Black_friday_en
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

北海道、紋別の砕氷船クルーズ

1月中旬から3月上旬の間に北海道に行くなら、ぜひ紋別を目的地に加える事をオススメします。紋別での一番盛り上がる楽しみ方は砕氷船でのオホーツク海クルージングです!

北海道の冬の寒さはそれはもう度を超えています。昼間でも気温は-5℃を下回る事があって、いつでもどこでもパウダースノーが舞っています。街角には雪だるまがひょっこり現れてあなたに挨拶します。この寒いなかで航海に出るなんて頭がおかしいと思うでしょ?でも1月半ばから3月上旬にだけ、ここには北の方から流氷が降りてきます。これはみのがせない、貴重なチャンスです!

私が北海道を旅した時、砕氷船「ガリンコ2」に乗船することにしました。輝くように真っ赤な砕氷船は氷に覆われた海を切り裂くように進む特別製です。ボートが帆を張るとカモメが群れをなして船を追いかけてました。ボートに乗ったたくさんの観光客が食べ物を持っていることをカモメは知っているみたいです。おこぼれにあずかろうとするかもめがボートを先回りして、空中に投げられるご馳走をチャッチします。美しいカモメの空中滑空を見ている間も、ボートは流氷の中を進んでいきました。かもめにパンくずをあげるのを楽しみながらも、口には出しませんでしたが、彼らの落とす「カモメ爆弾」がわたしの頭に落下しないかヒヤヒヤでした。

冷たい外気にふれる顔と手が凍えていきます。手袋を外して2、3枚写真を撮ろうとすると、冷たすぎてすぐに指の感覚がなくなってしまいます。あちこちで撮影していううちにボートは岸へと戻っていきました。航海は一時間ほど続き、すっごく楽しい思い出がたくさんできました。

そのあとも紋別でオホーツクタワーの360度の展望デッキにのぼり、海のパノラマビューを楽しみました。ここは絶好の撮影スポットで、 Spinner 360 が真の実力を発揮する場所でもありました。それからタワーを歩いて降りていって、地下の海中展望フロアに行きました。なかなか見られないレアなオホーツクの海中を見ることができます。帰るまえにはギフトショップでかわいいお土産を買いました。北海道の冬はもうすごく寒いけど、日本のホスピタリティに心をあったかくなりました。機会があれば是非行ってみてください。そして写真を撮りまくりましょう!

flyaway さんの投稿、mizugojiさんが翻訳

まだコメントはありません。

撮影場所

周辺の人気の写真– もっと見る

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。