アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

リアドとDiana Baby 110

Diana Baby 110とビックアップル(ニューヨーク市の愛称)の組み合わせが、おもしろいコントラストのコンビネーションを見せてくれていますよ。リアドに会って、彼がいったいこの小さいカメラを使って、ニューヨークでどのように楽しんでいるのかインタビューしました。

リアド、よろしくお願いします!

それではまず最初の質問です。①住んでいる場所 ②身につけている服の色 ③これを見るとつい笑っちゃうもの、この3つについて教えて下さい。

ニューヨークに住んでいます。今着ているのは、青のジーンズに黒いシューズ、Tシャツの色は毎日ちがうね!

では次に、 Diana Baby 110? Baby 110を持ってどこに行って、何を(誰を)撮影しましたか?

公園に持って行ったね。散歩のときなんかに。この間は、セントラルパークでやってるサマーステージのビーチハウスを撮りに行ったよ。雨が強く降ってたから、思うようには撮影できなかったんだけどね。

Diana Baby 110をいちばん誇らしく思う場面というのはどんな時でしたか?

はじめの一歩がスタートした時だね。

Diana Baby 110には24mmの標準レンズと、12mmのワイドアングルレンズの2つのレンズオプションがありますけど、どっちがお気に入りですか?

ワイドレンズが好きだね。この世界の大きさを1枚の写真の中に入れ込むにはワイドレンズじゃないとね!

Diana Baby 110 を使って撮ってみたい人物は?

この間生まれた甥のアダムだね!生まれたばっかりなんだよ!ちょうど3週間前に生まれたんだ!

関連記事
リアド・コーエン (Liad Cohen)、Lomo LC-A+で撮る

ロモグラフィーから Diana Baby 110 110カメラファミリー 110カメラマイクロサイト

webo29 さんの投稿、keniさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: DeutschPortuguês & Türkçe.