アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Lubitel 166+に関する私の意見

Lubitel 166+は、中判フィルムに挑戦したい人に、お勧めのカメラ。読んでいってね!

Lubitel 166+ を受け取った日の事を覚えてる。初めて買った、中判カメラだったから。二つのレンズで―35mm(スプロケット付)でも、120フィルムでも撮影可能なの。しかも、重くなくて、頑丈な作りだから、安心して持ち運べるの。

眼レンズカメラは、ビューファインダーの中に、被写体が現れるまで、少し時間がかかる。被写体は、ミラーの様に逆に写るの(上は下になり、左は右にって感じで)

箱の中身は?

  • Lubitelカメラ
  • Lubikin セット(35mmフィルム用)とレンズキャップ
  • ネックストラップ
  • 120フィルム1本
  • ケーブルレリーズ
  • 取扱説明書

私が買った時は、Lubitelのホットシューにぴったりの、Diana Flash Kit(アダプターも)無料で付いてきたの。

初めて使った日は、120フィルムを入れたんだ。カメラに慣れるために、撮影してみたんだけど、最初の数本は、暗く写っちゃったの。Lubitel 166+は、光・絞り・シャッタースピードを考えるって事を教えてくれたの。そういうマニュアル設定を、シャッターを押す前に考えなきゃいけないんだよね。

Lubitel 166+ を、35mmフィルム用に変える事が出来る、Lubikinが付いてくるの。Lubitel 166+は、普通の35mmネガティブフィルムで、22-23枚の写真を撮る事が出来る。カメラを横にすれば、パノラマ写真も撮影可能なんだよ。

読んでくれてありがとう!:)

astilla さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch.