デイビット・ベイリーとスウィンギング シックスティーズ

2011-09-10

デイビット・ベイリーはその時代の最も傑出した写真家の一人でした。ファッション界に一時代を築き、黒と白のハイコントラストな写真とともに有名でもありました。

David Bailey, self-portrait image© David Bailey via Another Mag

60年代というのは"スウィンギング シックスティーズ"と称される時代でした。デイビット・ベイリーがテレンス・ドノヴァンやブライアン・ダッフィーと共に現れ、ファッション界に革新をもたらしたことでそう呼ばれています。彼らは主に有名な俳優や女優、ミュージシャンと活動を共にしました。その革新的な評判を称して"The Black Trinity(黒い三人組)"と呼ばれました。
彼がレンズを通してとらえるイメージはモデルから強い感情を引き出しました。これによって、イギリスでもっとも名高い写真家となったのです。

Salvadore Dali, Paris 1972 image© David Bailey via PDN Gallery

彼は失読症でしたが、好きなことをやり続けました。黒と白のハイコントラストによる確立された彼のスタイルは彼の名声を確固たるものにしました。
“スウィンギング シックスティーズ”の時代にジーン・シュリンプトン、ツイッギー、ミック・ジャガー、マリアンヌ・フェイスフル、そしてビートルズを撮影しました。

Mick Jagger, 1964 image © David Bailey via PDN Gallery

仲間たちと手にした名声とステータスを別にしても、デイビット・ベイリーはイギリスのヴォーグの表紙を撮影し、さらに成功をおさめました。彼は1961年から1992年の間に29枚の表紙を撮影し、2010年にはヴォーグがベイリーと50年以上共に働いたことを祝うグランドパーティーを開催しました。そこには様々な著名人が出席し、トム・フォードやマリークヮントそしてケリーブルックもいました。

Jack Nicholson, London 1984 via PDN Gallery

彼は成功をおさめましたが、未だに型破りで新しい挑戦を続けています。
だからこそ彼はまだキャリア積んでいるのです。

Francis Bacon, London Studio 1983 © David Bailey via PDN Gallery

デイビットベイリーの作品は以下でご覧になれます
David Bailey's official website.

2011-09-10 #lifestyle #fashion #vogue #photographer #david-bailey #sixties #analog-photography jeanmendoza の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

    2017-08-21
  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    2016-10-04 #people Ciel Hernandez の記事
    Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    ファッションを担う人々は、昔から洗練されたスタイルとファッションという型にはまった厳しいルールを押しつける傾向にあります。その一方でファッション界の別の面では、日米フォトグラファーMaya Kibbel(マヤ・キベル)によって「かわいい」と「色っぽい」の中間のようなファッションも奨励されています。

    2016-10-04
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    2017-03-11 #gear lomographymagazine の記事
    色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

    Arthur Pangは香港の写真家。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だと語ります。今回彼にLomography F²/400 Color Negative Filmでありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!

    2017-03-11
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 夢で見た景色を再現: Rachel Gist × LomoChrome Film

    2016-10-27 #people lomographymagazine の記事
    夢で見た景色を再現: Rachel Gist × LomoChrome Film

    夢に出てくる現実ではありえない景色にインスピレーションを受けて、写真家であり映像作家のRachel Gistはアナログ写真によってその異世界の風景を再現しました。今回はLomoChromeフィルムで撮影された彼女の美しくもダークな作品たちをご紹介します!

    2016-10-27
  • LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    2017-05-23 #people biondapiccola の記事
    LomoAmigo:Anna Di Prosperoが写すセルフィー&日常風景

    Anna Di Prosperoはその類まれなる才能で職業としての写真家の道を切り拓きました。日常を切り取る写真家・AnnaがLa Sardina DIYで楽しく撮影した写真をインタビューとともにお楽しみください!

  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    2017-01-28 #culture lomographymagazine の記事
    いま「古い」が「新しい」!!: フィルム写真の良さとは?

    たしかにフィルムカメラは、今の写真業界の主流ではないかもしれません。しかし、アートフォトの分野におけるフィルムカメラユーザーの多さを見逃すことはできません。今日は、フィルム写真ならではの良さを写真とともにご紹介いたします!

    2017-01-28
  • 【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    2016-11-09 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Diana F+ Lensシリーズ×デジタルカメラ

    直営店スタッフがDiana F+ Lensシリーズをテストしてみました! ドリーミーな写りで有名なDiana F+のレンズは、デジタルカメラに装着するとどのような写真を生み出してくれるのでしょうか? レンズの特徴を活かしたテクニックもあわせてご紹介します!

    2016-11-09 1
  • Neptune Convertible Art Lens System × Wilson Lee:大迫力のアメリカ旅行!

    2017-06-11 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens System × Wilson Lee:大迫力のアメリカ旅行!

    香港の写真家・Wilson LeeがNeptune Convertible Art Lens Systemとアメリカ旅行へ!デスバレー、グレートキャニオン、アントロープキャニオンの三大観光名所に足を運んで撮影に挑戦しました。今回の撮影では35㎜と80㎜のフロントエレメントを使用。迫力ある作品とともに、レンズの感想を聞いてみました!