Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

ロモグラフィーのBelair X 6-12 Globetrotter:最初の報告

これは、ロモグラフィーのBelair X 6-12 Globetrotterで、試し撮りした時のレポート。

walasiteodito さんの写真

俺は、短くまとめて書きたいと思うけど、本当にほれぼれするね。正直に話すと、このカメラの全ての機能は試していないんだ。でも、3種類のフォーマットは試したから、俺が伝える事の出来る、究極のBelairの経験を教えるね。5本のフィルムを撮り終わったけど、今の所、全ての写真が最高なできだよ!分かりやすいように、俺が使ったフォーマット毎に、3つのパートに分けて書くね。

walasiteodito さんの写真

綺麗な正方形6×6フォーマット
一番初めの、このカメラでの撮影は、正方形の6×6フォーマットを使う事にした。Fuji Astia 100のフィルムを入れて、南にある、美しいプロバンスのバタンガスに持って行ったんだ!実は、仕事のために行ったんだけど、早く着いたから、何枚か写真を撮るじかんがあったんだ。初めは、少し変な感じだったんだ。マジカルな写真が撮れている気がしなくてね。だから、ラボから写真を受け取るまで、期待はしていなかったんだ。でもさ、見てよ!もう天国に居る気分になったね。これが、その時の写真だよ!

良い感じの6×9フォーマット
次のフィルムでは、もう少しかっこいい写真を撮りたくて、11年前に使用期限が切れたKodak E100VSを使ったんだ。なんてラッキーなんだろう。たまたま国内の南の方、美しいダバオ市に行く予定があったから、Belairを使いたくて持って行ったんだ。その時も、初めは期待していなかった。だって、曇った天気のうえに、シャッターを少しゆっくり押してしまった気がしたから、ぼやけた写りになるかなって思っていたんだよ。でも、それが違ったんだよ。ちょうどいい感じの写りになっていたんだ!数枚のサンプル写真を載せておくね。

ダイナミックなパノラマ6×12フォーマット
3、4本目のフィルムで、ダイナミックなパノラマ写真が撮れる6×12フォーマットを使う事に決めた。58mmのスーパーワイドレンズを使い、開けた海の様に全てがワイドだ。ダバオの海で、3本目のフィルムを使う事に決めた。朝の日のでは美しく、一日の中で一番明るい時だったから、1/125の早すぎるシャッタースピードのせいで、露光しすぎてしまったと思ったんだ。でも、またこのカメラは俺の予想を裏切るんだ。良い写真が撮れていたんだよ。4本目のフィルムも含む、6×12で撮った写真;

まとめ
このカメラは、君の期待を裏切るから、ただ、カメラを信じていればいい。冒険にこのカメラを持って行っても、重たくないから、邪魔になら無いんだ。このカメラは、正に“globetrotter”と言う名前の通り。だって、世界各国を旅する人(globetrotter)のための、素晴らしいカメラだから!それから、最近発売されたbelairのグラスレンズも、興味深い。よりシャープに撮影したい人に、このレンズを試してもらいたいな。でも、俺が本当に望んでいる事は、ロモグラフィーに、このカメラ用の、パックフィルムで使える、インスタントバックを開発してもらいたいって事なんだよね。これって、すごい面白そうじゃない?

walasiteodito さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: 中文(繁體版).