フィルムの両側で多重露光!

フィルムの裏側で写真を撮ると赤い写真(redscale)で撮れます。でもこうして撮るとやっぱり青い色も欲しいな〜って思ったりします。だったら両側で撮ればいいんだ!

ちょっと前にこんな テクニック を読んだ。

自分でRedscaleフィルム作れちゃうなんてすごい!でも両側で撮ったらどうなるんだろう?という事で友達のニック(Nic)にKodak Gold 800で写真を撮ってもらった。そして裏側でまた写真を撮ってみた。撮れた写真は最高だと思う!

また LOMO LC-A+Horizon を使ってFuji Superia 400で撮ってみた。

違うフィルムで撮ると裏側のトーンが少し違って撮れた。まだスライドフィルムで試していない。次はトライしてみようと思ってる!みんなもやってみたら?結構楽しいよ!

LOMO LC-A+ :言わずと知れた、自動露出機能で、感度設定の幅がISO 1600まで対応する、多重露光撮影も可能なコンパクト35mmカメラ。今すぐ オンラインショップ で手に入れよう!

Horizon Perfekt は通常の約2コマ分のフィルムを使用し、ダイナミックなパノラマイメージを撮影することができます。絞りやシャッタースピードを細かく設定することができ、撮影を全体的にマニュアルコントロールすることが可能です。驚きの美しいパノラマ写真を Horizon Perfekt でご堪能下さい。

2011-08-09 #gear #テクニック #film #redscale #doubles #tipster #35mm porkchopsandy の記事
翻訳 jenbo

他の記事を読む

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people #Lomoamigos Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #world #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

  • LomoAmigo: Paul Del Rosario、Belairで撮る

    2015-05-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigo: Paul Del Rosario、Belairで撮る

    Paul Del Rosarioは日本で24年間活動を続けているサンフランシスコ出身の写真家。外国人があまり目にすることの無い東京の裏側に着目し、ありのままの混沌としたダーティーな素顔をモノクロ写真に写し込みます。彼は120 loveというファッションブランドにも所属しており、フィルム写真の精神をストリートカルチャーに浸透させる活動をしています。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear #ライフスタイル tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • 仁志しおり展示: F L O W @RR-COFFEE TEA BEER BOOKS (新代田)

    2015-11-30 #people #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    仁志しおり展示: F L O W @RR-COFFEE TEA BEER BOOKS (新代田)

    フォトグラファー仁志しおりさんの展示が新代田 RR-COFFEE TEA BEER BOOKSで始まりました。写真作品だけではなく、FLOW - 一連の動作- を意識した空間をお楽みいただけます。 CANON EOS 5とPetzval 85 Art Lensで撮影したフィルム写真も多数展示されますので、お近くの方は是非足を運んでみてください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: バルブモード

    2015-10-16 #gear #ニュース Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: バルブモード

    ナイトドライブをするだけで満足しないで!美しい夜の景色はしっかりと写真に残して家に持ち帰りましょう。Lomo'Instant Wideのバルブモードで、ネオンが輝く美しい夜景が写し出された長時間露光写真を撮影しましょう。

  • LOMO LC-Aで写し出す冬の色

    2015-12-11 #gear #ニュース tomas_bates の記事
    LOMO LC-Aで写し出す冬の色

    コートを着て、LC-A+を手に冬の散歩を楽しみましょう。35mmフィルムに写し出される景色は、やっぱり寒そうだけどとってもチャーミングな雰囲気で包まれます。ヴィネット(周辺光量落ち)効果や鮮やかな発色は写真に個性をプラスし、あなただけの一枚に。この記事ではロモグラフィーのコミュニティー上にアップロードされたLC-A+(LC-A)の冬の写真をご紹介します!