アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

LC-A+ RL―RLは本当の愛のために!

大きさ、軽さ、かっこいい特徴、すごく簡単なゾーンフォーカス、ヴィンテージっぽいデザインのLC-A+。だけど!なんといっても、ロシア製レンズが付いているんだ。

qrro さんの写真

LC-A+ は、確実にロモショップで売られているカメラの中で、欲しくなってしまうモノの1つだ。数千円プラスするだけで、全ての始まりである、オリジナルのLC-Aに近づける事ができる。それから、MX(多重露光)スイッチや、新しいISO設定、100-200-400-800-1600とかも、もちろん楽しむ事ができる。

LC-A+ RL のメインとなるものは、Minitar 1である。暗い場所でも、鮮明な写真や、コントラストの強い写真、よりビネットの効いた写真、そして俺が一番好きな、角が暗く写る写真を撮る事が出来る、2.8のワイドな32mmレンズ搭載なんだ。

カメラの素晴らしい特徴の1つが、二重露光や多重露光が出来る事だな。例えば、もし100ISOのフィルムを使っているのなら、ISOダイアルを200に設定する。それから、一回写真を撮り、カメラの底にある、”MX”スイッチを使って、もう一度撮るんだ。―その後、ダイアルを100ISOに変える事を忘れずに―

LC-A+ RLのその他の素晴らしい点は、いろんなアクセサリーを楽しめる事だ。Splitzerみたいな、マクロレンズとしても使える、ワイドレンズや、トンネルビジョンレンズ。それから、水中でも撮影したい時には、Krabだ:)

LC-A+ RLについて力説したい事があるんだ。まずは、サイズと重さ。どこへでも持ち運べる小ささと、軽さだから、君の生活のどんな時も、逃さないですむ!それから、ほぼどんな時でも、きれいに露出してくれる、露出計。そのお陰で、LC-A+ RLはフィルムスワップに優れているカメラなんだ。そして最後に、カメラのデザインは、人ごみでも、君を際立たせてくれる。ヴィンテージっぽい見た目が、本当にイイよね。すぐに皆、このカメラの虜になっちゃうんだ。

君もこのカメラの虜になるから。このカワイイカメラをゲットして、どこへ行く時も持って行く事を覚えておいてよね。

qrro さんの写真

qrro さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Nederlands中文(繁體版)中文(繁體版) & Deutsch.