Herman Dune Yaya、LC-Aで撮る

先日、Herman Duneの最新アルバム「Strange Moosic」がリリースされました。そこで今回、ボーカルのYayaにロモグラフィーについて、そして自ら何年も愛用しているLC-Aについて語っていただきました。その中でお見せする写真は最新アルバムにまつわるものや、彼の生活、そしてバンドにまつわる写真ばかりです。百聞は一見に如かず!是非ご覧下さい。

お名前: yaya
都市: パリ
国籍: イスラエル

簡単な自己紹介をお願いします
はい、Yayaと言います。パリでロックバンド「Herman Dune」でボーカルをやってます。

ロモグラフィーに出会ったきっかけを教えてください。
2004年、僕がニューヨークからパリに戻って来たときにPeterBoeschと出会いました。その後ルートメイトになるのですが、その時に彼がHolgaとLC-Aを紹介してくれたんです。それがきっかけですね。

写真やロモグラフィーを通して出会ったものがあると思います。その中で最も印象的だったことは何ですか?
私のガールフレンドと愛犬ですね。彼女達を一緒に写真に写したとき、僕が本当に愛しているものに気付いたんです。

もし、ここ(LomoAmigosインタビュー掲載ページ)に紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。
Herman Dune  « Ah Hears Strange Moosic »
Herman Dune « Be A Doll And Take My Heart »
Herman Dune « Tell Me Something I Don’t Know »

もし LC-A+ と沢山のフィルムを持ってどこへでも行けるとしたらどこに行きますか?
カリフォルニアのマリブに行きたいですね。とにかく海が綺麗なので良い写真が沢山撮れると思います。素晴らしい波の写真を撮ってボディーボードでもしながら水中写真を撮りたいです。

生死を問わず、誰か一人撮影出来るとしたら、誰を撮ってみたいですか?
それはGrouchoMarkですね。彼の持つ個性と魔力はとっても面白いんです。

これから見せて頂ける写真について簡単に説明をお願いします。
はい、これらの写真は僕の生活そのものです。Herman Duneとしてでもあり、バンドから離れた僕でもあります。いつしか僕はいつでもLC-Aといるようになりました。僕は彼を通して世界を見て記憶するようになったんです。

現在進行形のプロジェクトなどがあれば教えて下さい。
もちろん最新アルバムについてですね。12曲入りでレコーディングの合間にLC-Aで撮った写真や絵を載せたブックレットが付いています。

Tell me something I don’t knowの撮影風景

全てのロモグラファーに何かアドバイスをお願いします。
あまり特殊効果などに走りすぎない方が良いと思います。心動いたもの、美しいものを見たらただシャッターをきる、それが一番だと思います。LC-Aは僕らの味方ですから。

これは彼らのTell mesomething I don’t know feat.JonHammという楽曲のビデオクリップです。青い彼、とってもかわいいです。

Peteryaya 、今回はありがとうございました!NEWアルバムの幸運を祈っています。

2011-05-25 #people #Lomoamigos #hermandune #lomoamigo #dune #herman #lca #amigo fredericdith の記事
翻訳 peach0303

他の記事を読む

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #テクニック beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #people #ニュース ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • コミュニティー精選: Lomo LC-A 120の写真

    2015-12-09 #gear #ライフスタイル lomography の記事
    コミュニティー精選: Lomo LC-A 120の写真

    Lomo LC-A 120が発表されて一年と少し。世界中の写真愛好家に愛され、せわしない街中から絵になる広大な田園まで、様々な場所を写しつづけてきました。この記事ではその中から選び抜かれた皆さまの写真をご紹介します。比較的最近撮影されたものから精選しました。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Catfordstと彼女の愛機: Nikon F80

    2015-06-13 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    Catfordstと彼女の愛機: Nikon F80

    二重露光と自然風景が素敵。ハシモト・アキコさんの幻想的な写真は、いつもロモグラフィー・コミュニティーを感嘆させてくれます。見る者に言葉を失わせる彼女のスナップショットの秘密とは一体?それは彼女の愛機、 Nikon F80カメラでした!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?