Petzval_preorder_header_kit

先行予約開始!発送はご予約順。2014年5月以降発送予定。

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

このアート、バナナなんです!

Sweet-Stationの設立者であり、イラストレーターでもあるHoneyさん。バナナアートを作り出したとき、彼女はきゃっきゃとふざけていたのでしょうか?もちろんそうなんです!この果物をポップカルチャーの象徴的人々の形に刺すと、どんな素晴らしいものになるのでしょう?ご覧ください。

グラフィックアーティストであり、 Sweet-Station 作成者である Honey さんは、インスピレーションを求めて家の中を見て回っていました。そのときに目を留めたのが見事な黄色いバナナでした。

“バナナに何か描けるんじゃないかと思ったけど、思ったより簡単じゃなかったんです。バナナの皮をずっとペンで刺していました。そこで代わりに安全ピンを使うことを思いついたんです。(そのときにあった、鋭くて尖っていて使えるものだったんです) 友だちにタトゥーアーティストがいるんですけど、彼にタトゥーをどうやって入れるのか見学みたいなのをさせてもらったときのに似ているんですよね。”

バナナを慎重に刺して有名人のシルエットを作るには、1つにつき約30分から2時間かかります。そのあとは、Honeyさんは自然に任せます。技術的に何と言ったらいいかちょっと分からないのですが、基本的には空気にさらすことでバナナの皮に空いた穴が黒くなるのです。

そして、もし科学アートよりもわたしたちが好きなものがあるとすれば、それは食べられるアートです。「完成したら、写真を撮って食べちゃいました。楽しいですよ!」とも彼女は言っていました。 Andy Warhol’s pop art のことまで思い出してしまいますね!

こちらの記事もいかがでしょうか:

denisesanjose さんの投稿、tea-teaさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch.