Black_friday_en
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

ビンテージ彩色写真

カラー写真の技術が1960年頃に流通するまで、多くの歴史的に重要な写真は白黒で撮影されてきました。そのような白黒写真を実際に目で見たような色合いに再現しようと、こういった白黒写真に直接ペイントして過去の場面をカラーに表現したのが彩色写真です。

カラー写真の技術そのものは写真が発明された頃から存在してはいまいました。しかしながら化学的なプロセスが60~70年代におけるまで商業的に確立されておらず、白黒写真が主に使用されていました。

白黒写真はつかの間の真実をシンプルに率直に社会的な場を映し出します。この歴史的な写真に挑戦し、過去の白黒写真の色合いと彩度を彩色写真に変更して自身の創造的なこころと戯れるのです。

さて、あなたはオリジナルの白黒写真と彩色写真のどちらがお好みですか?コメント欄であなたの意見を聞かせてくださいね。
オリジナルの記事はBuzzFeedの記事、『 27 Photos That Have Been Recolored And Brought Back To Life 』からご覧ください。

この記事が気に入ったならばきっとこれら記事も気に入るかもしれませんね。

引用元 buzzed

歴史に残る素晴らしいフィルム写真の魅力をアナログカメラで。ロモグラフィーの オンラインショップ にて様々な種類のフィルムをご利用いただくことが可能です。

denisesanjose さんの投稿、tame_sanさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Português & 中文(繁體版).