デイビット・ベイリーとスウィンギング シックスティーズ

デイビット・ベイリーはその時代の最も傑出した写真家の一人でした。ファッション界に一時代を築き、黒と白のハイコントラストな写真とともに有名でもありました。

David Bailey, self-portrait image© David Bailey via Another Mag

60年代というのは"スウィンギング シックスティーズ"と称される時代でした。デイビット・ベイリーがテレンス・ドノヴァンやブライアン・ダッフィーと共に現れ、ファッション界に革新をもたらしたことでそう呼ばれています。彼らは主に有名な俳優や女優、ミュージシャンと活動を共にしました。その革新的な評判を称して"The Black Trinity(黒い三人組)"と呼ばれました。
彼がレンズを通してとらえるイメージはモデルから強い感情を引き出しました。これによって、イギリスでもっとも名高い写真家となったのです。

Salvadore Dali, Paris 1972 image© David Bailey via PDN Gallery

彼は失読症でしたが、好きなことをやり続けました。黒と白のハイコントラストによる確立された彼のスタイルは彼の名声を確固たるものにしました。
“スウィンギング シックスティーズ”の時代にジーン・シュリンプトン、ツイッギー、ミック・ジャガー、マリアンヌ・フェイスフル、そしてビートルズを撮影しました。

Mick Jagger, 1964 image © David Bailey via PDN Gallery

仲間たちと手にした名声とステータスを別にしても、デイビット・ベイリーはイギリスのヴォーグの表紙を撮影し、さらに成功をおさめました。彼は1961年から1992年の間に29枚の表紙を撮影し、2010年にはヴォーグがベイリーと50年以上共に働いたことを祝うグランドパーティーを開催しました。そこには様々な著名人が出席し、トム・フォードやマリークヮントそしてケリーブルックもいました。

Jack Nicholson, London 1984 via PDN Gallery

彼は成功をおさめましたが、未だに型破りで新しい挑戦を続けています。
だからこそ彼はまだキャリア積んでいるのです。

Francis Bacon, London Studio 1983 © David Bailey via PDN Gallery

デイビットベイリーの作品は以下でご覧になれます
David Bailey's official website.

2011-09-10 #ライフスタイル #fashion #analog-photography #sixties #vogue #photographer #david-bailey jeanmendoza の記事

他の記事を読む

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • Lomography Spinner 360: 自分撮り用カメラ

    2014-06-25 #レビュー simonesavo の記事
    Lomography Spinner 360: 自分撮り用カメラ

    もしあなたも眺めの良い写真がお好きなら、さらに、たとえ助けがなかったとしても、どんな場所でも360º撮りたいなら… Spinner 360°は、まさにそんなあなたの為の一台。詳しくどうぞ!

  • Petzval Artist: Nigal Raymond、日本を写し出す

    2014-12-04 #people #Lomoamigos hembot の記事
    Petzval Artist: Nigal Raymond、日本を写し出す

    PlayStation Londonのクリエイティブディレクターであり熱心な写真家でもあるNigal Raymond。彼はPetzvalレンズを持って日本に赴き、きらめくストリートを撮影しました。彼の美しい写真をインタビューと共にお楽しみください。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • Petzval Lens:結婚式にぴったりな一台!

    2014-06-23 #ライフスタイル jillytanrad の記事
    Petzval Lens:結婚式にぴったりな一台!

    恋人たちの時間のなかで、結婚式はもっとも最高なひとときのひとつ。多くのカップルが最高のブライダル写真を撮りたいと望み、その最高なひとときを永遠に残したいと願うことでしょう。

  • とっても簡単!カラースプラッシュ

    2014-06-02 #gear #tipster shhquiet の記事
    とっても簡単!カラースプラッシュ

    カラースプラッシュはあなたの写真に奇跡を起こします。写真の雰囲気を選んだり、色を強めたり、全く新しい世界へ足を踏み入れることができます!高度な写真技術はここでは必要ありません。ただ、カラースプラッシュカメラ(もしくはフラッシュ)とあなたの想像力があればいいのです。犬を緑色に「描いて」みたり、友達の顔をピンクの光で染めてみたり……可能性は無限です!これは昼から夜まで試せるカラースプラッシュの技のリストです。

  • ショップニュース

    驚きの変色:LomoChrome フィルムシリーズ

    驚きの変色:LomoChrome フィルムシリーズ

    自然の色をパープルのトーンへと変色させるLomoChrome Purpleフィルム、そして衝撃的なターコイズとゴールデンカラーへの変色を楽しめるLomoChrome Turquoise フィルム。Purpleフィルムは現在オンラインストアで販売しています。Turquoiseフィルムはオンラインストア限定の予約受付中!(発送予定:2015年5月)

  • LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    2014-12-11 #people #Lomoamigos antoniocastello の記事
    LomoAmigo:Asher Moss、Lomo'Instantで撮る

    ロモグラフィーはAsher Mossの写真が大好きです!彼はもう何度もLomoAmigoとして登場しており、その度に新しいことにチャレンジしていただいてます。そんな彼にLomo'Instantを渡し、帰ってきた彼の写真がこちらです。

  • Film Photography Day Japan Competition:第1ラウンド 『Japan』

    2015-03-23 #world #ニュース #コンペティション ciscoswank の記事
    Film Photography Day Japan Competition:第1ラウンド 『Japan』

    4月12日のフィルムフォトグラフィーデー(フィルム写真の日)に向けて週毎にコンペティションを開催します! 今週のテーマはずばり『Japan』!ロモホーム上とTwitterの両方で応募できます。 豪華賞品もご用意しているので、あなたの代表作で是非ご参加ください!

  • 2014年、日本で最も人気だった写真を一挙にご紹介!

    2014-12-30 #ニュース ciscoswank の記事
    2014年、日本で最も人気だった写真を一挙にご紹介!

    2014年も様々な名作ロモグラフが誕生しました!ロモグラフィーのコミュニティーには、日本のロモグラファーの皆様がアップロードした数えきれない程の数の写真が今年もアップロードされました。その中でも最も人気を集めた写真を一挙にご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Julian Wasserの白黒写真

    2014-06-26 #ライフスタイル chooolss の記事
    Julian Wasserの白黒写真

    発売されたばかりの本、『The Way We Were』は熟練写真家 Julian Wasserの最初の有名なモノグラフでしょう。Julian Wasserは60年代から80年代にカルフォルニアのロサンゼルスで活動していた写真家です。彼の作品の一部を見てみましょう。

  • LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    2015-01-28 #gear #tipster toya1010 の記事
    LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    このフィルムを手にした時真っ先に撮影したいものがみつかったのです。 それは私、toya1010の心の中にある「記憶」でした。 きっと誰の心にもあるものだから、写すヒントを書いておきます。

  • マーカス・キーフ: めまいとムーディーなシュールレアリズムのマスター

    2014-08-07 #ライフスタイル impaktor の記事
    マーカス・キーフ: めまいとムーディーなシュールレアリズムのマスター

    マーカスキーフは、70年代のヘヴィー/アンダーグラウンド・ロックで最も象徴的なアルバムの裏に隠れる驚異的な写真家だった。 彼はブラック·サバス、ロッド·スチュワート、コロシアム、マンフレッド·マン、デヴィッド·ボウイ、ユーライア·ヒープ、そしていくつかのアルバム・カバーをデザインした。ここでは、彼の写真を紹介して行きましょう。