Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

360日間、ピンホールカメラでトロントの空を撮影した写真

トロント在住の写真家が、ピンホールカメラで365日間もの間、空を撮影し続けた話をご存知ですか?素晴らしいアイディアでしょう?続きをどうぞご覧下さい!

Photo via The Star

トロント在住の写真家、Michael Chrismanが特製のフォト用紙を使用して、トロントの空をピンホールカメラで365日間、31,536,000 秒もの間撮影をした写真がついに完成しました!

想像してみて下さい。1日か1晩だけのピンホールカメラ撮影でも困難なのにもかかわらず、一年間も撮影し続けたのです!

Chrismanは2011年の1月に撮影を始め、様々な困難(露出オーバーになってしまったり、カメラが盗まれてしまったり等)が予測されたのにも関わらず、それをを乗り越えて
2012年の1月1日についに完成したのです!これが完成した写真です。

さて、こんな素敵な話を聞くとピンホール写真を撮影してみたくなってしまいますよね?

2012年、あなたも楽しいピンホールカメラライフをお楽しみください!

この写真に関する全てのストーリーはこの英語版サイトでチェック!.

xxxanderrr さんの投稿、tameさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­Русскийと­Portuguêsと­Françaisと­Nederlandsと­Spanishと­Italiano & 中文(繁體版).