スペシャルインタビュー: LOMO LC-Wide開発秘話 (パート1)

LOMO LC-Wideがどのように開発されたのか気になりませんか?エキサイティングな LOMO LC-Wideの誕生秘話、Lomography R & D(製品開発部)のメンバー、Mr. Catのインタビューをご覧下さい。

アナログカメラへの強い興味と、新しいアイデアや商品改良への終わりなきスピリットから、Lomography R & D(製品開発部)チームは商品開発の無限の可能性を突き進んでいます。

下記は、LOMO LC-Wideの生みの親の1人Mr. Catの独占インタビュー。LOMO LC-Wideの開発秘話をご覧下さい。

スペシャルインタビュー:Mr. Cat!ミャー!

LOMO LC-Wideについて、5つの最も魅力的なポイントを教えて下さい:
• 過去のレンズと全く異なる Minigon 17mm f4.5 (103 °の画角)のウルトラワイドアングルレンズ

• 簡単にフォーカスが合わせられる。0.9m~無限大の設定と最短0.4mまで接近できる。
• 昔からずっと愛されてきた、LOMO LC-A から受け継いだ外観
• 何度も繰り返すことの可能な撮影と、長時間露光撮影
• 3つのフォーマットから撮影モードを選べること
フルフレームが 17mm
ハーフフレームが 28mm
スクエアフレームが 21mm (まるで Hasselblad SWCのように)

photo by clickiemcpete

LOMO LC-Wide の試作品を開発した時、何からインスピレーションを受けましたか?

ホロゴン(Hologon), ハイペルゴン(Hypergon),  オリオン (Orion), ルサール(Russar), ビオゴン(Biogon), ディスタゴン(Distagon ), スーパーアンギュロン (Super Angulon), Flektogon, Topogon等、全ての伝説的な光学レンズからさ。僕らは、これらのレンズがとても有名だってことは知っているけど、このLOMO LC-Wideのデザインにあうかどうか、それはまた別の話なんだ。

ベストなレンズでも、それに見合ったボディーが必要だ。だから、LOMO LC-Aの外観に一番あうように、全く新しいレンズを創り出す為に研究を重ねたんだ。全ては、ロモグラファーとLOMO LC-Aのためにね。

レンズが、Minigon-1と呼ばれるのも、LOMO LC-AのMinitar-1レンズと、ワイドアングルに使われる"gon"という言葉をミックスしたんだ。もちろん、レンズがとても小さいくてコンパクトなことも意味しているよ。本当に、多くの広角レンズよりもコンパクトなんだ。

LOMO LC-Wideを開発中、最も成功を感じた瞬間はいつでしたか? 逆に挫折を感じた瞬間はありましたか?

重要なのはレンズをデザインする過程だった。一番幸せだったのは、やっと自分たちが目指している基準のレンズが完成した時だね。この成功は、本当に多くのリサーチとテストの結果なんだ。わかると思うけど、何度も何度も本当に多くの問題があって大変だったよ。

LOMO LC-Wideの研究開発には今までで一番時間がかかったよ。コンセプトの段階からリリースするまで、3~4年は掛かったかな。

photo by hspada

LOMO LC-Wideを使って撮るのに最も最適な被写体は何?
どんな場面でも、どんな被写体でも、動物でも何でも!ただ、出来るだけ近づくんだ!昔、ジャーナリストだったから、クローズアップは雑誌のカバーに最適だってことがわかるんだ。Robert Capa の言葉を覚えていて。「もし、納得のいく写真が撮れないなら、それはきみが被写体にまだちゃんと近づいてないってことだ」

アナログがないあなたの生活はイメージすることができますか?
No, no! 無理だね。だから考える必要も無い。

photo by dakadev_pui

ロモグラフィーでカメラ開発を行うことに興味を持ったきっかけは?
長い話なんだけど、まぁシンプルに言うと、強い興味と偶然によってロモグラフィーのLomography R & D(製品開発部)に入ることになったんだ。

あなたのお気に入りのカメラデザイナーは誰ですか?
オリンパスの米谷 美久とローライの Heinz Waaske (ハインツ・ヴァースケ)

注釈 
米谷 美久: 「オリンパス・ペン」、「オリンパス・ペンF」、「オリンパス OM-1」を初めとするOM-system、「オリンパス XA」などの独創的なカメラを相次いで生み出した。
Heinz Waaske (ハインツ・ヴァースケ) : Rollei35シリーズなどのカメラを設計した。

photo by eyecon

LC-Wide を使う他のロモグラファーと共有したいテクニックはありますか?
カメラをもっていても、ビューファインダーを忘れるくらい、出来る限り近づいて!
感度の高いフィルムを使ってエンドレスパノラマを撮ってみて

ステップ – 1: 巻き上げコントロールスイッチを「HF」にセット
ステップ – 2: プラスチック製の17x24mm(HF)フレームかプラスチック製フルフレームをフィルム室のレンズ部分に装着しない
ステップ – 3: 撮影する時に、レンズカバー開閉レバーを「HF」の位置に合わせてカバーを開く
ステップ – 4: 始めから最初までフィルムを撮影する
ステップ – 5: 一本のフィルム全て撮影が終わったら、オーバーラッピングの美しい写真が出来上がる!

