Diana Multi Pinhole Operator: 多重イメージの狂乱!

4月24日は、World Pinhole Day。ピンホールデイにはピンホールカメラ を使いたいですよね!実験的な写真が撮れる、Diana Multi Pinhole Operatorが一番お勧めです!穴が3つ開いている不思議なピンホール写真が撮影できるこのカメラのユーザーレビューをご覧ください。

私はピンホールカメラが好きでたまりません。その為、 Diana Multi Pinhole Operatorをロモグラフィーのお店で見た時、私はこれは持つべきものだと感じました。このカメラは、 私が願っていたもの以上のでした。お馴染のDianaのボディに、黄色いトップが付いていて、レンズのない不完全なレンズバレルがあります。そして、通常の絞りスイッチの代わりに、シングルピンホール(1つ穴)、ダブルピンホール(2つ穴)、そして、トリプルピンホール(3つ穴)まであるスイッチがあります。すごくないですか?

そのカメラは、クールなグラフィックと、色の組み合わせで名高いLSIの、美しく、よくデザインされたパッケージでやってきました。でも、中にある目標物を急いで手にする時に、あることに予め注意が必要です。必ず、パッケージを捨てないということ。なぜなら、重要なカメラのエレメントが蓋のグラフィックの一部として変装して隠れているからです。そこには、6つの小さなマルチカラーのフィルターがあります。:3つは2色のもの。他の3つは3色のもの。これらのフィルターの能力こそが、この素晴らしいカメラの特別な所です。

単純に前面のレンズ部品をひねり、(通常のDianaからレンズを外すのと似ています)それを外すと、フィルターを入れる部分が現れます。穴のツメの位置を調整して、カメラの前面に再び装着します。こんなに簡単に、このフィルターは取り付けることができます。

それぞれのピンホール写真は、違う色のフィルターを通して撮影しています。前の写真は、暖かい色のマゼンタと、オレンジのフィルターを使って撮影しました。私はこの効果が本当に好きです。

他の面白いコンビネーションは、赤・緑・ブルーのフィルター。恐らくあなたも知っているように、加法混色の原色です。( これらのフィルターのそれぞれを通して、多重露光撮影することは、通常の色のスペクトルのイメージが集合した結果になるでしょう。) 理論的には、 Multi Pinhole でこのフィルターを使うことは、正しく記録された3つのイメージが自然な色となって現れた結果です。下の写真は、そのフィルターで撮影されました。そして、スペクトルは前の写真に比べて、「普通」の範囲の中の傾向があります。

Diana Multi Pinhole Operator の他の強みは、 35mm BackInstant Back+Diana Flash+ などの、多くのDianaF+アクセサリーを使うことができること。また、あなたのイメージの構成や、比率を推測しなくてはいけないほとんどのピンホールのようではなく、このカメラにはよい比率でとらえる為に有用なビューファインダーを持っています。
他の魅力ある仕様は、三脚穴や、シャッターレリーズ。シャッターレバーを押して下げると、シャッターが開き、レバーを上げるとシャッターが閉じます。ケーブルレリーズソケットはなく、 Diana Cable release adapter はこのカメラでは機能しません。しかしながら、シャッターレリーズは、マルチプルレンズのイメージのとても自然に正しく円滑に機能します。カメラを振っているわけではありません。

本音では、ピンホール写真は白黒がべストです。カラーフィルターは、白黒フィルムでは、明らかにより限定された効果になるでしょう。その為、私はテストフィルムで試しました。下の写真は、3つのレンズの組み合わせ全てを使った、私のお気に入りの木の写真です。

シングルピンホールは、少しソフトです。でも、OKです。他の同時に起こる多重露光は実際とても面白いものです。下の写真は、残りのフィルムで撮影したものです。

大きく言えば、私は白黒の結果が好きです。次のステップは白黒フィルムをRGBフィルターを使って撮ることだと考えています。

要約していうと、このカメラは、様々なオプションがあり、それだけでなく、本格的な「ファインアート」のピンホール写真(それが何を意味するにせよ)を提供する本当に面白いカメラです。

Diana Multi Pinhole Operatorのショップページへ

2011-04-21 #gear #pinhole #review #user-review #multiple-coloreds-filters #filters-multiple-exposure-colored-filters kdstevens の記事
翻訳 kyonn

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    2018-02-19 1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    2017-03-10 #people refallinsasaki の記事
    LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    ドローイングや刺繍、そして写真などさまざまな表現活動をしているアーティスト Saiko Otakeさん。昨年はロンドンやシンガポールで個展を開き、大忙しの一年でした。そんな彼女にロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで3ヶ月に渡り撮影していただきました。Saikoさんの写すビビッドなイメージは、どこか無機質で不思議な世界。ロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで撮影した、東京や宇和島、そしてシンガポールの写真をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-03-10
  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

    2017-10-26
  • 色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    2017-03-11 #gear lomographymagazine の記事
    色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    Arthur Pangは香港の写真家。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だと語ります。今回彼にLomography F²/400 Color Negative Filmでありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!

    2017-03-11
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!

    2017-09-26
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear lomographymagazine の記事
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

    2017-07-16