OKです。他の同時に起こる多重露光は実際とても面白いものです。下の写真は、残りのフィルムで撮影したものです。

大きく言えば、私は白黒の結果が好きです。次のステップは白黒フィルムをRGBフィルターを使って撮ることだと考えています。

要約していうと、このカメラは、様々なオプションがあり、それだけでなく、本格的な「ファインアート」のピンホール写真(それが何を意味するにせよ)を提供する本当に面白いカメラです。

Diana Multi Pinhole Operatorのショップページへ

2011-04-21 #gear #review #pinhole #user-review #filters-multiple-exposure-colored-filters #multiple-coloreds-filters kdstevens の記事
翻訳 kyonn

他の記事を読む

  • Philippe MastrocolaのDIYスプレー缶ピンホールカメラ

    2016-03-23 #ビデオ lomographymagazine の記事
    Philippe MastrocolaのDIYスプレー缶ピンホールカメラ

    Philippe Mastrocolaはモントリオールのグラフィティーアーティスト兼写真家。リサイクルすれば、家のなかのガラクタでアート作品を生み出す道具を自作できることを彼が教えてくれました。

  • 幻想的なピンホール写真ギャラリー

    2015-09-05 lomographymagazine の記事
    幻想的なピンホール写真ギャラリー

    HolgaやOndu、そして自分で作ったものでも、ピンホールカメラで低速度撮影された写真はとても幻想的。この記事でコミュニティーメンバーが撮影したピンホール写真をお楽しみください。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo Lubitel 166+で捉えたクラシックシーン

    2015-07-10 #gear K. Aquino の記事
    Lomo Lubitel 166+で捉えたクラシックシーン

    Lomo Lubitel 166+は美しいクラシカルなモノクロ写真の撮影に適したカメラです。信頼出来る露出設定のおかげで、都市の人々の生活も、永続的な自然も、光と闇を適切な量で写し出します。ガラスレンズはシャープな写りをし、色から喚起するイメージを得るのを助けます。これらのコミュニティーの写真がとても良い例となるでしょう。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 一匹狼なフォトグラファーのためのフィルムスワップ方法

    2015-07-21 #tutorials nickpage の記事
    一匹狼なフォトグラファーのためのフィルムスワップ方法

    僕はニック・ペイジ (Nick Page)。ハートフォードを拠点に活動するグラフィックデザイナーだ。毎日ピクセル・パーフェクトなイメージに遭遇するから、その代わりになるものとしてアナログ写真を撮っている。この記事では、ソロ・フォトグラファーとしての僕のフィルムスワップテク二ックを紹介するよ!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • インスタント写真 5つのアイディア

    2016-02-08 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    インスタント写真 5つのアイディア

    あなたのインスタントカメラで良い写真を撮るには?この記事で5つの撮影アイディアをご紹介します。

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

  • ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    2016-01-23 #ニュース Lomography の記事
    ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    何が魅力的な写真を作るのでしょう?何が写真を「イメージ」というより「思い出」というものに近づけるのでしょう?一体どのようにしたら、見た人がまるでそこに訪れたかのように感じる、疑似体験を与える写真を撮れるのでしょう?