Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

X-Proの方が良いの?それともX-Pro以外?Sunset Stripについての質問です

ロモグラフィーのX-Pro Sunset Stripとの、相性がいいのはどっちだ。化学薬品E-6対C-41

君は、地元の現像屋さんのカウンターに立って、スライドフィルムを手にしていて、“製造されている通り現像すべきか、そんな事は気にしないで、クロスプロセスすべきか”考えた事はない?

君も、俺みたいにちょっと優柔不断なら、二本フィルムを持っていき、一本はE-6で、もう一本はC-41で現像すると良いよ。科学的違いは、この二本のフィルムには現れないけど、全くどのように違うのか分からない人のために、E-6はスタンダードな、カラーリバーサルフィルム(スライド)。C-41は、カラーネガティブフィルム(どこでも現像できるもの)。

Sunset Strip は、スライドフィルムとして製造されている。化学薬品E-6で現像すると、土っぽい茶色と、黄色っぽい色合いになる。俺が挑戦した、他のフィルムとは全く違った、温かみのある、ヴィンテージ感漂う色合いだ。夕焼けに照らされた、秋の木々や外で撮影したものは、化学薬品E-6が良く合うんだ。

もしクロスプロセスする事を決めたなら、青とマゼンタ色が優先的に現れる。意味深な、落ち着いた色合いになる。空はきれいに、クリアに写る。水は、明るく、青く写る。そして赤色の葉と、ベリー類は、空に向かってジャンプしているかのように、木から離れて見えるんだ。

個人的には、このフィルムで、クロスプロセスをしない方が好きなんだよね。化学薬品E-6を使うと、何も現れない。一番似ていて比較できるのが、プルプロセスしたredscaleなんだけど、こっちの方が、断然そのまま現像される。

現在、 Sunset Strip は、35mmのみで、棚に並ぶとすぐに無くなっちゃうみたいだから、トロントのLomography Gallery Storeに並んだ時は、買いだめしとくんだ。120フォーマットが出来ると嬉しいな。いつの日かできるかもしれないけどね。このフィルムは、有名過ぎるからね。

Lomography Color XPro Sunset Strip 100 35mm 3 Pack商品ページへ

deepfried_goodness さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanishと­Türkçeと­Nederlandsと­Italiano & ภาษาไทย.