Petzval_preorder_header_kit

先行予約開始!発送はご予約順。2014年5月以降発送予定。

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

待ちわびたころ、心が弾む春がやってきます。寒い冬の後(私はリスボンに住んでいるので、そんなに寒くはなありませんが)にやってくる明るい日々。光はフォトグラファーにとって大切です。とりわけ、スタジオで撮影するより外に出て行くロモ哲学に沿うとね。

yopanic さんの写真

私は今リスボンに住んでいるので、雪についてはそんなに心配していませんでした。ここは、絶対雪が降りません。けれども、パラダイスのようなこの場所でさえ、気候による季節の変化を感じることができます。とりわけ、光は目に見えた変化があります。それはフォトグラファーにとって大切な目玉です。写真撮影の基本であり、たくさんのテクニカルな選択のベースになります。

Lomography Tungsten X 64は春の期間にとても役に立ちます。感度設定を200(私は LC-Wide を使っています)で、午後の終わりに撮影すると、昼よりたくさんの水平の日光を手に入れることができます。これはTungsten X 64スライドフィルムを使う観点から重要です。本当によい結果を生み出すオーバー露光になるからです。

他のフィルムで、水平の光はある種の光のフレアを生みます。残念ながら、光のフレアはこれらによっておきてしまいます:

  • カメラ
  • フィルム
  • フィルムの感度
  • カメラのISO設定
  • 光の方向
  • 激しい光

また、私たちはロモ哲学も考慮しなくてはいけません。これによると、パーフェクトな人工光のある家やスタジオに居続けるより、外に出て写真を撮影したほうがいいとのこと。10ゴールデンルールの1つに制定されているのは、「どこにでもカメラを連れて行こう」です。外で雨が降っているときでさえ、どこにでも連れて行くことができるんです。まれに、雨の中撮った写真がアメージングな結果になることがあります。春になった今、どこにでも連れて行くことができるんです。

Alessandro Panelli (aka yo.panic or .panic) は医学生であり、フォトグラファーであり、Padova (イタリア、ベニスの近く)出身のライターです。彼のライフワークは こちら や彼のFacebookまたはGoogle+でご覧いただけます

yopanic さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanish & Français.