ユーザーレビュー:Holga Wide Pinhole Camera (WPC): 露光表&その他

1

このカメラは、神話に出てくる怪獣リバイアサンが船を飲むように私のフィルムをばくばく食べます。このピンホールモンスターについていくつかのテクニックをご紹介します。

ロモグラフィーサイトでこのカメラ、「WPC」を検索すると、3つのカメラレビュー( mephisto19 , kylewis, juznobsrvr ) 、3つのフィルムレビュー (eggzakly, mephisto19 rater) 、そして3つのロモロケーション ( eggzaklyによるここと, ここここ)、 そして、 eggzaklyの1つの三脚のレビューがありました。

これら全ての記事によるすばらしい説明がかなりの量であることに反して、私には疑問に対する明確な答えをみつけることができませんでした。その疑問は、「どれ位の長さ露光したらいいの?」ということです。

これを改善するために、そして、私の撮影欲望を満足させる為に、私は沢山ピンホール写真を撮りました。色々なフィルムで、異なる現像方法で、そして異なる環境下で、様々な露光時間を測って試しました。
そして、ついに私は表を完成させました。もしあなたがこれを使うとしても、絶対的な満足の保証はないことを注意して下さい。結果は乳剤によって、また、個人の光の感覚によって変化します。私は決して露出計は使っていません。ただ心の中でカウントしただけです。(超長い露光時間の時を除いて)

この表の時間を使って、私は下記の結果が得られました。

通常の E6 現像(ポジ現像)またはクロスプロセスで:
ハイブリッド現像で:
Rodinalで:

この結果には満足でしたが、まだ十分ではありません。例えば、WPCでも、35mmフィルムを使えます。また、70mm アクション(35mmフィルムを2本使う)も試すことができます。
35mmフィルムを使うには、まずはHolga用フレームカウンターのアイデアを再利用しなくてはいけません。WPCに適応すると、これがカウンターです。

これらの矢は、あなたが撮った後にまず巻上げダイヤルを2回転まわして、その後にショットとショットの間でしなければならない回転の割合を示しています。見ればわかる通り、1と2は同じポイントです、つまり1枚目から2枚目のフレームへ回すのに3 (まず2回転+1)回転必要ということを意味します。そして、次の3枚目は、2回転後、2から離れた次の3の割合まで回します。このようにして使っていきます…

あなたがフィルムを現像した後、やっておくべきなのは、フィルムを全てトイレットペーパーのようにロール状態にしておくこと。輪ゴムできつく締めておきます。フィルムは必ず乳剤面を外側にして、ペーパー芯に並行にします。

これは、スキャナーガラスでフィルムが曲がってしまわないようにし、ニュートンリング’ができるのを避けます。

さあ。フィルム全体のエリアをスキャンする70mm写真を作りたい時はどうしましょう。私のDigitaLIZAは私にスキャンに関するほぼ全ての満足度を与えてくれるにも関わらず、 DigitaLIZA は、この為に用いるには合いません。35㎜フルスキャンを行うチープな方法は、120フィルム用スキャンマスクに貼りつけ、スキャナーに装備することです。

もし DigitaLIZA がフィルム全体のエリアをスキャンしないことが本当なら、このテクニックは、Holgaのスクエア70mm写真を作る時にも便利です。120フィルム用 DigitaLIZAに90度に2つの半分のフレームを一緒に置きます。
これで簡単に、2つの半分を一緒にスキャンすることができます。(そして、これにより別々にスキャンした時に起こる、2つの半分の間に起こるスキャン状態のバラつきも避けることができます。)

これらは、Kodak E100GXと、Velvia 100Fのクロスプロセスコンビネーションの結果です。

これは、ATP DC Developerで現像したATP 1.1 32 isoの結果です。

まだこのレビューを読んでいるの?
多分違うよね?
なぜって、あなたはもうWPCを注文しちゃったでしょ。
私は知っていますよ。

Holga 120 Wide Pinhole Cameraを購入する

2011-08-12 #レビュー #atp #x-pro #counter #70mm #homemade #hybrid-process #diy #wpc #long-exposure #bulb #holga #exposure #pinhole #time #chemistry #user-review #cross #table #70 #processing #cross-process #chemistries #process #xpro #digitaliza #lomography #e6 #c41 #sprockets #handmade #hpro #rodinal #chemical stouf の記事
翻訳 kyonn

1 Comment

  1. stouf
    stouf ·

    翻訳していただきありがとうございます!

他の記事を読む

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    2016-03-24 #people #テクニック bartolomo の記事
    テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    人の創作意欲に限界はない!新しいものを取り入れ、新しいものを創り出すことは私たちのライフワークです。アナログ写真を愛するロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるilcontrariodimeは、フィルムに何か思いついたものを描く「フォト・スクラッチ」というテクニックを作り上げました!

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear #ライフスタイル tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #gear #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #world #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #テクニック imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。