アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Feather and Down 、LomoKinoで撮る

Feather and Downというアーティスト名で活動するスウェーデンのアーティスト、マリアさんが先日初来日されました!夢の世界にいざなうような彼女の創り出す美しいメロディーは、きっとやわらかなアナログの質感に合うに違いない、そう思った私たちの予想は当然ながら正解でした。答えはこのインタビューに出てくる曲「Big yellow taxi」を聴けば納得して頂けるはず。

名前: Feather and Down (Maria Andersson)
国: Sweden
ウェブサイト: http://www.irmagroup.jp/

簡単な自己紹介をお願いします。
Maria Andersson( マリア・アンダーソン )です。Feather and Down ( フェザー・アンド・ダウン ) というアーティスト名で活動するスウェディッシュアーティストです。

ロモグラフィーのカメラを以前にもご使用頂いたことはありますか?
ロモカメラを使うのは今回がはじめてです。

ご自身のミュージックビデオを撮影してみていかがでしたか?この作品はどんなテーマで撮影されたのでしょう?曲についても教えてください!
私が住むストックホルムの海の近くの景色や雰囲気をフィルムの収めたいと思いました。撮影したのは寒い日ではあったのですが、春がもうすぐそこまで来ている景色や雰囲気を収めることができたと思います。また私のピアノやギターの演奏シーンも私の家で撮影しました。

日本でのはじめてのライブはいかがでしたか?様々な国や地域で活動をされているとは思いますが、日本の観客と海外の観客とでは反応が異なったりはするのでしょうか?
今回はじめての東京でのライブだったのですが、すごく素敵な経験となりました。オーディエンスの方もすばらしく、私のライブをとても静かに集中して聞いていただいている様でした。また私のレコードレーベルの皆さんも凄くケアしてくれ充実した日々をすごせました。あと食べ物が凄くおいしかった!また東京でライブが出来る事を楽しみにしています。

LomoKinoを一言で表すと?
2日間のLomoKinoでの撮影は素晴らしかったです!

世界最高峰のサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユのシンガーとして抜擢されるなど、他のミュージシャンとは違った幅広い活動をされているそうですね!歌手活動以外のこともされているとお聞きしたのですが、詳しく教えて頂けますか?
私はシンガーでもあり、ソングライターでもあり、ボイストレイナーでもあります。私の活動は全て音楽に繋がっています。

もし今、LomoKinoで世界中どこでも撮影しにいってもよいと言われたらどちらに行かれますか?それは、なぜでしょう?
LomoKinoを持ってアジアを旅したいですね。中国に住んでいた事があるのですがその時もベトナム、台湾、日本と旅をしました。アジアの食べ物や雰囲気や様々なカルチャーが大好きです。

これからLomoKino で撮ってみたい被写体は何ですか?
食べ物や色々な色、自然や人々など…

最後にLomoKinoをこれから使ってみようという方と、ファンの皆さんに何かメッセージをお願いします!
LomoKinoを使っていろいろと冒険して楽しい時間を過ごして!
ライブに来てくれた人達、本当にありがとう!また近いうちにライブが出来れば嬉しいです!あたらしいアルバム「Revisits」が6月にリリースされるので是非聞いて下さい!

Feather and down(IRMA records JAPAN)オフィシャルサイト

kyonn さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: 中文(繁體版)と­中文(繁體版) & Deutsch.