星景写真への手引き

1

この記事はビギナーからプロに向けた星景写真(星の軌跡の写真)の基礎知識と私が本で学んだテクニックやみなさんと共有したいチュートリアルを短いながらも集めたものです。

私が何かのテクニックを投稿するなんてことは思ってもみませんでした。というのも、ほとんど私は「Don’t think. Just shoot」というタイプの一人のロモグラファーなんですから(なにしろ私の最優先ルールなのです。ちょっとした思考はむしろ手抜きですし)。結果として、私はディテールにこだわらなくなり、写真を撮ったときはどうしていたかを覚えていないようになりました。
ほら、テクニックに投稿しようとしたらこれじゃまずいでしょう?それでも私はただ写真を撮ろうとしていました。

2・3ヶ月前のカリフォルニアが一番暑い月、数人の友人と私は丸一日を南モハーベの大自然の中で非文化的生活を送っていました。

_ああ、そうだ、”大自然”や”非文化的な生活”というのはあまり正確な表現とは言えませんね。だってピクニック・テーブルを広げて炉やグリルのある場所でキャンプをしていたんですから。

言い訳させてもらうと、水道や携帯電話の電波もなければ、一歩先には意地悪な笑顔がほとんど見えるくらいに大量の虫もいて、さらには夜が更けるとコヨーテが遠吠えしていたんですよ!人生の大半を大都市で過ごした私にはとてもワイルドに感じられました。_

ちょっと待って、何の話でしたっけ?
ああ、そうでした…

LAの喧噪からはなれて、私たちはライト・ペインティングの技を磨こうと思いました。
そうして砂漠の中でキャンプをすることになったのです。私は夜空にはとても魅力を感じていたので、星景写真を試すことにワクワクしていました。(今まで一度も試したことがなかったんです。)
なので、街を出る前にベテランの星景写真家が使う、テクニックを調べました。こうして、私は光(と複数の光――通り過ぎる飛行機からのじゃないですよ)の筋が写った写真を少なくとも1・2枚を撮影することが出来たのです。

1・2ヶ月後、キャンプのフィルムをスキャンする機会をやっと得たとき、実は2・3枚以上の良い写真があったことに気付いたのです。――思うに、これが私の初めての達成感ってやつですね。

それで私はここで、このテクニックを書きながら、みなさんとそのようなプロから得た技を共有しようと思います。
さあ、覚えておいてください。これはみなさんが始めるための基本的なアドバイスでしかありません。――現実離れしたフットワークもなければ、いかなる技術的な話でもありません。

ロケーション、ロケーション、重要なのはロケーション!!! 冒険家になってはるばるサハラ砂漠の真ん中へハイキングする必要はありません。みなさんの街から3・4km離れた、ほとんど平らな、いいロケーションさえあれば上手くいくんです。

星景写真に適したロケーションとにはこのような条件があります。

  • 十分に暗いこと。
  • 街の光が反射されないほどに十分遠く離れていること。
  • 光で照らして前景として利用できるランドマーク(木々や岩の並びなど)が2つ3つあること。
  • 一晩中そこにいても、大きな猫やクマや犬、不審者…(言いたいことはわかってくれるでしょう?)などなどに襲われないくらい安全であること
  • 雲ひとつない、抜けるような夜であること。

経験則 星々の光は15秒ごとに移動すると、どこかで読みました。本当に正確かどうかはわかりませんが、そうだと仮定しましょう。
そうすると…

  • 5-10分で目に見える光の跡が(短いけれど)写る。
  • シャッターを切ったままにしておくのが長ければ長いほど、光の跡は長くなる。

北極星を探せ! 北極星は北半球で唯一ずっと一点にとどまっている星です(南半球の方には、はちぶんぎ座シグマ星/南極星がそうですね)。
つまり…

  • そこへレンズを向けて十分長い間シャッターを切れば、極星の周りで円状に星の通った跡が撮れます。そして、
  • そこから離れたところに向けると、かわりに縞模様が撮れます。

持ち物

  • ほとんどのプロは一般的なものよりも、広角レンズを使うことが多いです。どこかで読んだのですが、東や西を向いているときは広角を使い、北や南を向いてる時は望遠レンズを使うんですって。
  • ISO50-100のフィルム――長い露光でもノイズが少ないので
  • ぐらつきのない、安定した三脚。なぜなら…理由はわかるでしょう…?
  • バルブ設定のあるカメラを一台(もしくは、言うなれば複数台。私はCanon XとDianaを使いました)
  • ロック機構のあるケーブル・レリーズ。数分から数時間に撮影が及びますからね
  • 暖をとるために毛布を一枚か、もっと。懐中電灯、いい本、話せる友だち(逃げることができる誰かがいいですね、万一を考えて)、合い間にうたた寝するつもりならタイマー、そうでなきゃたくさんのコーヒーがいるかもしれません。それから食べ物に…いや、そう難しく考えることはありませんよ。

絞りの設定 プロは絞りを開放にセットすることが多いと知りました。これは、より多くの光を取り込めるので非常に意味があります。でも、光を当てた前景から少なくとも10mは離れるように気を付けてください。そうすればピントは問題ないですから。
これを習得するのは大変な道のりでした。

露光時間を実験しよう!本当にこればっかりは最終的に写したいものによりけりです。

我慢強く、楽しんで!!

以上がほとんど星景写真の初心者に必要なキーポイントです。――いくつか私が見逃していなければですが、きっとおそれ多いことに誰かが指摘して知らせてくれると思います。
さらにいろいろなテクニックについてはインターネットですぐに見つけられるでしょう。

幸運と素晴らしい星空に恵まれますように!

2011-06-05 #gear #tutorials #art #tutorial #tipster #star-trails blueskyandhardrock の記事
翻訳 reservoirpiggies

1 Comment

  1. piropiro
    piropiro ·

    試したいな!!

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • 自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    2017-08-09 #places
    自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    日本の風景に欠かせないものとなりつつある自動販売機。そんな日本中どこにでもある自動販売機の姿を捉えたのは、写真家の大橋 英児さん。人里離れた山の上だったり、雪に埋もれていたり、都会にひっそりと佇んでいたり、自動販売機のあるユニークな風景をご覧ください。