Petzval_preorder_header_kit

先行予約開始!発送はご予約順。2014年5月以降発送予定。

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

CopyCat Nat #4: hodachrome

私がこのシリーズの次に選んだ写真は、私自身が大ファンであるhodachromeさんです!

hodachrome さんの写真

待ちに待った春休みが近づいてきていて、ようやく次の絵を描く時間ができそうでした。今回はせっかくなので、何か新しいことにも挑戦してみようと思い、ツヤのある写真の台紙に油塗料を使うことにしました。というのも、前回の jeabzz さんの写真にも油塗料を使いましたが、その時は、せっかくの湿気を帯びたような独特な質感が紙に吸い取られてしまって、チョークで描いたかのようになってしまったからです。ちょうどジブサム(焼き石膏:絵の具を絵画に適合させるために表面に塗るもの)を買いに行く時間もなかったので、吸収力のない紙を選んだんです。

私はパソコンの前に座り、 hodachrome さんのイルカの写真を表示しました。彼の作品はほんとうに素晴らしいものばっかりで、この一枚を選ぶのはとっても大変でした!最終的に選んだのは、とてもシンプルな写真で、その中には3つの主題しかありません。気持ち良さそうに泳いでいるイルカと、それを見る子どもとそのお兄ちゃん(?)です。

今回の目的は、この写真のディテールを正確に描くことではありません。新しい"キャンバス"に慣れることと、より質感を充実させることです。パソコンで音楽をかけて、背景から描くことにしました。澄んでいる青い水です。
筆をもち、まずは四隅にあるビネットから取りかかりました。少しずつ紙を回しながら、円を描くように筆を動かし徐々に中央にむかっていきます。だんだんと色を明るくしていき、中央が一番の明るさをもつように色を変えていきます。

水を描き終わったら、小さめの筆をとり、お兄ちゃんを描くことにしました。しかし、なかなか筆を思うようにコントロールできません。絵の具がツルツルと滑り、そのシルエットのレイヤーを描くのを難しくします。私はこれ以上の絵の具を使うのを諦めることにしました。この時点で、その少年と背景の質感を比べてみると、滑らかさにずいぶんと差がありました。ですがそれはそれでいい味を出していたので、体と腕、そして彼の手の中にあるカメラ(のようなもの)を描き上げました。

次は彼の隣にいる小さい男の子です。頭と体、それに腕は簡単でした。お兄ちゃんより小さいだけで、そっくりだったからです。ですが、厄介だったのは指です。私が持っている中で一番小さい筆でも、彼の指には大きすぎました。しかしここにある物を使うしかなかったので、何とか指を書き加えました。なのでその出来はあまり気に入ってはいません。仕方ないですよね。

そうして最後の難関、イルカです。お腹からはじめて、水の色の上に白い絵の具を滑らせていくことで、青い影ができてきます。背景のような滑らかさを表現するのは難しいようだったので、イルカは簡単に描きました。(そういう味だと思ってもらえると…)
青い影とヒレを加えて、日陰で乾燥させてついに完成です。

この絵と文章はNatalie Fongさんによるものです。台湾の台北出身の彼女は、現在ハワイのホノルルで生活しています。 CopyCat Nat シリーズの他の作品をチェックしてみてくださいね。

natalieerachel さんの投稿、keniさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Português.