ユーザーレビュー:Holga Wide Pinhole Camera (WPC): 露光表&その他

1

このカメラは、神話に出てくる怪獣リバイアサンが船を飲むように私のフィルムをばくばく食べます。このピンホールモンスターについていくつかのテクニックをご紹介します。

ロモグラフィーサイトでこのカメラ、「WPC」を検索すると、3つのカメラレビュー( mephisto19 , kylewis, juznobsrvr ) 、3つのフィルムレビュー (eggzakly, mephisto19 rater) 、そして3つのロモロケーション ( eggzaklyによるここと, ここここ)、 そして、 eggzaklyの1つの三脚のレビューがありました。

これら全ての記事によるすばらしい説明がかなりの量であることに反して、私には疑問に対する明確な答えをみつけることができませんでした。その疑問は、「どれ位の長さ露光したらいいの?」ということです。

これを改善するために、そして、私の撮影欲望を満足させる為に、私は沢山ピンホール写真を撮りました。色々なフィルムで、異なる現像方法で、そして異なる環境下で、様々な露光時間を測って試しました。
そして、ついに私は表を完成させました。もしあなたがこれを使うとしても、絶対的な満足の保証はないことを注意して下さい。結果は乳剤によって、また、個人の光の感覚によって変化します。私は決して露出計は使っていません。ただ心の中でカウントしただけです。(超長い露光時間の時を除いて)

この表の時間を使って、私は下記の結果が得られました。

通常の E6 現像(ポジ現像)またはクロスプロセスで:
ハイブリッド現像で:
Rodinalで:

この結果には満足でしたが、まだ十分ではありません。例えば、WPCでも、35mmフィルムを使えます。また、70mm アクション(35mmフィルムを2本使う)も試すことができます。
35mmフィルムを使うには、まずはHolga用フレームカウンターのアイデアを再利用しなくてはいけません。WPCに適応すると、これがカウンターです。

これらの矢は、あなたが撮った後にまず巻上げダイヤルを2回転まわして、その後にショットとショットの間でしなければならない回転の割合を示しています。見ればわかる通り、1と2は同じポイントです、つまり1枚目から2枚目のフレームへ回すのに3 (まず2回転+1)回転必要ということを意味します。そして、次の3枚目は、2回転後、2から離れた次の3の割合まで回します。このようにして使っていきます…

あなたがフィルムを現像した後、やっておくべきなのは、フィルムを全てトイレットペーパーのようにロール状態にしておくこと。輪ゴムできつく締めておきます。フィルムは必ず乳剤面を外側にして、ペーパー芯に並行にします。

これは、スキャナーガラスでフィルムが曲がってしまわないようにし、ニュートンリング’ができるのを避けます。

さあ。フィルム全体のエリアをスキャンする70mm写真を作りたい時はどうしましょう。私のDigitaLIZAは私にスキャンに関するほぼ全ての満足度を与えてくれるにも関わらず、 DigitaLIZA は、この為に用いるには合いません。35㎜フルスキャンを行うチープな方法は、120フィルム用スキャンマスクに貼りつけ、スキャナーに装備することです。

もし DigitaLIZA がフィルム全体のエリアをスキャンしないことが本当なら、このテクニックは、Holgaのスクエア70mm写真を作る時にも便利です。120フィルム用 DigitaLIZAに90度に2つの半分のフレームを一緒に置きます。
これで簡単に、2つの半分を一緒にスキャンすることができます。(そして、これにより別々にスキャンした時に起こる、2つの半分の間に起こるスキャン状態のバラつきも避けることができます。)

これらは、Kodak E100GXと、Velvia 100Fのクロスプロセスコンビネーションの結果です。

これは、ATP DC Developerで現像したATP 1.1 32 isoの結果です。

まだこのレビューを読んでいるの?
多分違うよね?
なぜって、あなたはもうWPCを注文しちゃったでしょ。
私は知っていますよ。

Holga 120 Wide Pinhole Cameraを購入する

2011-08-12 #gear #diy #pinhole #review #long-exposure #c41 #cross #exposure #table #time #sprockets #e6 #homemade #bulb #wpc #rodinal #process #counter #lomography #handmade #xpro #x-pro #holga #70mm #cross-process #chemistry #processing #70 #atp #chemistries #chemical #digitaliza #user-review #hybrid-process #hpro stouf の記事
翻訳 kyonn

1 Comment

  1. stouf
    stouf ·

    翻訳していただきありがとうございます!

他の記事を読む

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    2017-05-21 #gear #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens:細部まで鮮明に写す「Thalassa(タラッサ): f/3.5 / 35mm」

    街のなかではいつだって面白い事件が起こっています。Neptune Convertible Art Lensにワイドアングルの35mmレンズを取り付けて、街中を冒険しましょう!ショットグラスサイズの50mmや80㎜もコンパクトに持ち運べるので、被写体に応じての取り換えも簡単です。