Jon Salt's フィルム撮影があなたを芸術家にする10の方法

フィルム写真家は生まれついて芸術家気取りです。行動や、撮影する写真や彼ら自身はだいたい自動的にファンキーで古くさくしようと意図されています。皮肉なブロガーのJon Saltによると全てのフィルム写真家のセルフポートレートは彼らの記録であり、そうでないなら単に"芸術っぽくなってしまった"だけらしいです。

勘違いしないでください。アナログ写真家がみんなクールだと一般化するのはもちろん、誇張でしょう。そうではないんです。ステレオタイプをつくることが私たちの仕事ではありません。しかしながらここに、冷笑的なオンライン作家 *Jon Salt* が「なぜフィルム撮影は人を(にわか)芸術家にしてしまうのか」を10のポイントにしてシニカルで面白く書き上げました。なんでもありなんです!

Credits: jorgesato

ONE
まず始めに、アナログカメラを首にかけることでずんぐりとしたデジタルカメラを首にさげるよりも単純に芸術家っぽくみえます。残念なことに、ライフスタイルマガジンの古いカメラはクールだといういくつかの記事によると、本当にカメラが好きな人とただのファッションとしてカメラを身につけている人を見わけるのは難しいそうです。
使い方を知ることが、そのゲームに参加するってことだとわかってください。

TWO
フィルムを巻き上げるのは知らない人にとっては特別な技術に見えます。
そしてそれは芸術家っぽくみえます。もしフィルムを撮り終えていなくても、開けて、フィルムを取り出して、そしてそのフィルムをまた入れるってことを皆が見ている場所でやってください。そしたらその部屋の中で一番の芸術家としてみられますよ。
もし誰も気づかなかったら、何回もやってください。

THREE
もし自分は写真家だという人に出会った場合、アナログかデジタルどちらを使っているのか聞いてみてください。もしデジタルと答えたなら、少しだけニヤっと笑った後、真面目な顔して「クールだね」と言ってみてください。言われた人は本当はあなたが「俺(わたし)の方がずっといいけどね」と思ってるということを理解するでしょう。

FOUR
フィルムで撮ることは昔ながらのこと。過去には、今より多くの人がアトリエを使っていました。(例えば、Dickens and Shakespeareのような)
だからこそあなたは(にわか)芸術家なんです。

FIVE
写真を現像にだすとき、ラボで引き換え用の小さい紙をもらうでしょう。それを財布に入れておきましょう。どこかでお金を払う際には毎回、その紙を落として、そして大きな声で「写真を受け取りを忘れないようにしなきゃ」と言ってください。その忘れっぽさとアナログ撮影しているってことが相まってより芸術家っぽく見られることでしょう。これはとくにデート中に効果的です。

SIX
アナログ写真はネガを必要とするので、いつでもあなたの芸術性を持ち歩くことができます。忙しい時間帯のバスや地下鉄にネガを持って行ってください。それにざっと目を通して、研究して、光に当ててみてみたりしてください。
街に行っても同じことをしてみてください。iPhoneでゲームをしているダサイ人たちがあなたを見上げて、自分はあなたと比べるとなんて浅い生活をしているんだろうと気づく様を見てあげましょう。

SEVEN
友だちの集合写真を撮るときに、「いい写真が撮れた!」と叫びましょう。みんなが近くに集まってきて、ディスプレイを見ようとするでしょう。もちろんそんなものはありません。あなたはいい写真が撮れたことを知っていますが、彼らはそれを確認するのにディスプレイが必要なんです。
どっちが芸術家っぽいですか?あなたですよね。

EIGHT
余分なフィルムは冷蔵庫の中で保存しましょう。なぜって?いいからそうするんです。そしてバーベキューのようなイベントを主催したときに、友だちに冷蔵庫からビールを持ってきてと頼むんです。そうすると友だちは、あなたは食べ物なんかより芸術を大切にする人間なんだと思ってくれるでしょう。もし彼らが何も言わなかったとしても、必ずそう思われています。

Credits: moodification

NINE
Facebookにアナログ写真をアップしたら、デジタルのアルバムの倍の「like」がもらえるでしょう。単純に、きっとフレンド登録依頼もきますよ。もし芸術的なプロフィール写真だったら承諾してあげましょう。そうじゃなかったらしないように。

TEN
芸術性をみせびらかすために、批判を恐れずにセルフポートレートを撮りましょう。デジタルだとそれはナルシストっぽくなってしまいますが、アナログのポートレートはそうはなりませんよ。だってフィルムを現像に出すために残りを使いきったってだけなんですから。

テキストはJon Salt氏が著したもの元に使用しています。彼の風刺にとんだ記事のブログ、 Cultural Self-Improvement は、 www.jonsalt.wordpress.com よりご覧いただけます。

2011-09-13 #lifestyle #jon-salt # #blogs basterda の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 2016年1月のトレンド写真

    2016-02-06 #ニュース lomography の記事
    2016年1月のトレンド写真

    わざわざ寒い思いをして出かけなくても、暖かくて快適な家でフィルム越しに絶景を楽しめます。先月コミュニティーでトレンドとなった写真はフォギーな冬の風景や建築物の写真などが目立ちました。冬を感じる写真をこちらの記事でお楽しみください!

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 58 Bokeh Control: Emily Sotoのファインアート

    2015-06-30 #people Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: Emily Sotoのファインアート

    Emily Sotoの写真は、とてもロマンチックで芸術的手腕であふれています。彼女はハイファッション・ポートレイトやで知られており、各誌面での経験で培われた彼女の作品は、正しいコンセプトと適切なアートディレクションの基でファインアートとして結びつきます。今回のエモーショナルなファッションポートレイトシリーズはPetzval 58 Bokeh Control Lensを使って撮影されました。

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • 12/16(水)のアドベントカレンダー: フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-16 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/16(水)のアドベントカレンダー: フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    あなたの愛するカメラで、年末年始の思い出を切り取る準備は万端ですか?アナログ写真はカメラがあってもフィルムがなくては始まらない!あなたのアナログ熱をロモグラフィーがサポートします!

  • スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    2015-10-06 #people ciscoswank の記事
    スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

    東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。