アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

モンゴル、ブルガン州

限りなく広がる草原、暖かいゲル(住居)、歯のないおばあちゃん、羊のフンを燃やしたゴージャスな香り!

モンゴルのブルガン州は、ウランバードルの北西で、Khövsgöl湖の東南に位置します。
そこは一面の何百マイルにも及ぶ、誰も踏んだことがない大草原地帯と、岩の多い山岳地帯が広がります。
全て一番にやるという伝統的な精神がブルガンの人々にあり、この州はモンゴルの初の宇宙飛行士Jugderdemidiyn Gurragchaaへの出身地でもあります。

ブルガン地域の体験をするベストな方法は、ここの人たちと同じ時を過ごすことです。さらに言えば、モンゴルのどんな地域も同じです。モンゴルの強い遊牧民的な文化は、人々が容易に彼らの家にあなたを受け入れることを意味します。もちろん、予想できる大体の食事代などは支払います。
ger(遊牧民的なテント)に入って、西側でテーブルにつくと、通常、あなたはsuutei tsai(野牛バターから作られた紅茶)や、tarag(ヨーグルト)か、urum(濃厚なクリーム)、aaruul(チーズ)で挨拶されるでしょう。

私は最後に、80歳のおじいちゃんと彼の10歳の孫(もしかしたら息子かも。真相は聞いていません)の隣に座りました。 私たちが小さな丘に座っていると、彼らはオートバイでやってきたのです。私たちは、 ラクダに乗ったByambatogtoh さんに同行したので、彼女はステップの一部の場所でしかケータイ電話を使用できませんでした。 (彼女は「Hello!」とモンゴル語で大声で呼ぶことにほとんどを費やし、やめてしまいました。)

太陽が沈むと、おじいちゃんの方がわたしのipodにはいっていたモンゴルの音楽について尋ねてきました。( ここでは、約5マイル先の隣の人にさえすぐにうわさが広まります。) 彼は私がゲルに戻ると放した時、とても残念そうでしたが、私は、いつでも一緒に音楽を聴くよと教えてあげました。すべては、ジェスチャーや、砂に絵を描いたことを通して話しました。

どれだけ多くの時間そこで過ごしたとても、もう十分!なんて決してならないでしょう。

bensozia さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

撮影場所

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch.