Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Lomo LC-A+:これ以上何を求めるのか?

写真界に大きなムーブをもたらしたこのカメラに、これ以上何を言えるだろうか?LC-A+は、90年代にロモグラフィーを代表したカメラを新しくしたもの。このカメラについてのもっと知りたいですか?では、続きをご覧ください。

Lomo LC-A+ は、90年代にチェコでロモグラフィーの創設者に見つけられた、昔のLC-Aの改良版。

この小さな黒い不思議の箱は(違うバージョンや スペシャルエディション もあります)35mmのオートマティックでコンパクトなカメラ。Lomo LC-A+に関して言えば、シャッタースピードが自動(フィルムのISOを選択した後)で、あとは距離を0.8mか1.5mか無限の中から選ぶことだけを心配すればいい。

このカメラは電池が三つ必要だけど、買った時に元々ついてくるし、手に入れるのも難しくない。電池は、カメラの底の、三脚穴(暗い時に撮影するのに便利)の隣にある部分に入れられる。

三脚穴以外に、このカメラはどんなフラッシュでも使えるし、ケーブルリリーズと合わせて使うこともできることも頭に入れておこう。だから、LC-A+で撮影する時には、光の明るさは言い訳にはならないよ。

LC-A+の最も素晴らしい改良点の一つは、 MXレバー を動かすだけでできる、多重露光撮影できること。

もう一つのレバーは、ファインダーとレンズを開閉して保護するためのもの。このカメラのレンズは32mm Minitarでf2.8になっている(この種類のカメラではとても高い方だと思う)。

最後に、この不思議な箱は、簡単に手に入れられ、現像できる35mmフィルムを使用している。装填するのも簡単。終わった後に巻きあげるためには、下にあるボタンを押して、レバーを巻き上げるだけ。

LC-A+ は軽量で素早く、コンパクトなカメラで、撮れば撮るほどより良い写真が撮れるようになる。どこにでも持ち出そう。

Lomo-LC-A+-On!

guanatos さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Spanishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­中文(繁體版)と­中文(繁體版)と­Italianoと­Français & English.