ハリーポッターの世界:ホグワーツ魔法学校

あなたはフクロウからホグワーツ魔法学校の入学案内の手紙が来ることを期待したことがありますか?ポーションと呼ばれる薬を使いたいと思ったことがありますか?映画に出てくるあのバタービールを飲みたいと思ったことがありますか?もしくはただ単純にハリポタファンでしょうか?もしいずれかに当てはまるのならすぐにフロリダのOrlandoへと向かいましょう。ユニバーサルスタジオフロリダのアイランズ・オブアドベンチャーエリアにハリーポッターの魔法の世界はあります。このロモロケーションはあなたの夢です。

Credits: stuckintraffic

Orlandoはフロリダ州の中でも人気のある観光スポットです。大きなディズニーランドやユニバーサルスタジオがあることで有名ですよね。そして去年、2010年6月18日にハリーポッターの魔法の世界はオープンし、そには全世界のハリポタファンが駆けつけ、それはとても盛大な開園となりました。魔法の世界が再現されるというニュースを聞いた時から絶対に行こうと考えていたので、結局オープンからわずか一ヶ月後に行けることになりました。ハリポタファンとして、とてもラッキーでしたね!

私は6月29日に訪れたのですが、そこではフロリダの強い日差しが待っていました。というわけでアドバイスが一つ!もし夏に行くとしたら強力な日焼け止めを必ず持参してください!

Credits: stuckintraffic

アトラクションはオープンしたばかりだったので友達と私は長~い行列を何時間も待たなくてはいけませんでした。出るとき私たちはかなり疲れていましたが、その疲れはとても気持ちのいい疲れでした。

Credits: stuckintraffic

ホグズミード村を歩くことは本当に楽しかったです。そこには全巻に登場している様々なお店が立ち並んでいるのです。「グラッドラッグス・ ウィザードウェア(Gladrags Wizardwear)」ではハーマイオニーのクリスマスのドレスが飾られていました。他にも「Scrivenshafts」、「Potages Cauldrons」などがありましたが、それらはただの観賞用の施設でした。

本当に物が買えるお店は「ダービッシュ・アンド・バングズ」、「ゾンコの店」、そして「ハニーデュークス菓子店」などでした。そこではゴールデンスニッチ、モンスター図鑑、ジョージウィーズリーのグッズ、バーティボッツの百味ビーンズ、カエルチョコなど、実際に映画に出てくるものが買うことができるのです!

Credits: stuckintraffic
Credits: stuckintraffic

おそらく、すぐにバタービールのある「3本の箒(Three Broomsticks)」を見つけることができるでしょう!実際に飲みましたがで甘くてとってもおいしかったです。味は炭酸飲料にバターボールを入れたような味です。つい一杯では満足できずに2ラウンド目に突入してしまいました。そしてすみません、うかれててバタービールの写真を撮るのを忘れてしまいました。

Credits: stuckintraffic

私たちは 「Triwizard Spirit Rally」と「Frog Choir」を見に行きました。ダームストラングの男の子達とボーバトンの女の子達はとても可愛かったですよ。まさにハリーポッターと炎のゴブレットを見ている様でした。「Frog Choir」はホグワーツの生徒合唱団と大がえるたち歌を歌うというものでした。

乗り物のアトラクションは本当に素晴らしかったです。全部で3種類あり、「ヒッポグリフの飛行(Flight of the Hippogriff)」、「ドラゴンチャレンジ(Dragon Challenge)」、「 ハリーポッターと禁じられた旅」がありました。

最初の二つはローラーコースター形式で、特に「ドラゴンチャレンジ(Dragon Challenge)」が本当にスリル満点でした。その時は怖くて乗れなかったのですが、また行く機会があれば頑張って乗ってやろうと思っています!「ハリーポッターと禁じられた旅(Harry Potter and the Forbidden Journey)」だけは落ち着いたアトラクションでずっと楽しく乗っていられました。内容はホグワーツ城の教室、魔法の鏡、マンドレークの根で埋め尽くされたグリーンハウス、ダンブルドア校長室、動く壁画などを見ながら進むというものです。この素晴らしさは言葉では表せないです!本当にハリーポッターになったような気分になると思いますよ。なぜなら本当にドラゴンや巨大蜘蛛、ディメンダーにまで遭遇するのですから!

Credits: stuckintraffic

ホグワーツ魔術魔法学校を見るだけで私の鼓動は少し早くなります。魔法の世界は魅惑的で、まさにアドベンチャーなのです。実は想像していたよりも小さかったのですが、それでもとても素晴らしかったです!

Credits: stuckintraffic

2011-05-08 #places #travel-destination #harry-potter # #wizarding-world # #universal-studios #theme-parks # #orlando # #location stuckintraffic の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • 新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-04-06 #ニュース #ビデオ #gear Lomography の記事
    新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    この時がくるのをうずうずしながら待っていました…発表します、新作レンズ開発のためにロモグラフィーがクラウドファンディングに舞い戻ってきます!今回は世界初の光学レンズにインスパイアされ、写真の持つ魔法を19世紀から呼び戻し、幻想的な像を映し出す真鍮レンズ。その名も、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens!

  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • [募集終了] Lomography+主催 【フィルム・ビギナーズ・ワークショップ!】

    2016-02-16 #ニュース #gear lomographyplus の記事
    [募集終了] Lomography+主催 【フィルム・ビギナーズ・ワークショップ!】

    「フィルムカメラを始めたいけど分からないことがありすぎて・・・・」というそこのアナタ! Lomographyスタッフがそんな悩みを解決いたします! フィルムのいろはを習得してフィルムカメラの世界へ飛び込みましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    2015-07-17 #people ameli124 の記事
    【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    今回Lomography+では、夏休みの始まりに合わせて【学生限定】特別ワークショップを開催いたします!題して、「真夏のカメラ課外授業」。場所は1階にLomographyがショップを構えるちょっと変わった学校・アーツ千代田3331。カメラが大好きな学生さんは勿論、今までカメラを触ったことがない・・・という学生さんも大歓迎。色んなフィルムカメラと一緒にワクワクできる授業を沢山ご用意してお待ちしておりますので、是非ご参加ください!

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #tutorials hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #ニュース #people zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #tutorials jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。