ハリーポッターの世界:ホグワーツ魔法学校

2011-05-08

あなたはフクロウからホグワーツ魔法学校の入学案内の手紙が来ることを期待したことがありますか?ポーションと呼ばれる薬を使いたいと思ったことがありますか?映画に出てくるあのバタービールを飲みたいと思ったことがありますか?もしくはただ単純にハリポタファンでしょうか?もしいずれかに当てはまるのならすぐにフロリダのOrlandoへと向かいましょう。ユニバーサルスタジオフロリダのアイランズ・オブアドベンチャーエリアにハリーポッターの魔法の世界はあります。このロモロケーションはあなたの夢です。

Credits: stuckintraffic

Orlandoはフロリダ州の中でも人気のある観光スポットです。大きなディズニーランドやユニバーサルスタジオがあることで有名ですよね。そして去年、2010年6月18日にハリーポッターの魔法の世界はオープンし、そには全世界のハリポタファンが駆けつけ、それはとても盛大な開園となりました。魔法の世界が再現されるというニュースを聞いた時から絶対に行こうと考えていたので、結局オープンからわずか一ヶ月後に行けることになりました。ハリポタファンとして、とてもラッキーでしたね!

私は6月29日に訪れたのですが、そこではフロリダの強い日差しが待っていました。というわけでアドバイスが一つ!もし夏に行くとしたら強力な日焼け止めを必ず持参してください!

Credits: stuckintraffic

アトラクションはオープンしたばかりだったので友達と私は長~い行列を何時間も待たなくてはいけませんでした。出るとき私たちはかなり疲れていましたが、その疲れはとても気持ちのいい疲れでした。

Credits: stuckintraffic

ホグズミード村を歩くことは本当に楽しかったです。そこには全巻に登場している様々なお店が立ち並んでいるのです。「グラッドラッグス・ ウィザードウェア(Gladrags Wizardwear)」ではハーマイオニーのクリスマスのドレスが飾られていました。他にも「Scrivenshafts」、「Potages Cauldrons」などがありましたが、それらはただの観賞用の施設でした。

本当に物が買えるお店は「ダービッシュ・アンド・バングズ」、「ゾンコの店」、そして「ハニーデュークス菓子店」などでした。そこではゴールデンスニッチ、モンスター図鑑、ジョージウィーズリーのグッズ、バーティボッツの百味ビーンズ、カエルチョコなど、実際に映画に出てくるものが買うことができるのです!

Credits: stuckintraffic
Credits: stuckintraffic

おそらく、すぐにバタービールのある「3本の箒(Three Broomsticks)」を見つけることができるでしょう!実際に飲みましたがで甘くてとってもおいしかったです。味は炭酸飲料にバターボールを入れたような味です。つい一杯では満足できずに2ラウンド目に突入してしまいました。そしてすみません、うかれててバタービールの写真を撮るのを忘れてしまいました。

Credits: stuckintraffic

私たちは 「Triwizard Spirit Rally」と「Frog Choir」を見に行きました。ダームストラングの男の子達とボーバトンの女の子達はとても可愛かったですよ。まさにハリーポッターと炎のゴブレットを見ている様でした。「Frog Choir」はホグワーツの生徒合唱団と大がえるたち歌を歌うというものでした。

乗り物のアトラクションは本当に素晴らしかったです。全部で3種類あり、「ヒッポグリフの飛行(Flight of the Hippogriff)」、「ドラゴンチャレンジ(Dragon Challenge)」、「 ハリーポッターと禁じられた旅」がありました。

最初の二つはローラーコースター形式で、特に「ドラゴンチャレンジ(Dragon Challenge)」が本当にスリル満点でした。その時は怖くて乗れなかったのですが、また行く機会があれば頑張って乗ってやろうと思っています!「ハリーポッターと禁じられた旅(Harry Potter and the Forbidden Journey)」だけは落ち着いたアトラクションでずっと楽しく乗っていられました。内容はホグワーツ城の教室、魔法の鏡、マンドレークの根で埋め尽くされたグリーンハウス、ダンブルドア校長室、動く壁画などを見ながら進むというものです。この素晴らしさは言葉では表せないです!本当にハリーポッターになったような気分になると思いますよ。なぜなら本当にドラゴンや巨大蜘蛛、ディメンダーにまで遭遇するのですから!

Credits: stuckintraffic

ホグワーツ魔術魔法学校を見るだけで私の鼓動は少し早くなります。魔法の世界は魅惑的で、まさにアドベンチャーなのです。実は想像していたよりも小さかったのですが、それでもとても素晴らしかったです!

Credits: stuckintraffic

2011-05-08 #places #location #orlando #harry-potter #universal-studios #travel-destination #theme-parks #wizarding-world # # # # stuckintraffic の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • 夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    2016-07-10 #places lomographymagazine の記事
    夏だ夏だ夏だ!フォトジェニックなビーチと街はここだ!

    夏、海沿いでリラックスしてゆったりしたくはありませんか?あなたの心を癒すビーチを世界中からピックアップ。フィルム写真と共に夏休みどこに出掛けるかプランを立てましょう!

    2016-07-10
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • 魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    2016-07-23 #people bgaluppo の記事
    魅惑のハンドメイドフィルム:Revolog 創業者へのインタビュー

    学校の卒業制作で取り組んだ「特殊効果フィルムを作る」というプロジェクトが、国際的なビジネスへと成長することを誰が想像していたでしょうか。Revologの創業者であるハンナ・プリビッツァーとミカエル・クレブスはまさにそれを体現した二人です。ウィーンを拠点にアナログ写真に情熱を注ぐフォトグラファーである二人が創業したフィルム会社、Revolog。ここまでの道のりを伺ってみました。

    2016-07-23
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

    2016-07-14
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 逆さの世界

    2016-09-16 #gear #tutorials Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 逆さの世界

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「逆さの世界」

    2016-09-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

  • ネオヴィンテージ・コラージュ byサミー・スラビンク

    2016-05-27 #people lomographymagazine の記事
    ネオヴィンテージ・コラージュ byサミー・スラビンク

    かつては別々の世界を構成していたピースや断片をつなぎ、新しい世界を作り出す。この表現方法が現在アート界で流行しています。ベルギーのアーティスト、サミー・スラビンクは新旧のイメージや技術を見事に融合させ、今と昔の中間である独創的な世界を表現しています。

    2016-05-27
  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

    2016-11-16