粒子の細かいフィルム Kodak Ektachrome E 100G 35mm

2011-09-12

フィルムを使うと粒状感がどうしても出ます。でもE100Gは粒状感と日光のバランスのとれたスライドフィルムなので心配いりません。

つやのある光沢のでる E100G を使ってみて、とても気に入りました。光沢のある表面や、触りたくなるような織物、何を撮影するのであれ E100G を使うと、レンズ越しにみたままの写真を撮ることが出来ます。

E100Gは扱いが難しくコストがかかり環境的にも不十分な処理しかできないことが問題となっていたKodachromeの一時的な代用品として発売されたのだと思います。

E100Gはすごく自然な色をだします。 Fuji Velvia 50のように荒くもなく E100G のほうが人物を撮るには向いています。Velviaはポートレート向きではありません。ここでもう一度言っておきます。フィルムには粒状感がつきものです。日中の撮影には、細やかな粒状感を出すスライドフィルムE100G ならその心配もいりません。

E100Gを使って、お気に入りの写真を撮りましょう。

2011-09-12 #gear #requested #slide-film #film #review #user-review #iso100 #kodak #e100g #lomography #ektachrome #crossprocess #slides kuryzu の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

    2015-10-13
  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

    2015-11-05
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016-08-22 lomographyplus の記事
    【レポート】Lomography+主催『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』

    2016年8月11日(山の日)に行われた『Lomo'Summerピクニック!~フィルム体験会編~』はLomography製のフィルムから他社製品のフィルムを気軽に体験できるという夏の光を写すにはピッタリのイベントでした。今日はそのイベント模様をレポート!夏らしさ溢れるスペシャルな写真の数々は必見です!!また参加者みなさまのギャラリーと共に、使用フィルムの特長や撮影時のテクニックについてもご紹介も致しますので、どうぞごゆっくりご堪能下さいませ。

    2016-08-22
  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

    2015-12-01
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 【レポート】hodachrome × Photolabo hibi 多重露光ワークショップ

    2015-12-28 #ニュース hodachrome の記事
    【レポート】hodachrome × Photolabo hibi 多重露光ワークショップ

    11月15日に、京都市で多重露光をテーマにしたワークショップを開催しました。コンパクトフィルムカメラを使って気軽に多重露光を楽しんでもらおうというものだったのですが、そのワークショップの様子をまとめましたので報告させていただきます♪

    2015-12-28
  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

    2015-10-29
  • [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    2016-08-13 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    Petzval85で撮影されたBonnarooフェスティバルもぐるぐるとパワフルでしたが、LC-Wideで撮られたフィルム写真はまた別の味があります。粒子一つ一つから音が聴こえてきそうな、なめらかで人のぬくもり感じる写真をお楽しみください。

    2016-08-13
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    2016-07-14 ciaoannacotta の記事
    親子向けサマーワークワークショップ「写真教室」@3331こども芸術学校※受付終了※

    昨年大好評頂きましたアーツ千代田3331主催「3331 こども芸術学校」で開かれた親子向けサマーワークショップ。今年もロモグラフィーは「写真教室」を開くことが決定いたしました。フィルム写真の楽しさをお子様と一緒に体験して頂けますので、夏の思い出作りにぜひいらしてください♪※各教室、定員に達しましたので申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございます!※

    2016-07-14
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05