Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

ニュージーランド バンクス半島

ニュージーランドの南島、クライストチャーチの近くにバンクス半島はあります。山の斜面が海に直接落ちていくこの地形は、本当に息を呑む景色です。ここは火山活動により出来たので、こんなにもドラマチックなんです。

1,100万年前に初めの火山ができ、二番目が300万年前に現れました。山々がそのまま海の中に落ちていくように見えます。大昔にできた2つのクレーターは、今ではアカロア、リトルトンという2つの船着場になりました。南太平洋を航海していたジェームズ・クックが、彼の庭師、サー・ジョセフ・バンクスの誕生日を記念して、半島の名前をつけました。その時ジェームズ・クックはここが本土に繋がっていると気づかずに、島だと勘違いしていました。

この場所にたどりつくまでには、クライストチャートから様々な景観のドライブを楽しめます。リトルトンからアカロアまでは、海岸線沿い、山道、それかその両方を行くことができます。これらは正式な道路では無いため舗装されていません。そのため4WDの車が行くのがベストです。自分の冒険者スピリットを信じて行きたい道を行きましょう。湾にそって、または丘の頂上から、いたる景色が驚きの連続で、美しい自然の力に魅了されます。

ひとつ可笑しかったことがあります。アカロアに着くと、たくさんのフランス国旗がはためき、通りの名前もフランス風でした。バンクス半島は最初フランスの植民地だったのです。イギリスが1838年にニュージーランドの南島で植民活動をしていたのと時期を同じくして、フランス人の捕鯨船の船長ラングロが先住民マオリからこの半島を買い取りここに捕鯨会社を設立しました。2年が過ぎ、かれは63人のフランス人と、ニュージーランドで最初のフランスの植民地に戻って来ました。しかし、その間にイギリス人が南島全土の直民地化の条約をマオリと結んでしまったのです。そしてアカロアはフランス人が住むイギリスの植民地になってしまいました!

今では「フランス風」ということで、アカロアは観光地として人気です。そして通りの名前とそこにあるフランス国旗だけが、歴史の1ページを思わせます。私は LC-A+ で何枚か撮影したんですが、あとでカメラが壊れていた事に気づきました。ネガにはなにも残っていませんでした。(;_;)

しかし、そんなこともあろうかと、私は HorizonDiana F+ も持って行っていました。(決して1つのカメラだけで旅行にいかないように!!)撮影したつもりになっていた(もう私の頭のなかにしか存在しない・・・)LC-A+の写真がなくても、このバンクス半島の美しさはこれらの写真でじゅうぶん伝わると思います!

vicuna さんの投稿、mizugojiさんが翻訳

2 コメント

  1. hakkouichiu

    hakkouichiu

    I would like to go Trout fishing to NELSON.
    2年以上 前 · スパムとして報告する
  2. tame

    tame

    beautiful

    2年以上 前 · スパムとして報告する

撮影場所

周辺の人気の写真– もっと見る

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。