Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

日本は東京、吉祥寺の「猫カフェきゃりこ」

もうずっとすっとずーーーっと気になっていて、でもそんな場所が存在するなんて信じられなかったもの、それが猫カフェきゃりこでした。日本に2週間滞在していた時, ついに訪れる事が出来ましたが、きゃりこは本当に楽しい場所でした。ちょうど私も家に残してきた猫たちがすっごく恋しくなっていた時だったんですよね。(このギャラリーに私の猫たちものせときます)

猫カフェきゃりこ(これは日本語のひらがなで発音は”kya、ri、ko”です)は東京の吉祥寺にあります。正直いうとこっち方面に向かう電車にのったのはきゃりこにいくのが一番の目的でした。こじんまりと可愛い、混み混みした路地裏を歩いて、道沿いのショップ、屋台、フードスタンドをひやかし、アイスクリーム屋にも寄りました。駅にあった案内板は正確で私たちは迷うことはありませんでした。色とりどりの風景の中を少し探すとそこにお店の看板が見つけました。そしていよいよカフェにむかって階段をあがったんです。

ついにたどり着いたパラダイスに入るために、厳格なルールに従って、私たちは靴をぬぎ、手を消毒し、ミニロッカーに荷物を預けました。900円で一時間、このカフェに住む数十匹のねこ達と交流を楽しむことができます。もう何百円か払えば、少しずつ餌を購入できて、喜ぶねこと戯れることも可能です。(日本語では英語みたいにsをつけて複数形と単数形を区別する必要はありません。1匹でも何匹でも「ねこ」っていえばOKなんです)ペルシャねこ、ロシアンブルーなど、たくさんの種類のねこが、大人のねこから若い子、元気な子猫もいました。

ねこだけじゃもの足りない人は、本や漫画が壁一面にならんでいます。どんな本だと思います?全部ねこに関するものなんです!チャイやコーヒーをオーダーして、(もちろんカフェなので飲み物もありますよ!)眠るねこ、じゃれるねこ、登るねこを横目で見ながら座って本を読んでみてください。猫たちはあなたがどこから来たのか気になって、クンクン嗅いできますよ。

特に私が微笑ましく思ったのは、いつも来ているらしい中年の男性サラリーマンが、ねこの間でくつろぎながら、新聞を読んでいた事です。きっと彼はペットが飼えないところに住んでいるか、とても忙しすぎて面倒が見れないんでしょうね。

オフィシャルウェブサイトは “こちら:”http://nyans.jp":http://nyans.jp (日本語でねこの鳴き声はどういうかしってます?「ミャウミャウ」じゃなくて「にゃーにゃー」なんですこのサイトのアドレスの由来ですね)

strangelilgirl さんの投稿、mizugojiさんが翻訳

まだコメントはありません。

撮影場所

周辺の人気の写真– もっと見る

周辺のロモロケーション

  • 都庁舎 Tokyo Metropolitan Government

    一日の乗客数世界一を誇る「新宿」。その新宿にそびえ立つ「東京」をまとめる、都庁。

  • まるでブレードランナーみたいなBar

    「ブレードランナー」っていう映画を見たことありますか?まだの人にはひとつ課題を出します。レンタルショップにいって、ぜひ「ブレードランナー」を見てください。そしてその映画を気に入ったら、…

  • Lomography Gallery Store Tokyo(Japan)

    世界最大級の都市東京の中、華やかさと静けさを持った街、青山にLomography Gallery Store Tokyoはあります。 日本国内で唯一、Lomography jp内全て…

  • 東京・下北沢駅: Away from the Frenzy

    東京は、流行に敏感で、クールで、新世代のファッションと文化で有名です。でも、渋谷のちょっと西にある郊外へ、旅へでかけてみましょう。 狭く、曲がりくねった道からできている古さと新しさが出…

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: 中文(繁體版) & 中文(繁體版).