Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Lubitel+によるアーバン・スナップ

長年欲しくてたまらなかったカメラLubitel。幸い今年2月の卒業の後すぐに入手できた。バンドン(インドネシア)をうろつくのが大好きだから、Lubitel+が必要なんだ。なぜって? 街の活気をこのカメラに収めるはプラスになると思って。今回はUrbanity+について書こう!

adi_totp さんの写真

最初のフィルムを入れてからというものずっと、 Lubitel+ と僕はバンドンの街をさまよい続けている。それがロモ仲間とシェアする写真のためであれ、Lubitel+と僕のためであれ。

二眼レフは正直初めてだったから、最初はファインダーに戸惑った。焦点距離の調整が大変だったよ。でも正しい焦点距離を設定してからファインダーの像を見ると嬉しい。初めて見た時は「うわーーーー!」って感じ。ファインダーで絵を確認するのにはまって、今ではすっかりロモグラフィック中毒に。

バンドンの都市生活の撮影は実に面白い。前に Horizon Perfekt でたくさん写真を撮ったけど、Lubitel+での撮影はまた別。ゆったりと構えて、ファインダーを覗きこんで、焦点距離をセットして、といった一連の所作の最中にいろいろ考える。そうしならがら、Lubitel+を使い込んでゆく。このカメラとだと、通りや、人々、街並みといったものがすごく楽しく感じられる。

最近は多重露光に挑戦してる。二重、三重、もっと重ねて撮る凄腕ロモメンバーmephisto19は有名だよね。ストリートでポートレートも撮る。たまたま出会ったひとたちもロモグラファー仲間も素晴らしい被写体。そもそもLubitel+を買った最大の理由はポートレート写真を撮るためだ。今は、愛するバンドンの都市生活を撮ってるけど。

僕のアルバムのタイトルUrbanityになんで+マークが付いてかって? Lubitelに+があるから、それにならって僕の最新のLubitelアルバムを「Urbanity+」にしたんだ。バンドンでは、いろんなモノ、シーン、人々に出会う。僕はしっかり目を見開いて貴重な瞬間をLubitel+で捉えなきゃいけない。もし物事が違う風に見えたら、より多くのものを感じとれるように自分の視点が進化したことを意味する。それこそ僕がこれまでに撮った写真や、今後撮る写真にとっての「+」なんだ。

ロモグラフィーを続けよう!

adi_totp さんの写真

adi_totp さんの投稿、orangemikanさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Italiano & Français.