Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

モスクワとニューヨークにて行われた、ロモグラフィー初展覧会

夢を実現させたとき、人は次の目標をもち、それに向かって突き進む。ロモグラフィーもそんな人たちによって出来た会社です。初のロモウォールを使って大成功した展覧会の後、ロモグラフィーソサエティ・インターナショナルは名案を思いつきました。アメリカとロシアとで展覧会を開こう!何万枚ものロモ写真が世界で繰り広げた、ロモヒストリーを紹介します!

1992年に開かれた 初のロモウォール を使った展覧会の夜、ロモグラフィーソサエティ・インターナショナルの会長は既に次のイベントを考え始めていた。そう、もっと大きな規模の展覧会のことを。

冷戦の名残が残りつつあったアメリカ合衆国とソビエト連邦。そんな両国間の隙間を埋めることができるだろう、と思い企画されたこの次の展覧会。ロモグラフィーソサエティ・インターナショナルはオーストリア政府の協力を借りて、この計画を進めて行った。

1,000本以上の35mmフィルムが使われ、40,000枚以上の写真が現像された。アメリカとソビエトの両国のロモグラファーたちによって写真は創られ、そのうちの10,000枚はニューヨークで撮影され、ソビエトにて展覧会を行った。その次の日にはニューヨークで展覧会が行われ、そこで使われた写真は、言うまでもなくモスクワで撮影された10,000枚に及ぶロモ写真だった。

そんな素晴らしい功績を残したロモグラフィーソサエティ・インターナショナル。その後ロモオプティカルに足を運び、ロシア製LC−Aの制作、そしてロモヒストリーを得て今に至る。

ロモグラフィーの20周年記念サイトに是非お越し下さい。

11/30(金)~12/2(日)の期間中、20周年アニバーサリーキャンペーンを実施中! 詳しくはこちらをご覧ください

denisesanjose さんの投稿、whynotwinnipegさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch & Spanish.