ハリーポッターの世界:ホグワーツ魔法学校

あなたはフクロウからホグワーツ魔法学校の入学案内の手紙が来ることを期待したことがありますか?ポーションと呼ばれる薬を使いたいと思ったことがありますか?映画に出てくるあのバタービールを飲みたいと思ったことがありますか?もしくはただ単純にハリポタファンでしょうか?もしいずれかに当てはまるのならすぐにフロリダのOrlandoへと向かいましょう。ユニバーサルスタジオフロリダのアイランズ・オブアドベンチャーエリアにハリーポッターの魔法の世界はあります。このロモロケーションはあなたの夢です。

Credits: stuckintraffic

Orlandoはフロリダ州の中でも人気のある観光スポットです。大きなディズニーランドやユニバーサルスタジオがあることで有名ですよね。そして去年、2010年6月18日にハリーポッターの魔法の世界はオープンし、そには全世界のハリポタファンが駆けつけ、それはとても盛大な開園となりました。魔法の世界が再現されるというニュースを聞いた時から絶対に行こうと考えていたので、結局オープンからわずか一ヶ月後に行けることになりました。ハリポタファンとして、とてもラッキーでしたね!

私は6月29日に訪れたのですが、そこではフロリダの強い日差しが待っていました。というわけでアドバイスが一つ!もし夏に行くとしたら強力な日焼け止めを必ず持参してください!

Credits: stuckintraffic

アトラクションはオープンしたばかりだったので友達と私は長~い行列を何時間も待たなくてはいけませんでした。出るとき私たちはかなり疲れていましたが、その疲れはとても気持ちのいい疲れでした。

Credits: stuckintraffic

ホグズミード村を歩くことは本当に楽しかったです。そこには全巻に登場している様々なお店が立ち並んでいるのです。「グラッドラッグス・ ウィザードウェア(Gladrags Wizardwear)」ではハーマイオニーのクリスマスのドレスが飾られていました。他にも「Scrivenshafts」、「Potages Cauldrons」などがありましたが、それらはただの観賞用の施設でした。

本当に物が買えるお店は「ダービッシュ・アンド・バングズ」、「ゾンコの店」、そして「ハニーデュークス菓子店」などでした。そこではゴールデンスニッチ、モンスター図鑑、ジョージウィーズリーのグッズ、バーティボッツの百味ビーンズ、カエルチョコなど、実際に映画に出てくるものが買うことができるのです!

Credits: stuckintraffic
Credits: stuckintraffic

おそらく、すぐにバタービールのある「3本の箒(Three Broomsticks)」を見つけることができるでしょう!実際に飲みましたがで甘くてとってもおいしかったです。味は炭酸飲料にバターボールを入れたような味です。つい一杯では満足できずに2ラウンド目に突入してしまいました。そしてすみません、うかれててバタービールの写真を撮るのを忘れてしまいました。

Credits: stuckintraffic

私たちは 「Triwizard Spirit Rally」と「Frog Choir」を見に行きました。ダームストラングの男の子達とボーバトンの女の子達はとても可愛かったですよ。まさにハリーポッターと炎のゴブレットを見ている様でした。「Frog Choir」はホグワーツの生徒合唱団と大がえるたち歌を歌うというものでした。

乗り物のアトラクションは本当に素晴らしかったです。全部で3種類あり、「ヒッポグリフの飛行(Flight of the Hippogriff)」、「ドラゴンチャレンジ(Dragon Challenge)」、「 ハリーポッターと禁じられた旅」がありました。

最初の二つはローラーコースター形式で、特に「ドラゴンチャレンジ(Dragon Challenge)」が本当にスリル満点でした。その時は怖くて乗れなかったのですが、また行く機会があれば頑張って乗ってやろうと思っています!「ハリーポッターと禁じられた旅(Harry Potter and the Forbidden Journey)」だけは落ち着いたアトラクションでずっと楽しく乗っていられました。内容はホグワーツ城の教室、魔法の鏡、マンドレークの根で埋め尽くされたグリーンハウス、ダンブルドア校長室、動く壁画などを見ながら進むというものです。この素晴らしさは言葉では表せないです!本当にハリーポッターになったような気分になると思いますよ。なぜなら本当にドラゴンや巨大蜘蛛、ディメンダーにまで遭遇するのですから!

Credits: stuckintraffic

ホグワーツ魔術魔法学校を見るだけで私の鼓動は少し早くなります。魔法の世界は魅惑的で、まさにアドベンチャーなのです。実は想像していたよりも小さかったのですが、それでもとても素晴らしかったです!

Credits: stuckintraffic

2011-05-08 #places #location #orlando #harry-potter #universal-studios #travel-destination #theme-parks #wizarding-world # # # # stuckintraffic の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『シネマ』大賞発表

    2017-06-03 #ニュース #ビデオ
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『シネマ』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは唯一の動画部門である『シネマ』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『都会探検家』大賞発表

    2017-05-28 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『都会探検家』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『都会探検家』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『モノクロ』大賞発表

    2017-05-30
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『モノクロ』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『モノクロ』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『私』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『私』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは2016年のスペシャルカテゴリー『私』大賞の入賞作品を発表致します!

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。