アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

誰かを一日ロモグラファーにしよう!

ロモグラフィーのパワーを手にし、君の好きな人(彼女・親友・おばあちゃん・本当に頭がいいのなら、ペットとだって)とシェアする時がきた。誰かを一日ロモグラファーにしよう!

makny さんの写真

誰が君より、アナログ愛をもって、ロモグラフィックの知識をシェアする事が出来ると思う?誰もいないよ!だから俺たちは、君に“ 一日ロモグラファー ”(“フィルム一本分写真を撮るロモグラファー”のがイイんだけど)になって欲しい人を選んでもらいたいんだよ。どうやって?すごい簡単さ:

  • ロモグラファーでない人を選ぶ
  • フィルムを入れた、君のお気に入りのカメラを貸す
  • 君の知っている事全てを、彼/彼女に教え、撮影させる
  • ラボに持って行き、アナログ待ちを楽しむ

写真を手に入れたのなら、その写真をぜひ観たい!だから:

  • このシンプルなインタビュー に“一日ロモグラファー”を載せて。写真と共にイラストを載せてくれれば、マガジンのAnalogue Lifestyleのページにアップするからさ。
    ロモグラファーでは無いアマチュアの作品は、俺たちを驚かせるんだ。 Jandra が4歳の娘にLC-Aを託して、何が起きたのか見てみてよ:

Aroa の場合、彼のゴッドファザーである alehopgm からカメラを託され、今ではlomohomeをもっているんだ。 mini-warningeduardito のようにね。

この写真もロモグラファーでは無い人が撮った、ウィリアム王子とケイト妃だよ:

susielomovitz さんの写真

ロモグラファーが撮ったと思われる、多くの写真は、アメージングなロモグラファーでは無い人達が撮っているんだ。心の底では、アナログカメラが欲しいなって思っているね。
この経験をどう思う?もう君は、誰にカメラを貸そうか決めているだろ?

lomographyembassyspain さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Spanishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Italianoと­Deutschと­Français & English.