Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Agfa APX (35mm, 400 iso):ユーザーレビュー

第四回ロモグラフィックデカスロンではLC-A+で撮られた白黒写真を大募集しています! ・・・ということで、Lomographyで取り扱っているフィルムの中でもLC-A+カメラと最も相性がいいAgfaAPX400/36フィルムのレビューをご紹介致します。

私はLC-A+に、初めて使う記念の白黒フィルムとしてこのフィルムを使うことにしました。このフィルムにしたのは、手に入りやすかったことから、気軽な感覚で選びました。初めて使った時、私は撮影に夢中になって撮っていたのではなく、きっちりと光の状況や内容でセッティング方法を変えて数日にわたってこのフィルムを撮影しながら撮り終えました。そして、 現像してみると、このフィルムで撮った写真のすべての写りにびっくりしました。

今までの私の少ない経験で、白黒フィルムにとってどれくらいの光の量が必要かを、はっきりとした写り具合とちょうどよい露光の為に周囲の状況とカメラとの相性、感度についてなど、特別な条件が必要なことに知っています。このフィルムはLC-A+と相性が良く、非常に信頼できてよい雰囲気に写る条件を広く持ち合わせていることをLC-A+にこのフィルムを通してみて確信しました。そして、LC-A+だけでなく、このフィルムを使ってみたいことに興味があるだれにも、このフィルムを使ってみることを自信を持ってお勧めします。

このAPXフィルムの私の好きな特長は、今まで使ったことがある白黒フィルムとの違いです。暗い部分だけでなく、より多くの段階の黒色を含んだ印象的な写りをします。それだけでなく、白色がとてもクリアに写り、私が今まで可能と思っていたグレースケールの段階より多くの色を与えてくれます。 ギャラリーで紹介している、私とボーイフレンドがフェンスの前で撮った数枚の写真はまさしくオズの魔法使いの序章の場面のようで、とても気に入っています。

私はこのフィルムをとても楽しみました。そして、私の LC-A+で撮ったアルバムの中の写真でも特にお気に入りです。きっとこのフィルムは、あなたが捕らえたいどんな瞬間にもノスタルジックな雰囲気を出し、愛着を与えてくれます。
白黒写真の虜になってしまった私は、これから先も確実にNO.1としてこのフィルムを使っていくでしょう!

第四回ロモグラフィックデカスロンの応募は こちら から

Agfa APX 400/36 Film のご購入は こちら
Agfa APX 100/36 Film のご購入は こちら

strangelilgirl さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。