アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

サイン会での狂喜な様子のSalvador Daliとトレードマークの口髭を写したフィッシュアイフォト

うわぁ、大きな口!

Photo by Philippe Halsman via Magnum Photos

スペインのシュールレアリズム・アーティスト Salvador Dalí の人生は芸術で満たされていた。幼い頃には休暇中に家族から絵画について学び、独立した後は奇抜な芸術専攻の学生となり、彫刻からフィルムまで様々なメディアを実験し、他の芸術家とも協力していた。

彼のアーティストとしての成果や影響は、1963年に行われたサイン会の込み具合を見てもらえばわかるだろう。この写真ではDaliの笑っているのか叫んでいるのか分からない表情、耳から耳まで、いや、髭から髭まで大きく開いた口が特徴的だ。この写真は、 Philippe Halsman によりMagnum Photosのために、魚眼レンズを用いて撮影された。

こちらもどうぞ:

このようなランダムでヴィンテージな写真はお好きですか?記事をもっと読みたい方は、ロモグラフィーマガジンの Overly Descriptive Title シリーズをご覧ください。

denisesanjose さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Československyと­中文(简体版)と­中文(繁體版)と­中文(繁體版)と­Spanish & Deutsch.