Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Splitzer Fun for LOMO LC-A+

Splitzer は小さくて手軽な割に大きな変化をもたらせてくれるアクセサリーです。 多重露光と組み合わせて、イメージを混ぜ合わせた驚くようなイメージを手に入れよう!

LOMO LC-A+ Splitzer 」というアクセサリーは小さくて手軽に手に入れることができますが、
あなたの写真に大きな変化をもたらせてくれます。

取り付けはシンプルにLOMO LC-A+のレンズカバーに上からスライドさせて行います。
きっとあなたも SplitzerWide Angle Lens を取り付けるまで、この取り付け用の溝が不思議だったと思います。
この溝はLOMO LC-Aにはなく、 LOMO LC-A+ より、アクセサリーをセットする為に追加された機能です。

Splitzerを使ったテクニックは原理が分かればとても単純です。
Splitzerによってレンズの一部を隠して撮影すると、その隠された部分は写真が写らず、真っ黒のままで残ります。
そしてSplitzerを回転させて少し動かし、今まで隠していた部分に重なるように同じコマにもう一度撮影をします。

隠す部分の大きさは、1/2 ~1/8の間で好きなように調整できます。
この分割を組み合わせて、多重露光をして画像を重ねることで完全なイメージを完成させることができます。
どのように混ぜ合わさるかイメージしながら、Splitzerで異なる開きを設定して下さい。

多重露光の際は、一度撮影した後に、巻上げダイヤルを回さず、カメラ本体の底のMXスイッチを入れて行います。間違えて巻上げダイヤルを回してしまいやすいので、忘れないように注意して下さい。

もしあなたが面白いモーフィーイメージを求めているならば、(例えば、ペットの体の上に人の頭を乗せたり、可能性は無限にあります!) 多重露光と共に、面白い組み合わせをSplitzerで試してみて下さい。本当に楽しいですよ!

また、 Diana+ カメラにも専用の Splitzer があります。Diana+のレンズの上にのせるだけで、簡単にセットできます。
使い方や原理は同じ。Diana+の場合、巻き上げなくても次の撮影ができるので、多重露光スイッチなど入れなくて大丈夫です。そのままもう一度シャッターレリーズを押すだけ!

mephisto19 さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。