Black_friday_en
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

TAPE OVERがLa Sardina DIY Editionを特別なアートワークに変身させた!

TAPE OVERのLaMiaと «just rob»の二人のアーティストが、八月にベルリンのロモグラフィーギャラリーストアをユニークなアートワークの場にしてしまいました。そのデザインは、一つのカメラとフィーチャーして考えられました。そのカメラは、La Sardina DIY。

Lamia und Rob von TAPE OVER im Lomography Gallery Store Berlin

あなた自身について少し教えてください。 TAPE OVER angefangen はどのように始められましたか?

Lamia: 2010年の冬に私の大学(Institute of Design Berlin)のアートプロジェクトに参加してから、全てが始まったの。アートディレクションのコースを履修している間に、自分で選んだトピックに沿って、一つのアートの形を決めて、それを作らなければならなかったの。そこでテープアートに対する情熱を見つけたの。

Rob:そしてそれが、彼女が僕にもテープアートに情熱を持たせたのさ。そんな初めのころから、僕はLamiaのアーティスティックな視点や描写に魅了されていたんだ。彼女の初めてのテープアート作品の手伝いをすることは、僕にとって、とても刺激的だった。ベルリンにあるエレクトロクラブの飾り付けから始まり、2011年の春に TAPE OVER gegründet を始動させた。それから、僕たちにとってクラブは、ストリートアーティストにとってのストリートと同じものになったんだ。

Lamia: そうなの!そして、エレクトロの雰囲気は、私たちの「インスピレーションの泉」になっていたの。

自分達のアートをどのように説明しますか?全てのイメージをテープでデザインできますか?それとも、制限があるのでしょうか?

私たちのアートはストリートアートから派生したサブカルチャーだと考えています。私たちのケースだと、現代アートの特徴を、より反映したスタイルだと思う。私たちのトレードマークはオーガニックな形態で、幅の異なるテープを使うことなんだ。そうすることで、私たちの作品が自然なスタイルになるの。さらに、私たちは細部にとてもこだわるんだ。このコンビネーションが見る人の目を驚かせるのだと信じているよ…そして、おそらくそれが、みんなが私たちの作品に触る理由なんだと思う。

アートの対象に関して言えば、制限はないと考えている。基本的にどんなものでもテープでデザインすることができる。ただ、もちろんいくつかの制限はある。テープの粘着性や限られた色の種類なんかによって、ある程度制限されてしまう。反対に、面白いのが、こういった特徴あるから、抽象的な表現が必要になってくるんだ。

私たちのために La Sardina DIY をテープしていただきましたが、そのデザインの裏にはどんなストーリーがあったのでしょうか?

私たちは壁だけをテープするだけじゃない。私たちのアートの中では、とりわけTAPE ON YOUが有名なの。つまり、人々のいでたちや雰囲気からインスピレーションを受けて、その人の肌や服を直接アート作品にしてしまうんだ。だから、とても個性的なスタイルになるのさ!そしてそれが、La Sardina対してやったことでもある。私たち自身が、カメラに対してオープンになることで、カメラからこのデザインを思いついたんだ。

La Sardinaはどうでしたか?デザインの過程はいかがでしたか?

カメラのシンプルな所と、サルディン缶ににスタイリッシュな形で似せている特徴的な形が特に気に入ったよ。それに、私たちは、そのものの形を際立たせるから、真っ白い素材が好きなんだ。そのおかげで、カメラの卓越したディテールを、素晴らしい色の組み合わせで強調することができた。

DIYのファンのために、何かためになるコツはありますか?

コツは一つだけ:箱を開けて、取り出して、クリエイティブになる…自分自身のユニークなロモグラフィーアイテムを創り上げるんだ。

八月にはベルリンのロモグラフィーギャラリーストアを、La Sardinaエディションをフィーチャーさせて、アートに変えてしまいましたね。

はい、カメラとのコラボレーションを視覚的に表した作品を創りました。店に訪れた人は、はっきりとした色使いとハイライトが印象に残るでしょう。それが、私たちのデザインと統合したLa Sardina DIYエディションなんです。私たちは二つを合わせて、二枚の壁を使って表現しました。それに加えて、昔デザインした二つの窓も展示していましたが、お店のクリーンなデザインととても合っていました。

ロモグラフィーとテープアートは、抽象的なレベルでは類似点がある。両方ともアナログな形態で、少し変わった視覚的な要素から成り立っている。

ご協力ありがとうございました!

Facebook でTAPE OVERのファンになって、彼らの ウェブサイト でLaMiaと«just rob»についてもっと詳しく知ろう。

zonderbar さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Deutschによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: English.