Black_friday_en
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

On Our Way to THE Bridge

サンフランシスコにいったことがある人は皆、この場所がつくりだした何百万枚の写真を見て、証拠としてこの橋を見に行きます。 しかし、だれも実際はそこに行くまでの道で何が見えるのか見せていません。カメラを持って、フィルムを持って、目を見開いて、心を開いて、そこに行って下さい!

私たちが西海岸を周遊している時、私たちは基本的に心に1つのことを決めていました。高速道路を忘れよう、長い道を選ぼう。 だから私たちはカリフォルニア州のRoute 1を使いました。サンディエゴからそこに着く間は何日かかかります。この旅は、サンフランシスコへの旅のパーフェクトな前振りの役割をしてくれるでしょう。
私たちが着くとすぐに、子供が病気になってしまい、2日間ホテルの窓から街を見ることしかできませんでした。前置きには長すぎ :-/ 3日目、私たちは子供を車に乗せ、ついにその橋に行きました。

橋の近くには、たくさんの興味深い場所がありました。私たちはドッグビーチを借りることに決めました。そこからはアルカトラズも見ることができます。

わたしは、Pouva Startとレッドスケールフィルムを入れた LOMO LC-A を持っていきました。わたしは新しい街に行く時、いつもいくつかのレッドスケールフィルムを持っていきます。それは私に違う景色で街を見させてくれます。一方で、Pouvaは、 Holga に似ているドイツ製の古い中判フォーマットカメラです。これは旅を記録するのにとても良いカメラです。

あいにくまだ病気な子どもとホテルに戻り、私たちはPresidioとその周りの素晴らしい緑地を訪れました。サンフランシスコのダウンタウンは、チャイナタウンや私たちが時間がなくて見つけられなかった他の楽しい場所を見つけることができる場所です。でも、皆さんが訪れたときは、皆さんも私の為にいくつかの写真を撮ってきてくれると信じています。

petranovskaja さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

撮影場所

周辺の人気の写真– もっと見る

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Italiano.