世界の終わりに、3つ何かを持っていくとしたら、何を持っていきたいですか?
ただ家族と一緒にいられればそれで充分だよ。

夢への強い興味があれば、自分の思ったような理想のキャリアをデザイン出来る。完璧なカメラを開発することができるのさ。

LOMO LC-Wide 写真ギャラリーはこちらから
LOMO LC-Wide のマイクロサイト
オンラインショップへ

スペシャルインタビュー: LOMO LC-Wide開発秘話 (パート2)

関連記事

LOMO LC-Wideでスーパービネット
LOMO LC-Wideで夜間撮影
LOMO LC-Wideでごちゃ混ぜのポートレート写真
LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真をクレイジーに楽しもう!
LOMO LC-Wide レビュー
LOMO LC-Wideと ビューファインダーから見えるより広い世界へ
LOMO LC-Wide V.S. LOMO LC-A+
スタッフレビュー:いま話題のカメラLOMO LC-Wideを大解剖

2011-06-12 #lifestyle #lomo-lc-wide #inventors #mr-cat yanicat の記事
翻訳 tame

他の記事を読む

  • 【新製法】LomoChrome Purple がさらに進化して登場!

    2017-05-24 #gear #ニュース
    【新製法】LomoChrome Purple がさらに進化して登場!

    サイケデリックな発色が人気のロモグラフィーの35mmフィルム LomoChrome Purpleが新しい製法になり、さらに進化して帰ってきました!

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • nao ashidachi × Lomography『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパー配付中

    2018-03-20 refallinsasaki の記事
    nao ashidachi × Lomography『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパー配付中

    東京の街と人物を日々撮り続けるフォトグラファーの あしだち なおさん。今回、コラボ企画として『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパーを作りました。 その中身を少しだけご紹介します!さらにフリーペーパーには収まりきらなかった写真も大公開。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ロモグラフィーのアートレンズシリーズを一挙公開!

    2017-04-29 trifivy の記事
    ロモグラフィーのアートレンズシリーズを一挙公開!

    伝統的なLC-A+の写りを再現したMinitar 1から、写真黎明期の幻想的で優美な写真を蘇らせたDaguerreotype Achromat Lensまで、現在発表されているロモグラフィーのアートレンズシリーズを一挙大公開!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LOMO KIOSK が期間限定でOPEN!@STANDBY TOKYOイクスピアリ店

    2017-05-05 #ニュース refallinsasaki の記事
    LOMO KIOSK が期間限定でOPEN!@STANDBY TOKYOイクスピアリ店

    「旅」をコンセプトにした、セレクトショップ STANDBY TOKYOのイクスピアリ店にて、LOMO KIOSKが期間限定でOPEN!おなじみのロモグラフィーのカメラから、なんと Lomo'Instant Automat Glassまでご覧いただけます!お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • Lomography生誕25周年記念!! ~ロモウォール制作ワークショップ~

    2017-11-10 refallinsasaki の記事
    Lomography生誕25周年記念!! ~ロモウォール制作ワークショップ~

    今年生誕25周年を迎えるロモグラフィーは、世界各国で『ロモウォール』を作り盛大に記念日をお祝いしようと計画しています!私たちロモジャパンも、 代官山 北村写真機店 で11/23 (祝・金) から25周年記念特別フェア 『LOMOGRAPHY博物館』 を開催予定です!ロモグラフィーの歴史紹介や、世界に数台しかない Lomo LC-A+ 限定バージョンの展示など、楽しい企画が盛りだくさん。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • 【大発表!】通常購入より絶対お得!Neptune Lensの全リターンの割引率を公開

    2017-05-30 trifivy の記事
    【大発表!】通常購入より絶対お得!Neptune Lensの全リターンの割引率を公開

    おかげさまでもうすぐ500万円に届きそうな勢いで支援を集めている Neptune Convertible Art Lens System。気になるけど、通常販売まで待とうかな…と考えているあなた!今日はなんと特別に、Neptune Lensをいま支援すると通常購入と比較してどれだけお得なのか、大発表します!

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!