Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

アナログVSデジタル

デジタル写真とアナログ写真を比較するために実地試験を行った。

mrwhiteman さんの写真

しばらく前からアナログとデジタルを比較しようというアイデアはあったのだが、最近やっと、科学的な方法を用いて試験する機会を得た。試験には私の所有する、デジタル: FUJIFILM FinePix S5 Pro とアナログ: Nikon F90 を使用した。

これらのカメラに対する批評はどこにでも載っているので省き、比較試験に関連することのみ詳細を説明しようと思う。FinePix S5 Proの性能は23.0×15.5 mm (APS-C)スーパーCCDハニカムSR Pro、最大記録画素数1210万画素(4256×2848ピクセル)である。F90には FUJICHROME Velvia 50 スライドフィルムを装填し、画像寸法は36×24mm。APS-Cとフルフレームサイズセンサーでは、同じレンズでも視界が変わってしまうので、レンズは下記のものを選択した。

FinePix S5 Proには Nikon 35mm f/2 AF-D 、F9には Nikon 50mm f/1.8 AF-D を選択し、同一の視界になるようにした。レンズは両方ともF2.0に設定し、カメラもオートフォーカス、自動露出にし、できる限りヒューマンエラーの可能性を低くした。FinePix S5 ProのISOは100で、ホワイトバランスは“日光”にした。

同じ被写体を撮影する場合は順番に撮影した。写真を撮影した後は近くのフォトラボで現像し、自分の持っている Epson Perfection V700 Photo を用いてスキャンした。イメージの解像度は 3600×2289ピクセルにした。

さて、下にあるギャラリーでは、デジタル→アナログの順に写真が表示される。写真を見終わった後に、意見の交換をしたいと思う。

いかがだっただろうか?
明確なことはVelviaで撮影したものは、よりコントラストが強く、シャープな印象で、おそらく、露出不足(ISOが低いため)のものが多かった。また、F90のものは被写界深度が浅かったが、比較前から明らかであり、今回の目的からは外れている。

各写真を見ると、より興味深いことが分かる。アナログの写真では、空はより鮮やかな青色に写っている。夕焼け時の橋の写真もフィルムの方が、確実に色合いが良い。私はVelviaで撮影した、黄色い葉っぱのクローズアップ写真が気に入っている。しかし、Velviaの写真にはたまに変に青みがかった影が写っている。フィルムでは黄色い葉っぱが少し赤らんだ色調になっている。ピンクのバラと黄色いバラ、夕焼けがかった木と巣の写真はデジタルの方が良いと私は思う。

総合的にいえば、今日では、いかにデジタルとアナログが近いかということに驚いた。特に、写真編集ソフトを使用できるということを考慮すると、より縮まるだろう。それでも、私の意見では、フィルムの方が、デジタルでは時間をかけなければ再現できない、美しさを持っている。今回の試験に関するみんなの意見を聞いてみたい。コメントを残してもらえると有難い。フィルムはまだまだ負けていない!

mrwhiteman さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanish.